« 3人目の200安打達成 | トップページ | HH観戦記2007 天皇杯3回戦編 »

2007年10月 6日 (土)

パーソナルスペース

今日は土浦の花火大会がありましたが、
残念ながら見られませんでした。
また来年出直します。

今問題になっている時津風部屋の件で、
時津風親方が解雇となった訳ですが、
後任に、現役幕内力士の時津海関が
現役引退して就任するという、
ちょっとこの予想だにしなかった展開には
かなりぶったまげました。
なかなか成績が安定せず、
この前の場所も負け越してしまいましたが、
応援していた力士の一人だったので、
何とか今後奮闘して欲しいなと思っていただけに、
「こんな形で現役引退ってありなの?」という感じです。
それに時津海関とは…、いや、なんでもないです。


話は変わりますが、
「パーソナルスペース」って言葉がありますよね?
専門家ではないのでニュアンスが違うかもしれませんが、
要は何となく他人に踏み入れられたくないと感じる、
個人の縄張りのような空間を指す言葉ですよね。

確かに男子トイレの立ち小便器などで、
まだ自分の両隣以外の便座が空いているのに
わざわざ隣に立たれたら何となく気持ち悪いものです。
このパーソナルスペースは個人差があるようで、
スペースが広い人も居れば狭い人も居て、
過敏な人も居ればあまり気にしない人も居るようですが、
こうした考え方が認知されていることもあってか、
自分は気持ち悪くなくても相手に配慮して、
意図的にわざわざ間を一つ以上空けてあげる人が
居ることも事実だと思います。

でも、私にとって電車の席に限っては、
この親切心が却(かえ)って
冷たく感じてしまうことがあります。

電車で、長椅子型の車輌に乗っていて
乗客を観察していると、
大概長椅子の両端、つまりドア付近の席に
座りたがる人が必ず居ます。
(中学生の頃はこれがどうも不思議だったのですが、
私も真似しているうちにいつの間にか
今では自分でもよくやりますが)。

単に疲れていて横に寄り掛かれる席だから、
というのもあるかもしれません。
事実、私もあまりに疲れ過ぎて、
確実に居眠りしないと体が持たないと思った時、
両隣の人に倒れ掛かっては申し訳ないと、
敢えてこういう端の席を選んだことがあります。

若しくは、このパーソナルスペースが関係していて、
隣人との触れ合いを片側のみに限定出来ることで、
両隣に人が居るより落ち着くという
精神的なものがあるのかもしれません。

さて、私が端から3番目に座っていて、
2番目に別の客が座っているとしましょう。
とある駅で1番端に座っていた人が降りて席が空くと、
この2番目の人が端の席へ移動することがあります。
理由は、上に挙げたように自分の意志なのか、
相手を配慮してなのかは分かりませんが、
確かに、わざわざ席が空いているのに、
窮屈に並んで座っていたら、
「いつまでもくっついている必要はない」
と思う人も居るかもしれませんし、
「相手のために離れてあげた方が良いかな」
と考える人もあろうかと思います。

でも、私としてはそんな風に移動されると、
「はぁ、窮屈だったわ。やっとこれで離れられるわ」
(何故か相手は女性)というような、
何となく嫌われた(振られた)ような
気持ちになってしまうのです。
(はっ…!!これが被害妄想というやつなのだろうか…)。
別に誰が隣であってもそうしたでしょうから、
私だから避けたという訳ではないのでしょうが、
何となく「拙者が隣に居ちゃ不満かね?」
と思ってしまうのです。
(はっ…!!これは愛情不足というやつなのだろうか…)。

別に良いじゃないかと思ったりしてしまうのです。
隣が空こうと車内がガラガラになろうと、
最初にそこに座ったのなら、
偶々隣に座っている人が居たとしても、
降りる駅が来るまでずっと、
そのまま並んで座っていても良いじゃないかと。

ただ恐らく、そのパーソナルスペースというやつが
きっと何らかの形で関わっていることは
間違いないと思います。
しかし、少なくとも電車の中の私は、
大してそれを意識することはないので、
私の横は敢えて空けてくれなくてもよかとです。

|

« 3人目の200安打達成 | トップページ | HH観戦記2007 天皇杯3回戦編 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あ~ごめんねえ、それ私だ…
もしや、男爵くんと並んで座っていて、隙間を空けたことあったっけ?
あれは無意識にやっちゃうんで覚えていないんですけど…汗;

確かに見も知らぬ男性と並んでいたら、席を空けるのが女性じゃないでしょうか。
怪しんでとか、そういうのじゃなくて…
他人同士並んでくっついているのもおかしいと思うわけで…

へえ、男爵くんのように感じる人もいるんですね。
じゃあ、今度から、隣の人に「私が離れたら寂しい?」って聞いてから移動したほうがいいですね。(爆)

投稿: 笑 | 2007年10月 7日 (日) 05時46分

あ~、私、それよくやる。
隣の人が嫌なんじゃなくて、確かに壁側にいると安心するんだよね。

じゃあ、男爵さんらしき人が隣にいるときは、空けないことにしますw

投稿: 酔倒 | 2007年10月 7日 (日) 09時39分

>笑さん
多分ないと思います。
知り合い同士ならあまり空けないと思うので問題ないかと。
ここでの例えは女性ですが、男性でも勿論同じことです。特にスーツの男性は端っこ好きなイメージがあります。
人それぞれだと思うので、微妙な空気を感じ取るしかないのかなという気がしますね。
逆に、こっちが動かないと、自分から空いているボックス席へ移動する方も居ますしね。

>酔倒さん
実際隣の人が嫌で逃げてたら、ちょっと悲しいよね。そのケースはほとんどないんだろうけど。

キープレフトならぬキープ芋隣(ポテト)でお願いします。

投稿: メークイン男爵 | 2007年10月 8日 (月) 18時58分

ん~、隣が男女にかかわらずやっちゃいますねぇ。
潔癖症とかそんなではないんですが、そーいう場面での人との接触は極力避ける方なのかも・・・
だからといって、荷物で余分に席を取るようなコトはしませんよ。
電車の端っこの席は大好きです(^^;)
乗るとまずそこへ行っちゃいますね。
なんか落ち着くんですよ。

投稿: 林檎 | 2007年10月 8日 (月) 21時31分

あ~落ち着く感じですか。なるほど~そう言われてみると何となく分かる気がしまね。
端っこなら、人が乗り降りしても、自分の片方の人しか入れ替わらないというのもありますし。
両側があやふやなよりも、ピタッと固定出来る感じが良いんでしょうかね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年10月 8日 (月) 22時23分

ここ、盛り上がっているので、もう一度登場。

私は端の席には座りません。
そうなったのはこの頃かな~
端っこに座ると、その隣に立っている人がいて、それがイヤだというのが理由。
腕などぶつけられたり、読んでる本を上から見られている感じがちょっと。
で、真ん中に座ります。
しかし、両脇に人がいるところは、混んでいるとき以外は避けてしまいますが。

人との距離は、体温を感じるときは、そっと空けるようにしています、たぶん。
無意識なので、そんなに気にしないでくださいね~

投稿: 笑 | 2007年10月 9日 (火) 06時03分

いやはや恐縮です。
それも言えるんですよね。ドア付近に立つ人が、丁度寄り掛かり易い位置でもあるので、腕だの背中の鞄だのがぶつかってくるというのはありますね。
人それぞれだと思うので、空けられてもそんなに気にしません。ま、ちょっと気になったもんで書いただけです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年10月 9日 (火) 23時48分

分かった!時津海関の謎!
なるほど、そういうことだったのね。(笑)

投稿: 笑 | 2007年10月10日 (水) 17時05分

そういうことです。
以前からあの部屋には多いなと思っていたのですが、いずれもそういう繋がりだった可能性が高いですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年10月10日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルスペース:

« 3人目の200安打達成 | トップページ | HH観戦記2007 天皇杯3回戦編 »