« 蛙よ達者でな | トップページ | HH観戦記2007 vol.19/コンタクトレンズ破損 »

2007年9月21日 (金)

観戦の前に情報を

この時期に真夏日を超えるというのも、
何とも変な感じではありますが、
まだ半袖で過ごせるという快適さもあって、
特に寝冷えの心配をしなくて良いのは嬉しいです。
ただ、夜も6時くらいになると暗くなりますし、
風が涼しかったりしますし、
夜になると秋の虫の音が聞こえてきたりするので、
秋らしくなってきていることは間違いないですね。

ところで今場所の大相撲ですが、
現在13日目を終えて横綱の白鵬関が2敗でトップ、
その他新入幕の豪栄道関ら3人が3敗で並び、
明日の取り組みでは白鵬関と豪栄道関の対戦と、
3敗同士の安馬関と旭天鵬関の対戦があるので、
仮に白鵬関が勝って2敗を守っても、
安馬関か旭天鵬関のどちらかは3敗のままなので、
千秋楽まで優勝決定が持ち越されることになりました。
千秋楽にチケットを取っている私としては、
「14日目辺りで優勝が決まってしまったらどうしよう」
と場所前に心配していたので、
目の前で優勝決定の瞬間が見られるのは嬉しいです。

それと大相撲に関してもう一つ言うと、
就職してからというもの、
新聞などで結果を知ることはあっても、
ほとんど中継を見ることが出来なかったためか、
データがあまり頭に入っていません。
そして、力士の名前(しこ名)も
新聞や多少のテレビ視聴などにより
聞いたことがあるものが多いのは救いですが、
名前だけで顔をあまり見たことがないという場合もあり、
しかも徐々にその割合が増えてきつつあります。
何年か前は結構頭に入っていたのに、
生で観戦出来る機会を目の前にして、
肝心な時に知らない力士が多いという
緊急事態に陥っています。

最初にホーリーホックを観に行っていた頃も、
どのチームが強くてどれくらいの成績なのかとか、
水戸の選手は誰がチームで人気があって、
誰がどういう活躍をしているのかとか、
そういうのが分からない時期がありましたが、
観ていて何となく楽しくても、
細かい情報が事前に入っているのといないのとでは
実際に目の当たりにした時の醍醐味も変わってきます。
きっとこれはスポーツ観戦全般に言えることだと思います。
むしろスポーツ観戦だけに限らず言えるでしょう。

この所少しはテレビ等で力士をチェックしていますが、
確実に知らない顔の力士の割合が増えていることに、
ちょっとした時の流れを感じてしまった次第です。
前は番付の大体の変動から、
今の番付、年齢、出身地から所属部屋まで
大体頭に入れていたものですが、
今は幕内力士の3割くらいしか頭に入っていません。
もう今更足掻いてもどうしようもないのですが、
そういった細かい情報等を少しでも頭に入れて
明後日の千秋楽観戦へ臨みたいと思います。

|

« 蛙よ達者でな | トップページ | HH観戦記2007 vol.19/コンタクトレンズ破損 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

相撲は最近私も…
若貴時代には相撲雑誌まで買う力の入れようだったのですけどねえ。
どうぞ明日は楽しまれますように!

投稿: 笑 | 2007年9月22日 (土) 05時06分

あの頃は人気絶頂だったんじゃないですか?上位陣も強かったですし、面白かったですね。
そういう時代がまた来て欲しいです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年9月23日 (日) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観戦の前に情報を:

« 蛙よ達者でな | トップページ | HH観戦記2007 vol.19/コンタクトレンズ破損 »