« HHアウェイ観戦記2007-鳥栖戦- | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(2日目) »

2007年8月28日 (火)

九州北部ドライブ日誌(1日目)

先の土日(25日、26日)に行った九州旅行ですが、
鳥栖へサッカーを観に行くと決めた時、
ついでにどこを観光するかも考えましたが、
まだ行ったことのない長崎、熊本、大分に
出来れば行きたいなと思いました。

とは言っても、関東から見れば
3県とも近いような気がしますが、
違う県に行くとなればどうしても距離があり、
行動範囲にも限界というものがあります。
けれども、なかなか九州へ行く機会など
訪れるものではないので、
何とかして欲張って全部行ってみたいなと思いました。

前日(24日(金))にごじゃいがメンバーで
東京・大田市場内のホテルに泊まり、
朝早く飛行機に乗るという日程だったので、
前回の福岡(6月30日~7月1日)の時よりは
時間も取れそうでしたが、
そうは言っても僅か2日間の限られた時間で、
あっちもこっちも行くというのは厳しいものがありました。

旅行雑誌を何度も眺めてはめくり、
いろいろ検討した末に立てた案は、
1日目は熊本の阿蘇を中心に回り、
2日目に長崎をドライブするというものでした。
日程的に広範囲を移動するのは難しそうでしたが、
折角行くからにはフルに時間を使いたかったので、
久しぶりに綿密な旅行計画というものを立てました。

実際の道幅や道路事情などは
走ってみないと分からないので、
計算より速く回れるのか遅くなるのかは
ぶっつけ本番でやるしかありませんでした。
1日目の熊本旅行に関しては何とか計画を立てました。
しかし2日目の長崎の計画に手間取り、
行く候補をある程度絞ったものの、
細かな計算になかなか着手出来ず、
結局何も決まらないまま現地へ赴くことになりました。

そんな不安を抱えたままのスタートでしたが、
予定通りレンタカーを借りて
4人での熊本旅行が計画通り動き出しました。
最初は車や道路の感覚、
それに地元の人の運転の習慣に慣れるまで
やや落ち着かないものがありましたが、
徐々にカーナビなどの使い方も分かってきて、
運転の要領も摑んできたので、
徐々に落ち着きを取り戻しました。

福岡から一気に高速道路を使って熊本入りし、
昼食を取った後、
日本一長い駅名に返り咲いた南阿蘇鉄道の
「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」へ行きました。
ニュースで知っていた程度で、
まさか自分が訪れることになろうとは
その頃は思ってもいませんでしたが、
一度見てみたいなとも思っていたので
良い機会だと思って行ってみました。
本当は鉄道にも乗れれば良かったのですが、
ピンポイントの旅行ではないので、
駅を訪れるのが精一杯でした。
しかし運良く鉄道が到着するというおまけ付きでした。
070828035




次にこの日のメインである、
阿蘇山の中岳火口へ行きました。
行くまでの景色も素晴らしかったのですが、
火口へ着いて覗き込むと、
鮮やかなエメラルドグリーンのカルデラ湖が見えました。
地層なども火山ぽさが至る所に見受けられ、
あまりこういうのを見る機会がなかったので、
どれもこれも新鮮でした。
070828080_2




その後は、草千里ヶ浜や米塚、
城山展望所、大観峰といった名所を回り、
美しい景色を堪能してきました。
兎に角緑が豊かで目に優しかったです。
そう言えば、天気は山の天気だからなのか、
局地的に強い雨が降ったかと思えば、
ちょっと走るとすぐに青空が広がっていたりして、
そんな天気の繰り返しでした。
070828057




070828104




070828114




帰りも熊本ICから高速に乗る計画だったのですが、
ナビが違うルートを案内していることに気付いた時には
引き返すに引き返せない所に来ていて、
そのまま大分を通って日田ICへ向かいました。
当初の計画では大分に行く予定はなかったのですが、
予定外に国道212号を中心とした大分も、
比較的長い間ドライブすることが出来ました。
070828153




朝のうちは道が混んでいたことなどもあって、
計画していた時間よりも遅れていましたが、
徐々に遅れを取り戻し、
最終的には予定より若干早く
鳥栖スタジアムに着くことが出来、ホッとしました。

試合については昨日のブログで書いた通りです。
試合後は選手がバスに乗り込むのを1時間近く待ち、
それから宿泊先の博多へ行きました。
夜の博多は車が犇(ひしめ)き合っていて、
なかなか進めませんでした。

部屋に着くとすぐにでも寝られそうでしたが、
まだ次の日の計画が決まっていなかったので、
そこから笑さんと計画を立てました。
計画を立て終わったのは夜中の2時過ぎ。
こうして、内容の濃い長い1日目が終わりました。

|

« HHアウェイ観戦記2007-鳥栖戦- | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

他の方々からは心配されながらのスタートとなりましたね、ドライブ。
でも、見るべきところをきちんと見られて、それで時間前の到着というのは立派でした。
今、阿蘇で噴煙をあげているのは中岳だけですので、それを見られ、教科書で学んだ地形を見られ、目の保養が出来、とても楽しいドライブでした。

長距離を運転し、鳥栖で飛び跳ね、夜も遅くなっていて辛いかと思いつつ、部屋に押しかけちゃって申し訳ありませんでした。
1時半過ぎに清書をしたときには、これでバッチリ!と思ったのに、時間を入れていって、あれ?もう飛行機の時間?…あのときは参りましたね。(笑)

投稿: 笑 | 2007年8月29日 (水) 05時56分

計画通り回れて良かったです。阿蘇も自分の目で見ると、その迫力がまた違いました。
景色も良かったですね。
まーそもそも2日目は僕が計画を立てていなかったのがいけないので。むしろ巻き込んじゃってすみません。

投稿: メークイン男爵 | 2007年9月 1日 (土) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州北部ドライブ日誌(1日目):

« HHアウェイ観戦記2007-鳥栖戦- | トップページ | 九州北部ドライブ日誌(2日目) »