« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の31件の記事

2007年10月31日 (水)

健康体への意識

運動を再開するようになってからというもの、
折角苦労して消費したカロリーを
また摂ってしまうのが嫌なので、
食事に気を遣うようになりました。

食事制限という程の強い制限ではありませんが、
それまでは「伸び盛り」という言葉を盾に、
腹十二分目になるまで食べていたので、
「ご飯は茶碗(結構大きいが)一杯まで」
というルールを自分の中に設けました。
ただでさえカロリーを摂り過ぎていた所に、
仕事などでも体をあまり使わなくなってしまったので、
腹一杯食べる満腹感に幸せを感じていては、
脂肪も体重も増える一方だと思ったのです。

貧乏性ということもあるかもしれませんが、
昔からおかずに対して食べるご飯の量が
1:3くらいの割合だったので、
少ないおかずでもご飯を食べられる利点がある反面、
ご飯を食べ過ぎる傾向があったとも言えました。
口の中に広がるご飯のデンプンの味と
おかずの味をミックスさせて奏でる味のハーモニーが、
何とも幸せな気持ちにさせてくれていたのですが、
特に好きなおかずの時はたくさん食べたいが為に、
連動してご飯も多く食べ過ぎてしまうため、
おかずの量に関係なく
ご飯は茶碗1杯までと決めたのでした。

お代わり出来ない寂しさや、
腹八分目で我慢しなくてはいけない辛さはありますが、
極端な食事制限をしている訳ではないですし、
後々糖尿病などになって
好きな物が食べられなくなるよりは、
今の内にコントロールしておいた方が
ましだと考えるべきでしょう。

また、栄養のバランスも気にしていた方でしたが、
気にしつつも好きな物には目がなく、
ついつい好きなだけ食べてしまっていたので、
健康への意識が高まるにつれ、
脂肪になりやすそうなものを避けたり、
健康に良さそうな和風の食べ物を
中心に食べるようになりました。

段々味の濃い物、こってりした物を
好んで食べるように味覚が麻痺してきて、
ちょっとした風味の違いが
分からなくなってくると言いますから、
今一度そういう危機意識を強く持って原点に戻り、
食事を楽しもうと考えるようになりました。

運動を始めたからと言って
すぐに結果が出る訳ではないことも、
鈍った体が簡単には元に戻らないことも
十分把握しているので、
今が一番辛抱する時期だと思いますが、
長く続けていくうちに
徐々に変化が出てくる筈なので、
それまで腐らずに続けていきたいと思います。

最後に、月末なので、
「変わり映えのしない」体組成を載せておきます。

●内臓脂肪レベル:6(標準)
●基礎代謝:1536kcal/日(燃えやすい)
●体内年齢:19歳
●筋肉量:51.4kg(標準)
●推定骨量:2.8kg
●体重:64.4kg
●体脂肪率:15.9%(-標準)

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:6.5h ・脈拍:60回/分 ・体温:35.7℃
・ジョギング+ウォーキング:約20分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

烏の行水

私は元々風呂は長く入っていた方でした。
それこそ指先がふやけてしわしわになったり、
入りすぎてのぼせてしまうこともしょっちゅうでした。

今でもシャワーだけということはほとんどなく、
湯船に浸かって体を芯まで温めないと、
入った気がしないので落ち着きませんし、
体が温まっていないと寝付きも良くありません。

しかし、最近は一頃程はあまり騒がれなくなりましたが、
肩まで浸かると心臓に負担が掛かるので
半身浴が良いと世間的に言われるようになり、
何となくあまり長く浸かり過ぎないようになりました。
また、入浴にあまり時間を掛けられなくなり、
サッと洗って2、3分浸かったら出る、
というような忙(せわ)しい入浴の仕方が習慣になり、
なかなかゆっくり浸かることがなくなりました。

そこで、たまには時間がある時くらい
ゆっくり浸かって入浴を楽しみ、
疲れをじんわり取ろうかと思い、
この前、長風呂に挑戦してみました。

ところが、ものの3分と経たないうちに、
入っているのがしんどくなってきました。
よく小さい子供が早く風呂から出たがって、
それを親が無理矢理出させないように捕まえて、
「100まで数えてから」などと言ったりしますが、
まさにそんな感じで、
早くも湯船に浸かっていることに飽きてしまい、
結局5分程度しか入っていられませんでした。

そう言われてみると、広い温泉などは別ですが、
ちょっとした浴場などでもすぐに出てしまいますし、
いつの間にか早く出るのが習慣になってしまい、
あまり長く浸かっていられない体に
なってしまったのかもしれません。
「烏の行水(ぎょうずい)だ」という人に対して、
「何で浸かりたくないのかな、気持ち良いのに」と
つい数年前まで思っていた筈なのに。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:58回/分 ・体温:35.2℃ ・体重:64.6kg
・ジョギング+ウォーキング:約25分
(今日はあまりフォームばかりに囚われすぎないようにし、
普通に走る中で意識するようにした)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

ねんりんピック茨城2007

来月10日から13日まで行われる
第20回全国健康福祉祭いばらき大会
(愛称:ねんりんピック茨城2007)をご存知でしょうか?
かく言う私も大会の名前はあちこちに設置された幟など、
街中でよく見掛けていたものの、
どういったものなのか全く知らず、
しかも調べようともしませんでした。
てっきり、樹木の年輪と何か関係があるのかとも
思っていたくらいです。
(「~ピック」と付くくらいなので、
何かのオリンピックのようなものだろうなと
いう予想はしていましたが)。

平たく言えば、60歳以上の高齢者を中心とした
健康と福祉の祭典というもので、
厚生省(現・厚生労働省)の創立50周年を記念して始まり、
節目の20回目となる今大会は
茨城で開催されることになっています。

スポーツなどを中心とした各種目の開催地は、
県内至る所に分布(設定)されており、
まさに県を挙げての祭典となる模様です。
今、健康ブームで健康に対する意識が高まっているので、
是非盛り上がって欲しいなと思います。
やはり幾つになっても健康で居たいですし。

グッズの販売なども行われるようで、
新聞に載っていた一覧を見たら、
タオルセットが欲しくなりました。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:69回/分 ・体温:35.5℃ ・体重:63.9kg
大胸筋などの筋肉痛が酷いので急遽休息日にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

いばらき大使

いばらき大使としても活躍している、
タレントの磯山さやかさんとの共通点を探してみた。

茨城県出身である。
茨城好きであり、公言もしている。
10月生まれである。
野球好きである。
同年代である(歳が近い)。

えーと、茨城の高校を卒業している
(段々苦しくなってきた)。
えーっとそれから、えーっと、うーんと、
……日本人である(どーん)。
ついでに地球人である(半ばやけくそ)。

はい、ギブアップです。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:7.5h ・脈拍:67回/分 ・体温:36.0℃ ・体重:64.3kg
・フィットネス:合計約2時間。バイクやウォーキングマシン、
筋トレマシン等を体験利用した。
・水泳:合計約1時間10分(2500m)。このうちの50分間は
遠泳(1800m)を行った。
・ジョギング+ウォーキング:約20分。ふくらはぎが疲れて、
あまり走れなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

鹿行大橋

今日は関東地方に台風20号が最接近した影響で、
雨風共に凄かったですね(特に雨が)。
こんな日は家でゆっくりしているに限りますねぇ。
でも私はドライブに行ってきてしまったのです。
何かとコンディションが悪かったので、
快適なドライブとは程遠いものになってしまいました。

さて、帰りに大洋村(現鉾田市)から北浦を横断して
北浦町(現行方市)へ渡るというルートは、
選択肢の一つとして考えていたものではあったのですが、
そこに架かる橋が「鹿行(ろっこう)大橋」で、
今時珍しい交互通行の橋だということまでは
全く情報として頭に入っていませんでした。

実は数ヶ月前に、茨城新聞社や県などが中心となって
いばらき100名橋」という選定企画が行われましたが、
その選定によって選ばれた100の橋について、
この所新聞に特集として少しずつ掲載されており、
ちょっと前にこの鹿行大橋(国道354号)についても
載っていたのを見た記憶があったのです。
橋は車が擦れ違うだけの幅がないため、
途中に待避所が設けられており、
譲り合いながら通行する珍しいタイプの橋である
というようなことが書かれていて
その時は「ふ~ん、凄いなそれは。」と思ったのですが、
まさか自分が無意識のうちにその橋を渡る計画を
立ててしまっていたとは思いも寄りませんでした。

後から待避所が1つ増設されて現在は3ヶ所ある、
というようなことが書かれていましたが、
確かに3ヶ所ありました。
しかも橋の下の北浦は大雨の影響で増水して濁りまくり、
余計に凄まじい光景になっていました。
でも、お陰で良い経験が出来ました。
住民の悲願の橋として誕生したという歴史なども
新聞に書かれていたのを知った上だったので、
尚更風情を感じました。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:56回/分 ・体温:35.0℃ ・体重:63.8kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

体温が35℃を切った

今朝体温を測ったら、
何と35℃を切ってしまいました!
や、やっぱり、我が輩は低温動物だったのか~?!
勿論最低記録ですし、35℃を切ったのも人生初です。
いつも計測は2分間と決めているのですが、
ちょっと短いのでしょうか?
あまり長く測っても正確ではないかなと思ったのと、
朝は1分でも2分でも時間が惜しいだけに、
ゆっくり測っている暇がないというのが理由ですが。
しかし、少なくとも寝不足の影響は強いですね。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:4.5h ・脈拍:61回/分 ・体温:34.7℃ ・体重:63.5kg
・ジョギング+ウォーキング約1時間10分。
正しいフォームと呼ぶにはまだまだだが、
少しずつコツを掴んできた気がする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

2代目パスポート

3日前のことですが、旧茨城県庁舎だった所にある
パスポートセンターでパスポートを受け取ってきました。
小6の時に作った時は確か水戸合同庁舎で
申請したような気がします。
その時は当然5年用しか作れませんでしたが、
今回は考えた末、10年用のものを申請しました。

そこで一度作っている(8年前に期限切れ)ので、
最初から申請するよりは
多少手続きも早いだろうと思いましたが、
申請から僅か1週間で受け取れるとは
思っていなかったのでちょっと驚きました。
もしかするとICチップ内蔵型になったことも
影響しているのかもしれませんが。

その、ICチップ内蔵型になったという話は
ちらっと前に聞いて知ったのですが、
やはりその分だけ厚くなったようです。

「VOID」という文字のパンチを開けられて
返された初代パスポートと、
2年前に発行したというNくんの
10年用パスポートを見比べてみると、
カバーの色が違う(紺と赤)という一番の特徴と、
査証ページがやや多いということと、
お札と同様、大蔵省印刷局から国立印刷局の製造に
変わったということ以外はほとんど同じでした。

しかし、Nくんの2年前交付の10年用と、
私が今回作った10年用のパスポートを比べてみると、
ICチップ内蔵ページが差し込まれたことに始まり、
表紙にマークが入ったり、質感がやや変わっていたり、
ページの順番やレイアウトが変わっていたり、
偽造防止用と思われる特殊印刷加工が施されていたりと、
サイズや内容こそ変わらないものの、
そのほとんどが一新されていました。

このパスポートを使って
何回外国に行く機会があるのか分かりませんが、
有効期限が切れる時には35歳になっています。
まだだいぶ先のことのようですが、
きっとあっという間なんでしょうね。
071025ic




▲左から初代(5年用)、Nくんの10年用、2代目(10年用)。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:4h ・脈拍:57回/分 ・体温:35.5℃ ・体重:63.8kg
・ジョギング+ウォーキング約20分。
今日は、正しいフォームを意識して走ることを第一に走った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

中等教育学校という名の学校

4、5日前の話になりますが、
地域情報紙を何気なく見ていると、
「6年一貫教育の中等教育学校が
来春4月、水戸市に誕生。」
というような見出しが目に入りました。

明記されている訳ではないとは言え、
仰々しくアピールされた文面から解釈するに、
さも、「水戸で初めての中高一貫校として誕生」
と言っているように読み取れました。
というのも、新たに開校するなら、
普通は教育制度よりもまず、
校名をアピールするだろうと思ったからです。

「おいおい、何言ってんの?中高一貫教育の学校なら、
他にも水戸にはあるよ。何がどう違うんだ?」
と納得がいきませんでした。
しかし、そう疑問に思って貰うことこそが
まさに狙い通りの展開で、
そのためのキャッチコピーだったのかもしれないと、
今にしてみれば思います。

来年開学100周年を迎える学校法人常磐大学が、
新しい教育の提案として開校するその学校の名は、
智学館中等教育学校(認可申請中)。

何がどう違うんだろうと思って色々調べました。
そもそも、同法人の常磐大学高等学校が
中高一貫校として生まれ変わるのか、
それともそれとは別に新しく建てるのか、
あるいは名前は別でも
校舎はその一部を利用するということなのか、
何もかもが謎だらけの学校でした。
ただ、敢えて校名に「常磐」の名前を入れず、
全く新しい名前にしている所から判断すると、
別な学校としてスタートするという
位置付け、意気込みなのかなという感じはしました。

なるほど、調べてみると、
何やら斬新すぎな発想の学校のようです。
まず4学期制を採るという点。
2学期制に切り替え始める自治体や、
独自のカリキュラムでそれを取り入れる学校が
増えてきているという時代の中で、
逆に1学期増やしてしまうという発想に驚きました。

次に敷地ですが、
県立水戸桜ノ牧高のすぐそばにある、
同法人のグラウンドの横の敷地に、
新しく建設中とのことでした。
つまり、常磐大学高とは場所が離れすぎているので、
やはり常磐大学高はあくまで今のままで存続させ、
それとは別の完全6年一貫校を新設するようでした。
敢えて木造にするということからも分かるように、
設計から設備からかなり拘って造るようです。

そして、最後までなかなか意味を理解出来なかったのが、
この学校の一番の特徴であり、最大の売りでもある、
「中等教育学校」という新しいタイプの学校についてです。
同校のHPによれば、
中高一貫教育には通常3タイプあると言います。

「『中等教育学校』とは、中学校から高校までの6年間を
一貫した教育体制で行う単一の学校」とあり、
それだけ読んだ所で、従来の制度とどう違うのか
最初はさっぱり分かりませんでした。
そこでまず従来の2タイプを見てみました。

私立校などを中心に一番多いと思われるのが
併設型と呼ばれるもので、
要するに、高校で入学者選抜は行わず、
完全に中学校からのエスカレーター式で高校へ進学し、
中高一貫教育を施すというものを指すようです。

更に、近年、公立の中学校と高校などが連携し、
元は同系列でも何でもない別の学校でありながら、
高校へは簡単な入学者選抜を行った上で、
教育制度そのものは中高一貫制で行うという
連携型と呼ばれるものが見られるようになりました。

連携型だけが異質なのはすぐに分かるのですが、
では併設型と中等教育学校は何が違うのかと思い、
何度も強調される「6年一貫教育」という言葉を見つつ、
「何故、この学校には『―中学校(中等部)』や
『―高校(高等部)』というような記述が
どこにもないんだろう。
区別したい時はどうやって呼ぶんだろう」
と思っているうちにピンと来ました。

そう、何とこのタイプの学校は、
中学1~3年生、高校1~3年生という呼び名がなく、
中等教育学校1年次~6年次という、
所謂6年生まで存在するという、
中学、高校という概念そのものを取っ払ってしまう、
日本ではほぼ馴染みのない制度だったのです。
別に「中等教育」という言葉が含まれると言っても、
「中学校」を意味している訳ではないという訳です。

「今何年生?」と聞かれたら答え辛そうです。
いちいち「年齢的には、高2と同じです」
というような補足を加えなければ、
なかなか通じなそうな感じです。
そして、舟木一夫さんの名曲「高校三年生」が
まるで他人事のように聞こえる制度です。

なるほど、今までの日本の中高教育の常識を
大きく打ち破る大胆な教育方針です。
もし理想通りにこれが実現出来るならば、
効率的に優秀な人材を育てることが可能と思われます。
しかし、あまり前例がないというのは、
いつの時代も苦難を伴うものです。
そして、理想に現実が伴うかどうかは、
やってみないと分からないということもあります。

何分にもこれから歴史を作る学校ですので、
楽しみな部分が多いということは言えると思います。
将来、水戸で有名な進学校の一つとして
注目を浴びているかもしれません。
何事も最初に行うのは勇気が要ることですが、
現状を変えていくことも時には大事だと思うので、
是非とも成功して、先駆けのモデル校と言われるよう、
幸運をお祈りしたいと思います。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:4.5h ・脈拍:56回/分 ・体温:35.8℃ ・体重:64.4kg
・水泳約1時間、1300m泳ぐ(いずれも積算)。
このうち、500mの遠泳(約15分)を行った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

いざフィットネスクラブへ!

奇遇にも丁度3ヶ月前
フィットネスクラブについて書きましたが、
内容の重複を避けるため、
今日はその話を踏まえた上で書かせて頂きます。

あれから時々折り込みチラシが入っていないか見たり、
HPなどで何かキャンペーンが告知されていないか
確認したりしていたのですが、
狙っているキャンペーンはなかなか実施されず、
「もう実施しないのかな」と半ば諦めムードになり、
最近はHPの確認の方はほとんどしていませんでした。

「狙っているキャンペーン」とは、
「入会金及び事務手数料0円」という企画で、
以前その折り込み広告が入っていたことがありました。
食料品の底値ではありませんが、
一度そういうのを見てしまうと、
まともに高い金額を払うことに抵抗が出てしまい、
「どうせならそういうキャンペーンの時に…」
という気持ちになってしまうというものです。

いつ訪れるか分からない、
あるいは永久的に訪れないかもしれないその時を、
気長にひたすら待ち続けることにしたのです。

そして先日、「久し振りにHPでも見てみるか」と思って、
何気なく見てみた所が、運命と言うべきか、
丁度その日からこのキャンペーンが始まったことが、
何の前触れもなしに告知されていました。
新聞の折り込みチラシもなければ、
事前告知されていた訳でもないようで、
もしHPを見たのが1日早かったら、
このチャンスに気付かず、逃していたかもしれません。

キャンペーンは今月いっぱいまでということで、
悠長に考えている暇はないと思いました。
ただでさえ出費を抑えたいとぼやいている所で、
毎月会費を払うのはダメージが大きかったのですが、
このまま何も手を打たなければ、
メタボへの道を突き進みそうな気配が漂っていました。
それに、少しでも早く手を打たなければ、
取り返しの付かないボディになってしまいそうな気がして、
色々悩んだ挙げ句に腹を決め、
早速予約を入れ、後日入会手続きを済ませました。

抑、このボディは幼い頃より続けていた水泳による賜物で、
ほとんど泳がなくなってしまった高校の頃から、
体が鈍っていくことを実感し始め、
何とかしなくてはいけないと思っていました。
それにはやはり、自分には水泳しかないと思っていました。

大学時代なども、ほんの数回ですが、
親友のわっしぃと一緒に泳ぎに行った際、
水に潜るということが非常に新鮮に感じ、
水に入ると色んな雑念が消えて不思議な感覚を覚え、
その懐かしい感覚は居心地の良いものでした。
けれども基本的に泳ぐことはほとんどなく、
体は更に鈍っていったのでした。


初めての場所に乗り込む、しかも一人で、となると、
かなり不安で、思わず尻込みしそうになるのですが、
「怖いのは最初だけ。何も恐れることはない。」
と自分に言い聞かせ、思い切って乗り込んだのでした。
(余談になりますが、
特に社会人になってからというもの、
「何事も経験が大事。男らしく堂々と立ち向かえ」と、
尻込みしそうになる自分の心の弱さを
少しずつ治していこうという意識を
強く持つようになったことで、
結構強気なチャレンジ精神が持てるようになりました)。

思っていたよりリラックスした雰囲気で、
フィットネスクラブだからと言って
変に構えなくても大丈夫そうだと分かり、
後は、実際に利用するために再度訪れる
最初の数回の不安な気持ちに屈しなければ、
利用することに抵抗はなくなるだろうと思いました。

利用開始を11月からにするという手もありましたが、
誕生月である10月には強い愛着があるので、
「何かやるなら10月のうちに」と思っていることもあり
(入会を決めたのもそういうきっかけは大きかった。
昨日書いたBIGの件に関しても同様である)、
敢えて中途半端に10月中から始めることにしました。
その利用開始日が今日だったので、
今後行くのが億劫にならないためにも、
色んな不安を払拭するためにも、
是が非でも今日行かなければならないと思いました。
それに、折角10月中からにした意味がなくなりますし。

仕事が終わって、いざ行こうとしたら、
あると思い込んでいた場所に水着一式が見当たらず、
探すのに1時間も掛かってしまいました。
如何に泳いでいないかということですね。
ここで迷っては意志が挫けると思い、
強い気持ちでクラブに向かうと、
尻込みしたい気持ちを押し殺して再びフロントへ突撃し、
無事泳いできました。

いやーやっぱり泳ぐって良いもんです。
今日は様子見の意味もあって軽めのつもりでしたが、
全体的に筋力が低下してしまったせいで、
思ったように体が動いてくれず、
持久力も全然ありませんでした。
明日は、間違いなく全身筋肉痛になると思います。

腹や肩や腕回りがいよいよぶよぶよしてきて、
“スイマー”を名乗る自分が格好悪く感じていたのですが、
またそう名乗るのにある程度見合った体に戻すべく、
「継続は力なり」ということで、
今後も時間を見付けて泳ぎたいと思います。
今日勇気を持って乗り込んで来られたので、
第一歩が踏み出せたので大丈夫だと思います。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6h ・脈拍62:回/分 ・体温:35.1℃ ・体重:63.7kg
・水泳約1時間、1450m泳ぐ。いずれも積算。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

一度きりのBIGな挑戦

昨夜、ぐったりしながらネットを見ていて知りましたが、
スポーツ振興くじ(toto)のBIGの繰越金が、
toto史上最高の16億5000万円超となったようですね。
BIGの登場によって、6億円当選も夢ではなくなり、
実際当選者も何度か出ていて、
その度にちょっとした話題になっていますね。
そんなニュースを見る度、
本音としては当選者を羨ましく思っています。

6億円なんてジャンボ宝くじでも手に出来ない
超高額配当金を実際に運良く手にする人が
世の中には存在するということを考えると、
せめて6億円のチャンスがある時だけでも、
試してみる価値はあるかもしれないという気持ちに
何度させられたか分かりません。

買わなければ絶対損をすることはありませんが、
同時に、6億円を手にするチャンスも絶対ないと思うと、
毎回ただ見過ごしているだけで良いのか、
という心の葛藤が少なからず起こっています。

しかし、私は過去の大なり小なりの失敗経験などから、
私が依存性の強い、自制心の弱い人間だということを、
私自身が一番よく分かっているので、
ギャンブルには絶対手を出さないと決めていました。
だから、昔から頑としてギャンブル関係には
一切手を出しませんでした(麻雀も出来ません)。

ゲームセンターのように、
娯楽に投資しているという意識でやっていれば
構わないのだろうと思いますが、
それで稼ごうとか、損した分を取り返そうと熱くなれば、
絶対に損するということは百も承知です。

お金が欲しいと欲を掻いた所で、
結局言えるのは、世間的によく言われるように、
「楽して儲かる方法などない」、
「うまい話には裏がある」という言葉通り、
地道に堅実にコツコツ貯蓄していくことに
勝るものはないということです。

一時的には儲かったとしても、
結局長い目で見れば、
二匹目のどじょうを狙って
徐々に蓄えを失ってしまったり、
裕福な生活が心の裕福を保証するとは限らなかったりと、
余程堅実に生きなければ
健全な状態を維持していくのは大変だと思います。

欲を掻いて心の弱さに付け込まれれば、
たちまち堕落していく自分の姿が目に映るので、
世の中はそんなに甘くないということを肝に銘じ、
「夢」や「冒険」という言葉に
惑わされないようにしていました。
“私は一生ギャンブルはしません”宣言を
しても良いくらい徹底的に無関心を貫いてきました。
(もしかしたら、自分に言い聞かせることで、
無関心を装い続けていただけなのかもしれませんが)。


そんな私だったのですが、
今年は過去に例を見ないくらい出費が激しく、
あまりのお金の減り具合にリアルに困惑しています。
かと言って、いくら貯蓄したいからと言っても、
お金は使う為にあるものですから、
使うべき所はやはり使うべきであって、
闇雲にケチケチ生きようというつもりは毛頭ありません。
けれども、実際問題としてこんな調子では、
数年内に予定したい車の買い替えという話なども
現実的にかなり遠退いてしまいますし、
将来、肝心な時にまとまったお金がない
ということにもなりかねません。

私はかなりこの記事を見て悩みました。
「絶対くじは買いたくない。
買ったって当たる訳がない。
当たらないものにお金を出しても損するだけ。
楽してお金を得ようと欲を出すからいけないんだ。
でも、ちょっと挑戦してみたい気もする。
経験として一度くらいならやっても良いんじゃないか。
物は試しで、一度やって気が済めば、
現実はそんなもんだと納得すれば良いだろう。
25歳になった10月(誕生月)だから
良いことがあるかもしれないし、記念にもなるし。
でも、本当に一回でやめられるだろうか。
『勝とう』と思うから駄目なんだ。
寄付するつもりで一回だけ楽しめばそれで良い。」

PCの前で一人、ぶつぶつ考え込んだ挙げ句、
一度だけ「遊びで」買ってみることにしました。
勝っても負けても一回だけという条件で。

コンピュータでランダムに選んでくれるBIGより、
自分で勝敗を予想するtotoの方が
当選の可能性はあるのかもしれませんが、
正直な所、毎回試合結果を見る度に、
てんで予想が当たる気がしません。
数試合なら当たるかもしれませんが、
試合をやる前から勝つチームを予想するなんて、
はっきり言って出来ません。
予想できないからこそサッカーは面白いのであって、
くじとしても成り立つということでもありますし、
引き分けまでも当てるなんてまず無理です。

予想が比較的容易なくじもありますが、
当然配当額は下がってしまいます。
小遣い稼ぎ程度を最初から狙うくらいなら、
私は手を出していません。
1度だけと決めていることもあり、
どうせ全問正解出来ないなら、
中途半端な気持ちで手を出すより、
思い切って大物を狙った方が後もすっきりかと。
当たってもこれっきり、外れてもこれっきり、
後は自力で働いて稼ぐだけの話です。


抽選結果が出てから公言しても良かったのですが、
十中八九「駄目だった」という結果になるでしょうし、
仮令(たとえ)ほんの僅かな期待感であっても、
結果が出る前なら文章にそれが漂うと思ったので、
敢えて結果が出る前に公言してみました。
結果が分かり切ってから書いたのでは、
文章に生気が少しも感じられなくなってしまいますからね。

それと、先にお断りしておきますが、
結果が出ても私に野暮な質問はなさらないで下さい。
どっちの結果が出ても答えません。
あるいは本当でも嘘だとしても
「外れました」と答えるだけだと思います。
私は隠し事の出来るタイプではないので、
言わないで居るのは気持ちが悪いかも知れませんが、
まず当たることはないと思うので、
「聞かなくても結果は分かる」ということで
軽く捉えて下されば幸いかと。
後はご想像にお任せします。ほほほほ。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:56回/分 ・体温:35.5℃ ・体重:64.7kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

HH観戦記2007 vol.22

今日もナイターでホーリーホックのホーム戦があり、
私自身は昨季の年間21試合という記録を更新する、
22試合目のホーム戦観戦に行きました。
前節の勝利で沸いた笠松のあの雰囲気を、
今週もまた味わいたいと思いました。

前半はほぼ互角の戦いだったと思います。
球際の執念のようなものは前節に比べると、
やや甘い感じがあり、
前節あれだけ良い動きを見せて貰っただけに、
ちょっと物足りない感じがしました。

前節のような自分から動いてパスを取りに行く姿勢よりも、
今日はボールが足元に来るのを待つという方が多く、
そうしている間に相手に奪われてしまうというような、
緩慢なプレーや連携ミス、パスミスなどもあり、
もっとしっかりやって欲しいと思いました。

積極的に攻めていたのは良かったのですが、
相手の裏を掻くようなシーンはなかなか作れず、
シュートは打っていても点に結び付きませんでした。
相手にしても、同じくある程度良い形で攻めていましたが、
水戸の方も、最終的に良いシュートを打たせないよう
よく守っていました。

そうして、しばらくの間、
どっちつかずの平穏な時間が流れていたのですが、
前半40分に突然、連携ミスからボールを奪われると、
一気にサイドから仕掛けられ、
どフリーでクロスを上げられた上、
これまたシュート練習でもしているのかというくらい、
どフリーでお手本通りのシュートを打たせてしまい、
流石の守護神本間選手と言えど止められませんでした。

水戸も何度か先制のチャンスはあったのですが、
決めるべき所で決めあぐねていると、
やはりこうなってしまうということでしょう。
何とかして好機を見出そうと模索していたと思いますが、
なかなか形に出来ないうちにやられたという感じでした。
猛攻を受けていたのなら兎も角、
自分たちのちょっとしたミスが原因なので、
勿体ない失点だなと思いました。

後半の立ち上がりも同じように、
そこそこの動きは見せていたのですがゴールが決まらず、
何か他に打つ手はないのかとやきもきしていました。

すると後半19分、またも守備陣に乱れが生じた
一瞬の隙を突かれて2点目を許してしまいました。
しかし追加点を許したことよりも、
むしろ水戸が早く得点出来なかったことの方が
問題だなと思いました。
あれだけ攻めても得点出来なければ、
勝てるものも勝てません。
この2点目で俄然苦しくなりました。

その数分後に監督は選手を2人交代し、
恐らく攻撃的な布陣にしようとしたと思うのですが、
審判の不可解な判定があまりに多いので、
サポーターも流石に憤りを隠せなくなり始めていた所で
事件が起こりました。

相手の選手が倒れ込むシーンがやたら多かったものの、
一瞬のことなのではっきりとは見えないこともあり、
最初のうちは「競り合いの中で倒されたりしているのかな」
と思って切り替えるようにしていたのですが、
明らかに触っても居ないのに勝手に倒れたりして、
それがシミュレーションを取られないばかりか
水戸のファウルを取られたりしていて、
判定が逆だろうと思う場面が度々あったりしたので、
「ちょっとおかしいぞ」という雰囲気になってきたのです。
ちょっとしたプレーで倒れてばかりいるので、
わざとやっているように見えてならなかったのです。

そして、先の選手交代から数分後の後半26分に、
水戸の選手がファウルで倒され、
相手にイエローが出た所までは良かったのですが、
すぐに両チームの選手が集まってきた時、
何故か相手の選手までこれを見て、
どさくさに紛れて慌てて一緒にその場に倒れ込み、
がやがややっているうちに不穏な空気が流れ始め、
何とFWの岩館選手が2枚目のイエローを貰い退場に。
観ている方は何が何だかさっぱり分からず、
スタジアムは怒号やら困惑の声やらで騒然となりました。

2点目を取られ、かなり劣勢になった後なだけに、
元気なFWの岩館選手を欠き、
しかもまだ時間が結構残っている状態での
10人での戦いというのは、
かなり厳しい状況になったと言わざるを得ませんでした。

その後も不可解な判定は続き、
見るからに荒れた試合展開となりました。
動きも何となく雑になり、精度を欠いていました。
完全に試合を壊された感は拭えず、
しかしそれでもこの逆境をバネにして、
判定に惑わされず自分達のプレーに集中して、
自分達のプレーで、力で、勝利を手繰り寄せることを、
水戸の選手達に対してサポーターは求めていました。

けれども、締まりのなくなってしまったピッチ上では、
もう細かく緻密なプレーに徹するのは
厳しかったかもしれません。
それでも何とか懸命に続けていたと思いますが、
後半42分にはファウルをきっかけに
またもや両チームが入り乱れ、
DFの中村選手が2枚目のイエローを受けて退場になり、
9人になってしまうという異様な雰囲気になりました。

途中からは、もう健全な試合でなくなっていたのが
残念でなりません。
決定力で完全に相手に負けてしまっていたとは言え、
0-2という結果云々ではなく、
スポーツマンシップ、フェアプレー精神の欠けた、
何とも言えない後味の悪さだけが残りました。
キャプテンの吉本選手が出場停止だったからこそ、
結束して良い試合にして欲しかったのですが。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:65回/分 ・体温:35.9℃ ・体重:63.4kg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

四半世紀生きている

25歳にもようやく慣れてきました。
誕生日前後の頃は、
「24歳は20代前半に含まれるけど、
25歳は20代半ばっていうカテゴリーになっちゃう」とか
「つまり、四半世紀生きているってことになる訳だ」
などとぼやいていたものです。
「逃げられるものなら、25歳になる手前で逃げていたい」
という気持ちだったのですが、
最後は時の流れに観念せざるを得ず、
その流れに為す術なく呑まれていったのでした。

きっと来年早々、
「東京ディズニーランド開業25周年」という
CMがばんばん流れると思われます。

自分の生まれた頃の話と言っても、
昔は「ちょっと前の話」で済んでいたことが、
今では20年以上前、25年前ということで、
「結構前の話」ということになってきてしまっています。
何だかなぁ~。


それと、先週放送された『踊る!大捜査線THE MOVIE』
(東宝)を見ていて思ったのですが、
出演者の皆さんは年齢より若く見える方ばかりで、
昔から変わっていなそうなイメージだったのですが、
流石に10年前の映画なだけあって、
今CMなどに出ている印象と比べると
皆さんお若いですよね~。

家族などのように身近な存在だと、
いつも顔を見ているのであまり変化に気付きませんが、
時々会った人から見ると
最後に見た時の印象とはやっぱり変わっているのと同じで、
この10年の間テレビCMなどでちょくちょく見ているせいか、
あまり変化に気付きませんでしたが、
やはり知らず知らず変わっていたんですね。
とは言っても、今でも十分お若いですけどね。

ちょっと前に観たつもりだったのに、
もうあれから10年経ったのかとしみじみ思いました。
10年って長い筈なのに、何だかあっという間ですね。
何だかなぁ~。

因みに同シリーズのスピンオフ2作品を観るのは、
今回が初めてです。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6h ・脈拍:60回/分 ・体温:36.1℃ ・体重:63.6kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

ワイヤレスマウスより有線マウス

今日はワイヤレスのマウスの調子が悪くなりました。
電池を交換してみたのですが、
固まったまま反応しなくなってしまいました。
前のPCでは有線マウスを使っていましたが、
仕事で使っているPCでは、
私のPCを替える以前からワイヤレスマウスを使っていて、
時々動作が軽く飛んだりするのを経験していたので、
私は今のPCを注文する際に、
マウスは付属の有線マウスで良いと主張したのですが…。

実際は、時々ちょっと調子が悪くなることもありますが、
それでもやはりワイヤレスなだけあって楽は楽です。
しかし、今日はどうにもこうにも
動いてくれなくなってしまったので、
初めて付属の有線マウスを接続してみました。
これが全くと言って良い程ストレスがありません。
快適そのものです。
やっぱり有線が確実ですね。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:60回/分 ・体温:35.7℃ ・体重:64.7kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

やっぱり日ハム強し

日本ハムが日本シリーズ進出ですね。
ロッテの粘りもありましたが、
最後はリーグ優勝を果たした日ハムが
意地と底力を見せ付けた感じでした。

セ・リーグは巨人と中日のいずれが
クライマックスシリーズを制するのか分かりませんが、
全員野球で粘り強く勝利を積み上げてきた日ハムに
分があるような気がしてなりません。
シーズン中も、交流戦でも、短期決戦でも、
全てにおいて自分たちの野球が
出来ていたチームですから、
今12チームで一番強いんじゃないかなと思います。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6h ・脈拍:54回/分 ・体温:35.7℃ ・体重:65.0kg
※体重のみ朝食後測定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

クリーンディーゼルエンジン

原油価格の急騰に伴うガソリン卸値の引き上げにより、
ガソリンの店頭価格が更なる高騰を続け、
来月以降、最高値の145.4円を超える
可能性が高いようです。

週一以上のペースで給油(35L/回)していた以前に比べ、
車に乗る機会が断然少なくなったので、
その頃から比べれば大打撃という程ではないのですが、
それでもやはり乗ればガソリンはなくなってしまうので、
安いことに越したことはありません。

ディーゼル車は環境に悪そうですし、
ハイブリッド車はまだ車種が少ないですし、
燃費の良い車となるとどうしても
軽自動車、コンパクトカーが中心になってくるということで、
燃費や環境対応度を考慮して欲しい車を考えると、
なかなか見当たりませんでした。

しかし、先程頼もしい情報を入手しました。
新型ディーゼルエンジンを搭載した車が
再来年辺りを目処に市場に投入される
計画があるらしいのです。

どうもディーゼル車と言うと、
ガソリン車に比べ断然燃費が良いという利点があるものの、
明らかに環境に悪そうな黒煙を出しますし、
東京など首都圏を中心に排ガス規制が厳しくなったことで、
乗り入れできる車種が制限されてきたという流れもあり、
環境汚染に一役買っていそうなイメージがありました。

しかし、現在は技術革新によって
これらの問題点が改善されたエンジンが開発され、
ガソリン車より3割程度二酸化炭素の排出が少なく、
窒素酸化物の排出もこれまでより大幅に抑えられ、
粒子状物質の除去能力も向上していて、
ハイブリッド車と同等の燃費を実現してくれるようです。
既に発売されている欧州では人気が高いようです。

ただ、過去の公害などの負のイメージが強いため、
需要があるのかどうか分からないということで、
各社とも慎重な姿勢ではあるようです。
まずは、人気の高いスポーツ用多目的車(SUV)や
レジャー用多目的車(RV)などへの搭載が
検討されているようです。

車を乗り換えるとしてもまだ先の話なので、
こういった車が発売されるまで
待っても良いかもしれません。
ガソリン車に比べ燃費が良く、
環境への負荷もやや少ないとなれば、
これは検討する価値は高いと思います。

しかし、気になるのは、
どれくらいのペースで普及していくのかということです。
発売開始が来年、再来年辺りとは言っても、
市場にある程度流通してくるには
それなりの期間を要すると思います。
それこそ、自分の希望するような車種が
すぐに登場するとは限らない訳です。
また、世間での評判が纏(まと)まってくるのにも
新型ディーゼルエンジン車を乗っている人の
割合がそこそこ増えてこないことには、
なかなか情報が集まってこないと思うのです。

そう考えると、将来的にそういった車に乗るにしても、
間に1代~数代、「繋ぎ」の車に乗り換えて
様子を見た方が良いのかもしれません。
いずれにしても先の話なのでどうなるか分かりませんが。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6.5h ・脈拍:60回/分 ・体温:35.9℃ ・体重:64.4kg

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月16日 (火)

暖房が恋しい季節

今日は寒かったですね。
最近時々そういう日がありますが、
今日は車に乗っている時に
思わず「暖房掛けようかな」と思ったくらいでしたし、
家の中も寒かったので、
「あぁ、ストーブつけたい」と思ってしまった程でした。
段々冬っぽくなってきました。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6h ・脈拍:59回/分 ・体温:35.6℃ ・体重:64.5kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

体重65kg

ランニングダイアリーをつけると
後々色々データを分析したり、
過去を振り返って比較できるので良いということなので、
数日前から「本日のヘルシオーレ!」コーナーを、
「ヘルシオーレ!ダイアリー」に変えました。
体調と練習の記録を主に記していくつもりです。
(今の所、練習をさぼっているので体調だけですが)。

さてさて、今朝体重を量ってみたところ、
遂に出てしまいました、65kg!
寝起きに量っているので、
「食後だから…」とか「ジーンズの分重く…」
などという言い訳は通用しません。

折角前日は63.5kgだったのに。
やはり昨夜夜遅く食べたのが良くなかったのかなぁ。
一番は贅肉を落とすのが目標ですが、
最終的に体重も60kgは切りたいです。
筋肉も付けなくてはいけないので、
あまり最初から体重に拘ってはいけないと思いますが。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6h
・脈拍:60回/分
・体温:35.4℃
・体重:65.0kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

HH観戦記2007 vol.21

今日、ホーリーホックのホーム戦が笠松で行われました。
今季はホーム戦全試合観戦を目標に掲げているのですが、
今日で昨季の観戦数21試合に並びました。

現在、J2最少得点、最多失点、最下位(最少勝ち点)の
逆三冠という不名誉な成績に甘んじている水戸ですが、
1つでも多くの駄目タイトルを他チームに譲るべく、
残り試合も向上心を持って戦って欲しいと思います。

ところで、「水戸」の語呂(310)に因んだ、
チーム通算310ゴール目を決める選手を当てる
「水戸だけに310ゴール」というファンクラブ限定企画が、
チーム通算305ゴールとなっていた1ヶ月余り前から
実施されているのですが、
この5点がなかなか遠く、
ようやくあと1と迫って臨んだ前節のアウェイ戦では
スコアレスドローに終わり、
記念の記録をわざわざホーム・笠松まで
持ち帰ってきてくれてしまっただけに、
今日こそは絶対にこれを達成してくれないと
サポーターは納得出来ないという状況でした。


試合が始まってみると、
選手達は序盤から積極的な動きで
ボールへの執着心を存分に見せてくれました。
特にしつこく体を寄せてボールを奪いに行く姿勢や、
相手のパス回しやドリブルなども、
足が届くかどうか際疾い位置に居ても
果敢にスライディングしてスティールを試み、
自分たちのフットワークの良さで奪いに行く姿勢は、
気迫が籠もっていて見ていてスカッとする、
まさに水戸の選手に求めていた内容でした。

「どうせ追い付けない」とルーズボールやパスカットを
早々と諦めていては奪えるものも奪えませんし、
鬩ぎ合いになった時に相手に譲っている場合でもなく、
貪欲なまでに粘り強くボールに食らい付き、
技術が未熟でも運動量でカバーするような、
そんな姿が見たいと思っていたので、
今日の全力プレーは気持ちが良かったです。

今日は得点の匂いがプンプン漂っていました。
何点か入ってもおかしくないくらい
本当に全員がよく動き、
試合のペースを自分たちの力で掴んでいました。
何度かFWがゴール前でフリーになる場面もあったのですが、
力んで枠を大きく逸れてしまったり、
パスを出して結局チャンスを潰していたりしたので、
それに関しては思い切ったミドルシュートを打って、
もっと相手ゴールを脅かしてプレッシャーを掛けて欲しい
というもどかしさは感じていました。

それでも前半20分、その積極性がPKという
思わぬ形となって現れ、絶好機を迎えました。
いつもならじっくり見たい場面なのですが、
今回は310ゴールが掛かっていて、
私にはこなすべき任務があったので、
もう「9割方入る」と得点を確信し、
成り行きを見守らずに任務の準備を行っている間に
一番最初に「入ったー」という叫び声が僅かに早く聞こえ、
その後はもうスタンド中が歓声の嵐に包まれ、
兎に角PKが決まったと分かったのでした。
(いつもは一緒に喜んで壊れている部類なので、
ゴールが決まった瞬間の観客の歓声を
冷静に無の境地で聞いたのは初めてでした)。

決めたのはFKやPKと言えばこの人という、
キャプテンのDF吉本選手でした。
記念の310ゴール目はPKという形にはなりましたが、
今日1点も取れないというのは
許されないムードでしたし、
兎に角これだけの押した展開で
確実に先制できたことが大きかったと思います。
それに、もし310ゴール目がオウンゴールだったら
かなり微妙な空気になっていたと思いますが、
PKは勝敗を左右する立派な得点パターンですから
これは胸を張って良いと思います。

その後も動きが固くなることもなく、
守りに入ることもなく、
溌剌とした動きで相手を翻弄していました。
前半のうちにせめてもう1点は欲しいと思いました。
1点だけでは一瞬にして追い付かれてしまうので、
楽に展開するためにも早く追加点が欲しい所でした。

しかし、折角うまく飛び出してフリーになっても、
チャンスを大事に丁寧に生かして
確実にゴールを決めようという思いが強すぎるのか、
自分で打てば良い場面でも
不要なパスを出してしまうのは相変わらずで、
水戸の場合はどちらかというとFWよりも
MFの方が積極的にミドルシュートを打っていく
選手が多いように思います。

動きが良いので見ていて面白い試合なのですが、
得点力不足は相変わらずで得点に結び付かず、
結局前半を1-0で折り返しました。

後半に入っても同じように積極的な動きを見せ、
追加点への、そして勝利への気迫が伝わってきました。
その一方で、前半から時折ヒヤリとする場面があり、
懸命な守備と相手の詰めの甘さにも助けられ、
何とかそれでも凌いでいました。
一度、シュートがクロスバーに直撃した時は
やられたかと思ってドキッとしました。
そんな風に時折どこか危なっかしさも
露呈していたのですが、
運も味方に付けて得点を許しませんでした。
ただ、途中から不可解な判定も目立つようになりました。

体力が最後まで持つのか心配していましたが、
後半30分頃まではそれでも懸命に動いていました。
しかし、やはり前半からあれだけ動き回ったせいか、
徐々に水戸の選手に明らかな疲れの色が見え始め、
運動量が急激に落ちてきたこともあって、
折角攻撃を仕掛けるシーンになっても、
肝心の選手達の足が止まって、
攻撃に全然厚みを増せないというような
苦しい展開にもなってきていました。

そして後半35分、DFの要であり、
先制のPKも決めていた吉本選手が
この日2枚目のイエローで退場となり、
ただでさえ運動量も落ち、
苦しい時間帯に差し掛かっていた所で
10人となってしまったことで、
益々ほとんどの選手が引き気味になってしまい、
攻撃らしい攻撃が見られなくなりました。
こうなってくると、追加点が取れなかったことが
余計に重くのし掛かってくるのでした。

選手達も疲れて思うように
動けないのだろうと思いましたが、
もうこうなったら最後まで必死で守り切って
勝って欲しいと願うだけでした。
最後の5分が長く感じられましたが、
最後まで集中力を切らさずに守り切り、
8試合振りの勝利を、
そして第4クール初の勝利を手にしました。

今日は吉本選手が抜けた後のバックを支えた
DF平松選手と中村選手の成長が、
本当に頼もしく思えた試合にもなりました。
結局流れの中では点を取れず、
課題は相変わらず多いのですが、
笠松で勝てたことは大いに価値があるのです。

今季これが笠松での2勝目。
それだけに1勝の重みが他チームとは全然違います。
これで今季6勝(10分け26敗)となりましたが、
兎に角今季は勝つ所がなかなか見られず、
特にホームである笠松でなかなか勝てないでいるだけに、
この勝利によって頭が完全に興奮してしまい、
顔も紅潮していました。
それくらい嬉しい瞬間なのです。
これがあるから応援はやめられません。
待たせられた分だけ喜びも一入(ひとしお)です。


試合後は、「前田祭り」と呼ばれ、
ホーム戦勝利後恒例となっている、
前田監督の車をサポーターが取り囲んで、
監督と一緒に勝利を祝うという
一種のちょっとしたイベントが行われているのですが、
話では知っていたものの、
今までは試合が終わった後に
出待ちして長く残っている意味も特にないと思い、
参加せずに競技場を後にしていました。
(監督や選手達は、試合が終わって
すぐに外に出てくる訳でもないですしね)。

しかし、この1年で随分私自身も変わったなと思いますが、
ここはもう行くしかないと思いました。
初めて前田祭りを味わってきましたが、
物理的にも監督との距離は近いのですが、
ざっくばらんな感じで話してくれるので、
気持ちの面でも距離が近くて本当に楽しかったです。
これはやっぱり水戸というチームと、水戸のサポーターと、
前田監督ならではなのかなと思いました。
これは癖になりそうですね。
(次いつ行われるのか分かりませんが)。


☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5h
・脈拍:68回/分
・体温:35.8℃
・体重:63.5kg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

低体温気味

昨日、久し振りに体温を測りました。
記憶は定かではありませんが滅多に測らないので、
多分ここ5年で3回測ったどうかという程度なので、
今何℃くらいなのか全く見当も付かず、
あまり規則正しい生活をしているとも言えないので、
「もし35℃切ってたらどうしよう」
などとちょっと恐々(こわごわ)測ってみたのですが、
流石にそこまでの低温動物じゃなくて良かったです。
でも36℃はやはり超えてくれませんでしたね。
36.4℃くらいは欲しいもんです。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:6.5h
・脈拍:60回/分
・体温:35.4℃
・体重:64.2kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

癖になる就寝前の漫画

最近どうも宜しくない癖が付いてしまっている。
寝る前に漫画を読んでしまうのだ。
風呂に入って、後は寝るだけという状態に
なる所までは良いのだが、
そこですぐに床に就けばよいものを、
「今日だけ」「ちょっとだけ」と
思わず漫画に手を出してしまう。

ただでさえ私は、漫画は隅から隅までしっかり読むので
時間が掛かる上に、
時々また前のページを見返したりして、
1冊読むのに2時間も掛かる人間である。
「1話だけ」と思っても、
つい続きも読みたくなってしまい、
どんどん引き込まれ、
気が付けば1時間半とか2時間くらい経っている。

しかも読み始めの時点で0時半とか1時過ぎなので、
やっと手放すのは2時とか3時とかになっている。
それが癖になり、この所毎日そんな日々を送っている。
いかん、直さねば。
読みたいのを堪えて寝なければ。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5.5h
・脈拍:60回/分
・体温:35.8℃
・体重:64.6kg
(※今後、特に注釈がない場合は起床時の計測データ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

芋次郎の恩返し

以前に母校の高校の校舎が
耐震化改築されるという記事を書きましたが、
今日それに関連する仕事に行ってきました。
(別に建築業ではないです)。
現役の時に、学校に何も残せなかったので、
「せめて未来の後輩達のために」と思って、
恩返しの意味でも改築事業の寄付をしましたが、
それに加え仕事としても、
微力ながらこれに携わることになったのです。
恩返しという程の大それたものでもないのですが、
この事業の一部にこんな形でも加われたので、
この仕事を継いだ甲斐があったかなと思いました。

今まで数多くの卒業生を輩出してきた母校ですが、
社会に出てからも、
教員として戻ることが一番分かり易い例ですが、
それ以外にも何らかの形で
こんな風に母校に関わっている人も
少なからず居るんだろうなと思いました。

私の時と同じ制服を着ていても、
今の在校生には私のことなど知る由もないでしょうが、
街中で母校の制服を着た学生を見掛けると、
そっと心の中で先輩面をしていたりします。

因みに、母校の周りをぐるぐる歩いたのですが、
在校時にはほとんど同じ行かなかったような所も多く、
今にして新鮮さを感じる場所も結構ありました。
案外中に入っている時ってそんなものなんですよね。


ところで話は変わりますが、
今日は肩周りや脇腹、腹筋等が痛かったです。
昨日軽いストレッチのような体操をやっただけなのに、
それが原因で筋肉痛になったと思われます。
如何に体を動かしていなかったということなのでしょう。
全く情けない話です。

☆★ヘルシオーレ!ダイアリー★☆
・睡眠時間:5.5h
・脈拍:61回/分
・体温:電池切れで計測出来ず
・体重:64.1kg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

忍び寄るメタボリックシンドロームの影

いつ以来かは忘れましたが、
今朝(朝食前)、体組成計に乗っかってみました。

●内臓脂肪レベル:5(標準)
●基礎代謝:1536kcal/日(燃えやすい)
●体内年齢:18歳
●筋肉量:51.2kg(標準)
●推定骨量:2.8kg
●体重:64.1kg
●体脂肪率:15.8%(-標準)

まだ問題ないレベルとは言え、
確実に内臓脂肪レベルや体重、体脂肪率の値が
大きくなっています。
非公式ながら、食後などにちらっと計った時には、
体重が遂に65kgを超えてしまったこともあり、
かなり危険な状況になりつつあります。

そして、夜(夕飯前)に腹回りのサイズも測ってみました。
腹が弛んできていることは実感出来るものの、
実際の所、数値としてウエストがどれくらいなのか
知りたくなったのです。
そこで、身体用のメジャーで計ろうとしたのですが、
私が小学生の頃に見掛けたのが最後なくらいなので
探しても見付からず、
代わりに紐と定規を使って計測してみました。

それによると何と、
胴囲なのに脅威の、胸囲じゃないのに脅威の、
数値を叩き出してしまったのです。

ウエスト83cm。

道理で最近、ウエスト78.5cmの作業ズボンが
きつく感じる訳です。
ウエスト76くらいでもゆるゆるだった数年前の私は
一体どこへ行ってしまったのやら。
こりゃもう明らかにメタボです。

という訳で、という訳でもないのですが、
今日からヘルシオーレ!プロジェクトを再開しました。
今日はランニングもするつもりだったのですが、
手始めに軽く体を動かすだけにしておきました。
素人判断だけで暗中模索していても無駄が多いと思い、
数ヶ月前にとある参考書を買ってみたのです。
全部読んでみたのは最近のことですが。
ということで、今日はそれに載っていた
準備体操と整理体操を、
本を真似ながらやってみただけなので、
大したことはやっていないのですが、
それでもちょっと汗を掻いてしまったので、
やはり体を動かすのは大事だなと思いました。
三日坊主にならないように気を付けます。

体操の内容を列挙しようと思ったのですが、
あまりに行数が多くなってしまうので割愛します。

☆★(久し振りの)本日のヘルシオーレ!★☆
・準備運動(約15分)
・ウォーキングの練習(約10分)
・整理体操(約5分)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

缶だから大丈夫だと甘く見ていた

1,2年前の話になりますが、
通勤途中の車の中で飲む物を、
箱買いしていた時期がありました。
ただでさえ退社する頃は空腹で辛い上、
通勤時間が1時間余りと長かったので、
本当は途中で夕飯を食べたいくらいでしたが、
家で夕飯を食べるようにしていました。

しかし、あまりの空腹に耐えかねて、
ある時、軽い間食せずには居られなくなり、
お菓子やスナックを買っていた時期があったのですが、
ついつい食べ過ぎてしまって夕飯が入らなくなりますし、
添加物などを考えるとこれは体に良くないと思い、
その後ジュースなどを飲むだけにして
余計な糖分等は取らないようにしました。
毎回いちいち自販機で買うより、
24缶入りなどの箱で買い置きした方が
お買い得だということで、
250g缶のジュースを買うようになったのですが、
やはりこれも体に良くないので、
その後お茶に変えたのでした。
糖分がなくて単に水で腹を膨れさせるようなものでしたが、
気休めでも少しでも空腹を紛らわせたかったのです。

毎回同じ味なので段々飽きてきますが、
それでも何箱かは飲み切ってきたのですが、
最後に箱買いした物が、
何本か残ったまましばらく経っていました。
でも何となく缶詰のように、
「缶に入っているから長持ちする」という頭があり、
暫く気にせずに過ごしていました。

そして数日前に久し振りに飲んでみると、
ちょっと水が気のせいか
サラッとしていないように感じました。
「おやっ!?気のせいか?」
と思って缶底を見てみると、
「070727」という賞味期限が!

まさか切れているとは全く思いもしていなかったので、
予想外の事態に思わず仰(の)け反りました。
紙パックやペットボトルより長持ちするとは言え、
砂糖漬けや熱処理されている缶詰と違って、
実際は半年かそこらしか持たないんですよね。
ちゃんと確認しておくべきでした。
あと5、6本あるので早めに飲んでしまわねば。

…とここで話が終わる筈だったのですが、
そう言えばマックスコーヒーの歴代デザインの
復刻版が発売されていた時期があって、
その時箱買いしたものも一緒に
後生大事に取っておいてあることを思い出しました。

飲まずに取っておこうと思った訳ではありませんが、
缶のデザインが何しろ今では入手困難なので、
丁寧に処理してあわよくば取っておこうと思ったのです。
普通にプルタブを空けると、
如何にも飲んだと言わんばかりになってしまうので、
敢えて未開封のように見せるため、
コレクターは缶底に穴を空けて中身だけ出す
という方法で収集しているらしいと知って、
私もそれを真似てみることにしたのです。

ところがこれ、ちょっと面倒なのです。
缶切りやアイスピックみたいなので
空ければ良い話なのですが、
やはり普通にプルタブを空けるのから比べると、
一手間掛かってしまいます。
そんなこんなで「後でやろう」などと思っているうちに、
気が付けば買ってから2年近く経っていたのでした。

「このお茶よりあれの方が前に買った気が…」
と思いながら恐る恐る缶底を見てみると、
こちらは何と「061021」とあるのではないですか!

「1年前だーー!! (T◇T)」


せいぜい今年の2月とか5月とか
そんなものかと思っていたのですが、
激しく切れていました。
どっちみちマックスコーヒーは、
冷たいままはあまり飲めないので、
温めてから飲もうと思っていたのですが、
ちょっと流石の私でも不安です。
早く飲んでしまえば良かった~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

好みの車種リスト

いきなり「今どんな車が欲しい?」なんて
聞かれたから慌てますよね。
特に私のようにあまり車に詳しくない者にとって、
自分の好みに合いそうな車はどんなものなのか、
世の中にどれくらいあるのかよく分かっていないので、
そんな時が突然訪れた時のために、
少し勉強しておいた方が良いと思いました。

私が大学進学を前に携帯電話を初めて買った時も、
いきなり店に買いに行ったものの、
機能や最新機種がどんなものなのかということはおろか、
携帯会社ですらよく分かっていない始末で、
見た目と値段だけで選ぶしかない状態でした。
その後、私は機種変更までの間に、
カタログなどでスペックや機能、
時代の流行などを研究しまくり、
相当知識を付けたものでした。

そして、それから丁度4年の月日が流れ、
就職を間近に控えて車を選んだ時も、
取り敢えず数件の店を回った後、
偶々行き着いた所で見ているうちに、
店の人や親の薦めなどに押されるように試乗し、
内装が気に入ったということで、
そのまま今の愛車を決めたという
経緯(いきさつ)がありました。

いずれも事前に情報を知らなすぎたために、
素人目の狭い知識の中でしか
判断する術を持ち合わせていませんでした。
突然選べと言われても何が良いのか
全く分からなかったのです。

今でこそ愛車の乗り心地は気に入っていますが、
当初はあまり時間がなくて妥協してしまった感が強く、
それからというもの、
運転しながら、走っている色んな車の名前を
覚えるのが習慣となった程でした。

職場の人や父、友人らと話す中で、
自分の知識を更に増やしていったので、
当時よりは今の方が少し話は分かるようになりましたが、
それでも細かいことや歴代の車種などは
ほとんど分かりません。
車はモデルチェンジを繰り返しているので、
同じ車名でも全然形が変わっていたりして、
車と名前が一致していない私にとって、
よく見掛けていた車名の分からない車を調べてみたら、
車名もよく知っていたということがよくあります。


そこで最近、私なりに少しずつ研究し始めました。
で、中古車情報雑誌やネットなどで
色々情報を集めるようになって、
少しずつですが知識が付いてきました。
まだまだ細かい話は全然分かりませんが、
取り敢えず自分が今どんな車が良いなぁと思っているか、
というリストアップだけは何とかやってみました。

高級車やワゴンタイプなどは意図的に
なるべく外すようにしましたが、
それ以外の燃費や値段、年式やグレード、
乗りやすさなどの細かい話は抜きにして、
率直に良いなぁと思う観点だけで選んでみました。
▽ハイラックスサーフ(トヨタ)
▽セドリック/グロリア
グランツーリスモ(Y32/Y33)(日産)
▽レガシィツーリングワゴン(スバル)
▽シーマ(2代目)(日産)
▽マークⅡクオリス(トヨタ)
▽チェイサー ツアラー(トヨタ)
▽エクストレイル(日産)
▽ウィッシュ(後期型)(トヨタ)※エアロのあるもの
▽ストリーム(2代目)(ホンダ)
▽レグナム(三菱)
▽ウィングロード(2000年式)(日産)
▽ステージア(日産)

他にも色々くすぐられるものはありましたが、
強いて挙げるとすればこんな感じです。
どれも今乗っている愛車より
サイズが大きいものばかりですね。

国産車好きなので国産車限定で選びました。
細部の違いまで調べて拘りたい所ですが、
車はグレードやエンジンやオプションなど、
細部があまりに細かすぎるため、
そこまではちょっと把握しきれなそうです。

友人、知人が乗っていると、
何となく避けておこうかなと思ってしまうので、
実際はここに挙げた中でも、
「買うとしたら」選ばないものも出てくると思います。
「買う」というのはあくまで仮の話ですよ。

年齢相応っていうのもあるので、
あまり高い車に目を付けるのも
如何なものかと思いますし、
ガソリン急騰で軽自動車、コンパクトカーに
人気が殺到している時代に
ガソリンを食いそうな車を選ぶのも
どうなのかなとは思うのですが、
あくまで、率直な好みで選んだまでですから。

でも車って高いですよねぇ。
もし仮に、あくまで仮に車を買おうと思っても、
今の貯蓄を考えるとちょっと悩んでしまいます。
今後の為に蓄えておかなくてはなりませんし。
まぁ基本的にあまりお金は使わない方ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

HH観戦記2007 天皇杯3回戦編

071007vs011




今日は第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会の
3回戦が各地で行われ、
この3回戦から登場するJ2勢の一員として、
ホーリーホックも笠松で試合を行いました。
071007vs005




去年のブログを見てみると、
その時もリーグ戦では5連敗中と元気がなかったようで、
今年はそれを上回る6連敗中と、
更に不安に駆り立てられるデータです。
去年も水戸は序盤から試合の主導権を握り、
優位に試合は進めていたのですが、
足を掬われてまさかの初戦敗退を喫しました。
番狂わせというくらいですから、
この年が例外だったと言うべきですが、
その時の悲痛な気持ちはファンの心にも
それを経験した選手達の心にも残っているでしょう。
その悪夢を振り払うには勝つしかありません。

Jリーグチームとしての、プロの選手としての誇りを持ち、
堂々とした風格漂う試合運びを期待しました。
しかし、去年の二の舞は避けたいという気持ちの表れか、
序盤から硬さが見られ、
観ていて、ばたついている印象を受けました。
もっと落ち着いてボールをキープ出来ないのか、
パスを回せないのかとハラハラしていました。
予想通り公式戦初出場初先発となったGK原田選手も、
少し動きに硬さがあったように見えました。

ボールの支配率も期待していた程は高くなく、
決定的な場面こそ少なかったものの、
全体的に格下相手に好き勝手に
動き回られているようにも見えました。
特に、球際でのプレーが水戸の方が甘く、
もっと食らいついていく姿を見せていかないと、
チャンスは増えていかないなと思いました。

ようやく前半30分頃から落ち着き始め、
鋭いシュートなども放つようになりましたが、
見ていてそれ程の実力差を感じる程ではなく、
なかなか先制点が決まらないことに
もどかしさを感じていました。
071007vs043




相手が2回戦を勝ち上がって次の対戦相手を見た時、
「次はJ2と当たるけど、水戸なら勝てるかもしれないな」
なんて淡い期待を抱いたかもしれません。
そんな風になめられてはいけないのです。
名前を見ただけで最初から「手強い相手だな」と
思わせられるようでなければいけないのです。
それが出来なくとも、試合が始まってみて、
「流石J2だけあってやっぱり強いわ」
と思わせるようでなくてはいけません。
なのに、それがこの内容では、
「頑張れば倒せそうかも」と思われても仕方ありません。

刻々とハーフタイムが近付いてきて、
このまま無得点で
前半が終わりそうな気配が漂い始めました。
そうなれば去年のこともあるので、
ちょっとどうなるか分からなくなるなと思いました。

しかし、まもなくロスタイムに入ろうかという
前半44分にMF村松選手が先制点を挙げ、
ようやくホッと胸を撫で下ろすことが出来ました。
ちょっと物足りなさはありましたが、
1-0で前半を終了しました。

先制点が入ったことで、
後半は精神的に余裕を持ってプレー出来るだろうと
期待していたのですが、
果敢に挑んでくる金沢に対し、
水戸はそれに対処することに労力を割かれ、
あまり自分たちの形を作ることが出来ず、
また全体的にバタバタし始めました。

リーグ戦程は冷や冷やせず、
根拠もなく水戸の勝利を信じていたので、
ピンチになっても比較的冷静に観ていられましたが、
ゴール前で決定的な場面を何度も作られ、
GK原田選手の好セーブや、
相手のミスなどがなかったら、
2、3点くらいは入れられていても
おかしくはなかったと思います。

ビジュ選手投入後は少し動きが機敏になり、
パス回しなどが早くなったり、
ボールを奪い取る動きが良くなったりしたものの、
後半は何となく押されっ放しだった
印象が強く残りました。
追加点も奪えず、結果は1-0の辛勝でしたが、
敢えてあまり酷評はしないでおこうと思います。
リーグ戦とは性質が違いますし、
初戦の難しさということもありますし、
ここは勝てれば良いのではないかと思います。
残念ながら、相手にJ2としての貫禄は
ほとんど示せなかったと思いますが。

勝負とはこういうもので、
水戸だっていつも惜しいシュートを放ちながらも、
相手よりも良い動きをしながらも、
運がなくて負けてしまうことがよくあります。
ですから、勝ちと負け、ゴールと好セーブは
紙一重の所にあるのが勝負の世界だと思います。

何十本惜しいシュートを放とうが、入らなければ、
相手が格好悪いシュート1本しか打てなかったとしても、
決められたら負けになってしまうのが勝負の世界です。
今日の内容を見る限りリーグ戦のことを考えると、
いろいろ課題の多い試合でしたが、
今の水戸の弱点を曝け出させられて、
いろいろ見えたものもあると思います。

それに、監督が今回思い切ってGKに、
ほとんどリザーブ登録もない原田選手を起用したのは、
きっと近いうちのJ出場を視野に入れ、
一度大舞台で経験を積ませたいと日頃から考えていて、
今回は良い機会だということで判断したのだと思うので、
まだ不安はありますが結果的に無失点に抑えて
監督の期待に応えたと思いますし、
ある程度今後の起用の判断材料に出来たでしょうから、
そういうプラスの方向で捉えようと思います。

最後に、余談になりますが、
今日六王会メンバーと話していて、
私の天皇杯観戦は
実は今回が3回目だったということに気付きました。
てっきり去年が最初だと思っていたのですが、
そう言えば3年前の茨城県民の日(11月13日)に、
水戸が4回戦で鹿島アントラーズと当たるというので、
初の茨城ダービーを観に行ったのを思い出したのです。
下の写真が、その時買ったパンフレットです。
071007vs052








水戸がJ1へ上がるまで観られない筈だった
鹿島との茨城ダービーが偶然こんな形で実現し、
翌年からはプレシーズンマッチとして、
毎年対戦が行われるようになったという、
そんな流れも思い出しました。
今じゃ珍しくなくなってきていますが、
当時は遂に鹿島と対戦出来るというだけで、
それは凄い興奮物だった気がします。
あとはリーグ戦での対戦が早く観たいところです。

あと、プロフィールを修正するのに、
過去の水戸の観戦歴を振り返ってみたのですが、
ファンクラブに入った2004年の7,8月に、
大宮と甲府(現在どちらもJ1)との試合を
観に行っていたことが判明し、
そんな時代もあったんだなぁと思いました。
結構記憶が曖昧になっているのが怖いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

パーソナルスペース

今日は土浦の花火大会がありましたが、
残念ながら見られませんでした。
また来年出直します。

今問題になっている時津風部屋の件で、
時津風親方が解雇となった訳ですが、
後任に、現役幕内力士の時津海関が
現役引退して就任するという、
ちょっとこの予想だにしなかった展開には
かなりぶったまげました。
なかなか成績が安定せず、
この前の場所も負け越してしまいましたが、
応援していた力士の一人だったので、
何とか今後奮闘して欲しいなと思っていただけに、
「こんな形で現役引退ってありなの?」という感じです。
それに時津海関とは…、いや、なんでもないです。


話は変わりますが、
「パーソナルスペース」って言葉がありますよね?
専門家ではないのでニュアンスが違うかもしれませんが、
要は何となく他人に踏み入れられたくないと感じる、
個人の縄張りのような空間を指す言葉ですよね。

確かに男子トイレの立ち小便器などで、
まだ自分の両隣以外の便座が空いているのに
わざわざ隣に立たれたら何となく気持ち悪いものです。
このパーソナルスペースは個人差があるようで、
スペースが広い人も居れば狭い人も居て、
過敏な人も居ればあまり気にしない人も居るようですが、
こうした考え方が認知されていることもあってか、
自分は気持ち悪くなくても相手に配慮して、
意図的にわざわざ間を一つ以上空けてあげる人が
居ることも事実だと思います。

でも、私にとって電車の席に限っては、
この親切心が却(かえ)って
冷たく感じてしまうことがあります。

電車で、長椅子型の車輌に乗っていて
乗客を観察していると、
大概長椅子の両端、つまりドア付近の席に
座りたがる人が必ず居ます。
(中学生の頃はこれがどうも不思議だったのですが、
私も真似しているうちにいつの間にか
今では自分でもよくやりますが)。

単に疲れていて横に寄り掛かれる席だから、
というのもあるかもしれません。
事実、私もあまりに疲れ過ぎて、
確実に居眠りしないと体が持たないと思った時、
両隣の人に倒れ掛かっては申し訳ないと、
敢えてこういう端の席を選んだことがあります。

若しくは、このパーソナルスペースが関係していて、
隣人との触れ合いを片側のみに限定出来ることで、
両隣に人が居るより落ち着くという
精神的なものがあるのかもしれません。

さて、私が端から3番目に座っていて、
2番目に別の客が座っているとしましょう。
とある駅で1番端に座っていた人が降りて席が空くと、
この2番目の人が端の席へ移動することがあります。
理由は、上に挙げたように自分の意志なのか、
相手を配慮してなのかは分かりませんが、
確かに、わざわざ席が空いているのに、
窮屈に並んで座っていたら、
「いつまでもくっついている必要はない」
と思う人も居るかもしれませんし、
「相手のために離れてあげた方が良いかな」
と考える人もあろうかと思います。

でも、私としてはそんな風に移動されると、
「はぁ、窮屈だったわ。やっとこれで離れられるわ」
(何故か相手は女性)というような、
何となく嫌われた(振られた)ような
気持ちになってしまうのです。
(はっ…!!これが被害妄想というやつなのだろうか…)。
別に誰が隣であってもそうしたでしょうから、
私だから避けたという訳ではないのでしょうが、
何となく「拙者が隣に居ちゃ不満かね?」
と思ってしまうのです。
(はっ…!!これは愛情不足というやつなのだろうか…)。

別に良いじゃないかと思ったりしてしまうのです。
隣が空こうと車内がガラガラになろうと、
最初にそこに座ったのなら、
偶々隣に座っている人が居たとしても、
降りる駅が来るまでずっと、
そのまま並んで座っていても良いじゃないかと。

ただ恐らく、そのパーソナルスペースというやつが
きっと何らかの形で関わっていることは
間違いないと思います。
しかし、少なくとも電車の中の私は、
大してそれを意識することはないので、
私の横は敢えて空けてくれなくてもよかとです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

3人目の200安打達成

昨日、東京ヤクルトスワローズのラミレス選手が、
右打者として、そして外国人選手として初の、
史上3人目となる年間200安打を達成したそうですね。
過去に達成したイチロー選手(当時オリックス)、
青木宣親選手(ヤクルト)共に、
俊足を生かした内野安打などで
シングルヒットを量産するタイプの左打者という点で
似たようなイメージがありましたが、
ラミレス選手は長距離打者(主砲)のイメージが強く、
この記録達成はちょっと意外な感じがしました。

しかも、野球中継が極端に減ってしまった
せいでもあるのでしょうが、
イチロー選手や青木選手の時と違い、
それ程周囲が騒いでいなかったような気もします。
単に私が知らなかっただけかもしれませんが、
「いつの間に!」というのが率直な感想で、
完全に寝耳に水でした。
でも本当に凄いことだと思います。
残り5試合でどこまで記録が伸びるのでしょうか。

それと、楽天の山﨑武司選手が
本塁打王(43本)と打点王の2冠に
輝いたということですが、
シーズン序盤からその活躍振りが騒がれていましたが、
タイトル争いでトップを走り続けるのは
ベテランでなくても大変なだけに、
最後まで好調さを維持できるかどうか
ちょっとハラハラしていたのですが、
こうしてタイトルをきちんと獲れたのは立派だと思います。
楽天が球団設立3年目にして初の4位、
67勝という成績を残し健闘したのも、
山﨑選手の活躍が大きな原動力の一つになりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

早くも新年への準備モード

今日本屋に行ったら、
もう来年のカレンダーや手帳、日記、家計簿などが
置いてありました。
既に世間は着々と年末へ向け
準備を始めているようです。

それと、取り出すのが面倒だということで、
まだ冬服を出していないのですが、
流石に半袖だけでは厳しくなってきたので、
そろそろ手を打たないといけませんね。
布団はこの前あまりの寒さに毛布1枚だけでは足りず、
掛け布団を出したので、
夜は快適な暖かさです。
あと、まだ扇風機を仕舞うべきかどうか
気温が非常に微妙なところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

4代目コンタクトレンズ

先日コンタクトレンズが破損してしまったのですが、
大体2年くらいは使っていたので
丁度交換しても良い時期になっていました。
(長期使用タイプは大体2年くらいが
交換の目安らしいのですが、
私は定期検査で特にレンズに問題はないと
言われることが多いので、
実際はどれも2年以上は使っています)。
いずれにしても、取り敢えず破損したレンズの
1代前の古いレンズを代用していたので、
このまま使い続ける訳にもいきませんでした。

早速先日眼科に行ってきて、
今日新しいレンズを受け取ってきました。
やはり新品は汚れていないだけあって、
装着しても違和感がなく、
目が変に疲れる感じもありません。
ここ数日代用していた古いレンズは、
作ってからもう4年前のものであり、
今回新しく作り直したことで2代前ということになるので、
いつもなら1代前のレンズを
今回のような万一の時や緊急時の保険として
取っておくのですが、
今回は流石にそのまま破棄しました。


しかしながら今回ここで検査して貰ったことで、
完全に勘違いしていたことに気付きました。
てっきり私は今回作ったのが
3代目だと思っていたのですが、
実は2年前にこの眼科で新しく作っていたことが
判明したことで(そう言われても全く記憶にないが)、
先日破損したのがこの2年前に作った3代目で、
今回作ったので4代目ということになるのです。

この3代目のことがすっかり記憶になかったので、
1代ずれて考えていました。
私が勘違いしてしまったのには理由があります。
最初6年前に作ったのは地元の別の眼科であり、
2年前に定期検査したのもここなのですが、
その時「前回(4年前にここで)作ってから
だいぶ経つのに随分状態が良いですね」と言われ、
「そりゃその間(2年前)に1回作り直したからね」
と思いつつも、この検査結果を受けて安心し、
それからずっと使い続けていた気がしていたのです。

まさか定期検査した眼科とは別の所(今回の所)で
同じ年に3代目を作っていたとは、
ちょっとこれは混乱を招く元でしたね。
因みに4年前に2代目のレンズを新宿で買ったので、
実際にその定期検診時に見て貰ったのは
初代ではなく、使用期間2年の2代目でした。

兎も角も、私はてっきりその後も
2代目を使い続けていると思っていたのですが、
そうだとすると4年も同じレンズを使っていた計算になり、
保険として残していた古いレンズは
6年前のものというおかしな計算になってしまうのに、
しっかり頭の中では、破損したのが2年前のもので、
古いのが4年前のものという認識があったということは、
冷静に考えてみると話が矛盾していました。


ま、何はともあれ、
今回4年前の古いレンズを捨てたことで、
今家にあるのは新しく作って貰った
4代目レンズだけだということで、
ある意味良い精算が出来たとも言えます。
また、年々レンズの管理が適当になり、
特にタンパク除去(普段のレンズケアとは別に、
レンズに付着するタンパクを分解、除去することで
より綺麗にレンズを保つことが出来るというもので、
原則として1週間に1度行うのが望ましい)を、
最近はケチって1ヶ月に1度くらいしかやっておらず、
目が疲れ易い状態になっていたので、
初心に返ってしっかりケアしたいと思います。
そういう意味でも今回は良い契機になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

盛り上がり不足と言われるプロ野球

北海道日本ハムファイターズが3日前に
球団史上初のパ・リーグ連覇を果たしましたね。
昨季オフにチームの顔であった新庄選手の引退や
小笠原選手、岡島選手の移籍などにより、
大幅な戦力ダウンと言われ、
今季は一時期最下位も味わうなど、
前年度優勝チームながら苦労したと思いますが、
交流戦で一気に貯金を増やして順位を上げ、
俄然ペナントレースが盛り上がりました。
ロッテ、ソフトバンクとの僅差での首位争いは
見応えがあってどうなるかと思いましたが、
最後は日ハムが力強さを見せて一歩抜け出し、
そのまま連覇を成し遂げました。
今季限りで退団するヒルマン監督の采配は
確実に日ハムを強豪に押し上げたと思います。

また、セ・リーグは好調だった横浜などを
更に上回る好調さで巨人が早くから首位に立ち、
交流戦でもまずまずの成績を残し、
安定した戦い方を見せて一時独走状態になり、
このまま最後まで行くのかと思いきや、
最大12ゲーム差離され4位に甘んじていた阪神が、
10連勝を含む凄まじい追い上げを見せ、
急に調子を落とし始めた巨人との差が
じわりじわりと縮まっていったことで、
こちらも俄然ペナントレースが面白くなってきました。

遂には中日を交えた3チームが
0.5ゲーム差の中に犇めくなど、
1週間のうちに3チームが代わる代わる
首位に立っては3位まで一気に転落するというような、
史上稀に見る激しい鬩(せめ)ぎ合いとなり、
如何に首位争いに踏み止まれるかの我慢比べは、
白熱していてレースの行方が読めない所が
面白かったですが、
残念ながら阪神が終盤に来て
まさかの8連敗を喫するなど力尽き、
優勝の可能性が消滅したことで
2チームに絞られてしまったので、
もうちょっと阪神が粘ってくれていたら、
本当に最後まで面白かったと思います。

僅差の競ったレース展開やゲーム展開を
確実にものにするイメージのある中日が
最後に底力を発揮しそうな気がしましたが、
最後の天王山で巨人が勝ち越したことで
流れが一気に巨人に傾き、
2位の中日に先にマジックが点灯しながら
巨人が圧倒的優位に立つことになりました。
タイトル争いにしても優勝争いにしても、
試合数をやや多く残している方が
有利な場合が多い印象があったのですが、
今季の中日にとってはそれが徒となり、
残り試合が僅かになって身動きが取れなくなっていた
(勝利数をほとんど伸ばせなくなっていた)巨人に対し、
より多くの試合を残している中日が
そのほとんどを勝たなくてはいけなくなったのは
相当プレッシャーになっただろうと思います。

結果的に先に勝利を多く積み上げていた巨人が
逃げ切って今日優勝を決めるという形になりましたが、
タイミング良く流れと運を掴めたかどうかという、
中日や阪神にとっても紙一重の所だったと思いますし、
接戦で持ち続けるモチベーションというものの大切さが、
例年以上に問われたシーズンだったと思います。


話は多少変わりますが、それにしても、
ここ数年のプロ野球の人気低下の原因の一端と言われる
「勝てない巨人」が今季は早々に強さを見せ、
盛り上げていたにも拘わらず、
野球中継の少なさは相変わらずで(むしろ更に減った)、
放送時間の延長などは皆無に等しく、
巨人の優勝が決まる可能性のある
今日、明日の東京ドームでの巨人戦が地上波で
放送されないという異例の事態が起こった所を見ると、
もう以前ほどは盛り上がっていないのかなという
寂しさを感じずには居られません。

パ・リーグが導入したプレーオフ制度によって、
確かにこの3年のシーズン終盤は盛り上がりました。
3位以内に入れば優勝の可能性もあるということで、
AクラスどころかBクラスまでも巻き込んだ
接戦を期待出来ることになり、
結果的に成功したと言えますが、
レギュラーシーズンの1~3位という価値が、
あくまでプレーオフでの有利なアドバンテージを
得るための順位という不安定なものになったため、
絶対1位を目指すことへのモチベーションが
多少なりとも下がってしまったことは
否めないと思います。

しかし、この欠点を補いつつ、
やはりシーズン終盤を盛り上げようということで
考えられたと思われるのが
セ・パ共に今年から導入が決まった
クライマックスシリーズです。
レギュラーシーズン1位チームをリーグ優勝チームとする
という従来の制度を残しつつ、
日本シリーズ出場権を両リーグの
クライマックスシリーズの覇者同士に与えるというもので、
これならばリーグ優勝そのものは以前のように
ペナントレースの結果によって確約されるので、
「安心して」1位を目指して戦うことが出来ます。

しかし、リーグ優勝という栄冠を掴む為に死力を尽くし、
その先にある「どちらが日本一なのか」という、
チームとリーグ代表としてのプライドを懸けた戦いが
これまでの日本シリーズの醍醐味であって、
今年はそれが3位チームにまで可能性があることで、
3位以内を目指すという意味ではモチベーションが
上がるチームは出てくるでしょうし、
より多くのチームがそれに絡めることになりますが、
1位に近ければ近いだけ、
不満が出てきてもおかしくはないと思いますし、
どこか今一つ盛り上がりに欠けるのは、
そういった「1位を逃してもまだ日本シリーズに
出られる可能性がある」という心境的なゆとりが、
もしかしたら影響しているのかなという気もします。
マジックも、「優勝マジック」と
「クライマックスシリーズ進出マジック」の2つが
同時に使われるという分かりにくさもありますし。

ただ、他のスポーツで言う
敗者復活戦に近いものがあるので、
そう考えるとクライマックスシリーズ制度が
必ずしも「1位チームにとって不公平な制度」
ということになる訳ではないとは思いますが。

また、レッドソックスの松坂投手が
日本人のメジャー新人としては最多となる15勝を挙げ、
200投球回、200奪三振という大きな数字も残し、
入札の時から常に話題の中心に居た
日本の「怪物」が大リーグでもしっかり結果を残しました。
首位打者を逃したイチロー選手も、
新人から7年連続で第一線で活躍し続け、
大リーグの歴史に大きな足跡を残し続けています。

ただ、彼ら日本人メジャーリーガーの活躍を見ると、
主力選手の海外移籍に伴って成績不振に陥り、
苦しんでいるチームが出ていることも思い起こされ、
彼らには活躍して欲しいが、
プロ野球の人気や活気ということを考えると
素直に喜んで良いものなのかという
複雑な気持ちにさせられます。

きっとこういった色んな問題が絡み合っていて、
一口に何が人気低下の原因だとは
断言出来ないのだろうと思いますが、
やっぱりプロ野球は盛り上がっていて欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

トイレで目指すプロゴルファー

先日の相撲観戦の時の余談になりますが、
両国駅の改札を出て少しの所に、
土産売りの露店がありました。
何気なく覗き込んでみると、
いろんな土産に混ざって
ニュースの特集などでも取り上げられていた
あの有名なまんじゅうが売っているではありませんか。

もうすぐ新首相が決まるという時期でしたが、
そこにあったポップが哀愁を漂わせていました。
070929_3




観戦が終わってから見に行ってみると、
見事に完売していました。


その後、何となくもんじゃ焼きが食べたくなったので、
それだけの為に月島まで行った私とY氏ですが、
両側にもんじゃ焼きの店が建ち並ぶ「西仲通り商店街」を
歩けど歩けどどのお店も順番待ちの客が溢れていて、
何となく入り辛いまま歩いているうちに、
商店街四番街の一番端まで行ってしまい、
それ以上先に行っても店がなさそうな所まで
行き着いてしまいました。

もう一度引き返して探そうかと思って
また歩き出したのですが、
すぐに「ことぶきや」というお店を見付け、
丁度お客さんが出てきた所で席が空いたのが見えたので、
咄嗟に飛び込んでみました。
これが実に感じの良いお店で、
もんじゃ焼きを食べたのは
過去1,2度程度しかなかったにも拘わらず、
意外に結構上手く焼けちゃったりして、
何だかんだ楽しく頂いてきました。
特に、豚キムチもんじゃは美味しかったです。

そしてそろそろ店を出ようかという時になって、
念のためトイレに行っておこうと思い入っていくと、
便座の目の前に張り紙が。
よくある「もう一歩前へ」的な内容だろうと
思いながら出出しを読んでみると、
どうもその手の内容ではないように(シャレではない)
一瞬思えたのですが、
続けて読んでいるうちに
やっぱりその手の内容だと分かりました。
実にユニーク(表現が斬新)だったため、
一人で大受けしながら用を足していました。
偶然、最後にトイレに入っておいて良かったです。
実に愉快な気持ちで月島を後にしたのでした。
070929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »