« 何となく梅雨明け | トップページ | 風に吹かれて寂しげジョニー »

2007年8月 2日 (木)

大学の教科書のその後

以前(7月6日参照)書きましたが、
処分に困っているという大学の教科書の件ですが、
そのまま捨ててしまうのも勿体ないなと思い、
どこか引き取ってくれそうな所はないかなと
ネットであれこれ探していると、
(有)エコカレッジさんという所で、
大学の教科書や専門書などを中心に、
買い取り販売を行っているということを知りました。

古本屋は結構あるのですが、
扱っているのは大概普通の小説や文庫本などであり、
なかなか専門書を買い取ってくれる所は
見付からなかっただけに、
まさに自分の探し求めていた相手が見付かり、
それだけでもうすっかり安心してしまいました。

ゴミにしないで済んだどころか、
1円でも2円でも値段を付けてくれるなら、
これ程嬉しいことはありません。
早速先方へ郵送し、査定結果を待ちました。
お忙しい時期だということで、
当初の予定よりだいぶ遅れてなかなか返事が来ず、
ちょっと不安にもなりましたが、
あれから3週間経った今日、
待ちに待った査定結果のメールが来ました。

昔、シングルCD(1,000円相当)を大量に
中古CDショップに売ったことがありますが、
新しいものでも200円~100円、
ほとんどが40円程度で中には10円なんてのもあって、
「折角保存状態を良くしていたのに
こんなもの(値段)にしかならないんだな」と
(確か25枚で1800円くらいだったような…)
がっかりしたことがあるので、
ある程度の値段は覚悟していましたが、
全冊に値段を付けて頂いて本当に良かったです。

そりゃ買った時の値段を考えれば
格安にはなってしまいましたが、
抑、引き取ってくれる相手が居るだけで有り難く、
その上買い取ってくれるなんてこんなに有り難いことはない
ということで本当に喜んだものですから、
贅沢な希望額など以ての外というものです。

本当は何冊か取っておきたい気持ちもありましたが、
この先何十年の間に何回開くことがあるかと考えた時、
持っているだけで見ないのなら宝の持ち腐れなので、
心を鬼にして手放すことにしたのです。

捨てる神あれば拾う神ありということで、
ほとんど可愛がられることのなかった教科書たちが、
この先誰かの手によって有効に活用されることを、
元所有者としては願ってやみません。

|

« 何となく梅雨明け | トップページ | 風に吹かれて寂しげジョニー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

よかったですね、教科書…
ほんと、専門書ですから、捨てるのは忍びないですもんね。
その上、儲かったとか…フフフ…今度ご馳走してね。

投稿: 笑 | 2007年8月 2日 (木) 21時46分

この会社の活動方針にも深く感銘を受けまして、是非とも預かって頂きたいと思いました。
いつもご馳走になっているので、このご恩は必ずや……か…かなら…ず…や……ぐほっっ。

投稿: メークイン男爵 | 2007年8月 3日 (金) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の教科書のその後:

« 何となく梅雨明け | トップページ | 風に吹かれて寂しげジョニー »