« 「サーベイ」シリーズ急増中 | トップページ | 50ヶ月後の味 »

2007年9月 4日 (火)

イチロー選手7年連続200安打

昨日、実に3ヶ月以上、98日振りに散髪しました。
およそ100日近く髪を切らずに伸ばし続けました。
自己最長期間とは言いませんが、
滅多にここまで切らないことはありません。
理由は以前にも書きましたが、
運転免許の更新受付開始日が近付いてきており、
基本的に2ヶ月を目安に散髪している私としては
時期が中途半端になってしまうため、
敢えて更新日を意識して我慢して切らなかったのです。

「別にちょっと伸びてても良いじゃないか」
「ちょっと伸びてたくらいの方が自然なんじゃないの?」
という声もあろうかと思います。
確かにそれもそうなのですが、
このまま順調に更新できれば、
次回の更新は5年後です。
その間、写真の私はずっと同じ顔なのです。

この間、免許証を人に見せるシチュエーションは
絶対に何度も訪れると思いますが、
それを見た人は写真と目の前の私を見比べ、
「この時より顔がふっくらしたんじゃない?」とか
「この頃は髪が今よりふっさりしてるね」
などと言う可能性は高いと思われます。
この写真と現物とのギャップを極力減らすため、
短く切っておこうと思ったのです。

基本的に大きく髪型を変えていないのも、
昔の自分しか知らない人が今の私を見た時、
あまりの変貌振りに驚かせてしまうことのないよう、
見た目をそれ程変えないようにしている、
という理由が実は隠されているのです。
勿論、全く同じではなくマイナーチェンジはしていますし、
年々変わっていた方が違いが楽しめて面白い
というご意見もあると思いますが、
「昔とほとんど変わっていない」ことを目指すことに
私の場合は楽しみを見出したということなのです。

話が多少逸れましたが、
散髪直後なら顔剃りもされていてつるつるなので、
自分で鬚を剃るより綺麗であるというのも
好都合ではあります。
その反面、どんな髪型になるかは、
若干毎回違ってきてしまうので、
直前に切るというのはそれなりのリスクもあります。
が、その時はその時で諦めるしかないと思い、
直前になったら思い切り切ろうと決めていたのでした。

ここまで我慢してくると、
もう細かいことを抜きにしても、
サッパリした自分になれることが
楽しみで仕方ありませんでした。
そして、わくわくしながらいざ床屋へ。

…が、微妙に注文を間違えました。
この思い切りが良いと言えない中途半端な長さに
切って貰ったのは過去1度だけだと思いますが、
自分が思い描いていた「バッサリ」には至らない、
違和感のない自然な長さに揃えて貰ってしまいました。
途中で注文をミスしたことに気付いたのですが、
その注文通りに全体的なバランスを考えて
切ってくれているのに急に「やっぱり変えて」と言うのは
何となくちょっと気が引けてしまって、
後はもうそのまま任せてしまいました。

これじゃ次まで2ヶ月持たないかもしれません。
そして、免許証は中途半端な写真になりそうです。
別に変な髪型ではないんですけどね、
何か腑に落ちないんですよね。
でも今更どうこう言ってもしょうがないので、
「一生物じゃないから」と思って諦めます。


あ、そうそう、シアトルマリナーズのイチロー選手が、
新人から7年連続年間200安打を達成しましたね。
初年度や大リーグ記録を塗り替えた年を除くと、
毎年200安打に到達する前に軽くスランプに陥り、
思うように安打数が伸びなくなるため、
残り試合と200安打までの安打のカウントダウン
(残り何試合で、1試合何本ペースだと達成とか)を、
各放送局で盛んに報道しているイメージがあるのですが、
今年は大して騒がれもしないうちに
静かに200安打に到達したという感じでしたね。

私は170安打辺りから気にしていたのですが、
着実に安打を積み上げていっている印象でした。
毎年この数字に到達するまでの道のりは、
長く険しく、心身共に大変なことだと思いますが、
今年は調子を落とすことなく
マイペースを持続したまま一気に到達した感じでした。
日々、そして毎年進化し続けているのが分かり、
本当に凄い選手だと尊敬します。

また、不振で打てなかったのは仕方ないとしても、
特に怪我によって打席数や出場試合数が少なくなることで、
この偉大な大記録が途切れてしまうのは
勿体ないことだと思うので、
兎に角毎年怪我なく出続けて欲しいと願うのですが、
あれだけ走攻守において全力でプレーしながら、
そのどれにおいても観客を魅了し、
そしてここまで怪我もなく続けて来られているというのは
強靱でしなやかな彼の体作りの賜物だと思うので、
全てにおいて格好良い選手だなと思います。
更にイチロー選手の本塁打はほとんど狙って打っている
というのを前にテレビで観たので、
200安打目をホームランで飾ったというのも、
きっと彼ならではの芸術的センスがあって
狙って打ったものなのだろうと思います。
つくづく凄い選手です。

今でも十分伝説ですが、
その伝説の選手の活躍している姿を
リアルタイムで見られるというのは
凄く贅沢なことなのかなと思います。

勿論、来年は歴代1位に並ぶ8年連続の
大リーグ記録に期待が掛かりますが、
まず今季残り25試合でどこまで記録を伸ばすのか、
それにもまた注目していきたいと思います。

|

« 「サーベイ」シリーズ急増中 | トップページ | 50ヶ月後の味 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

とうとう切りましたか?
長い髪もよく似合っていて可愛かったですよ。
だからきっと今度の髪もバッチリだと思います。
免許証の写真は、いつもの自分ということで…

9日が楽しみ!(笑)

投稿: 笑 | 2007年9月 5日 (水) 06時35分

可愛い…。がう。

あまり期待しないで下さい。普通です。

投稿: メークイン男爵 | 2007年9月 6日 (木) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー選手7年連続200安打:

« 「サーベイ」シリーズ急増中 | トップページ | 50ヶ月後の味 »