« 「ホットスパー」の名が消える | トップページ | HHアウェイ観戦記2007-山形戦-(前編) »

2007年11月17日 (土)

けんしん巡りの旅 vol.3

今まではけんしんの店舗を探すのに、
昨年発行の地図を使っていたので
気付かなかったのですが、
この前、偶々2003年(平成15年)の地図を見ていたら、
リストにあるけんしんの店舗の住所と全く同じ所に
勝田信用組合が載っていたので、
「おや?」と思いました。
そこで、勝田地区の他の店舗についても調べると、
やはり幾つかの店舗はけんしんではなく、
勝田信用組合として載っていました。

実は、最初に店舗一覧リストで店番を見た時、
他の地域は近距離に複数店あっても、
店番は大体飛んでいるものがほとんどなのに、
勝田地区や日立周辺だけは何故か不自然に、
同地域にほぼ連番で何店舗も集中していたので、
そこが多少気になっていました。

勝田信用組合としてこの地図に載っていた店舗と、
リストの店番を照らし合わせると、
これが見事に連番で振られた店舗と一致しました。
もしやと思ってHPで沿革を確認してみると、
やはり平成16年に勝田信用組合及び日立信用組合と
合併していたことが分かりました。
続けて店番が振られていたのには、
こんな歴史が関係していたんですね。
これ以前にも大津や大子の信用組合とも
合併したりしているようですし、
もしとことん調べていくならば、
いろんなことが分かりそうな気がします。

けんしんの店番巡りのつもりが、
こんな歴史まで調べ、知ることになろうとは、
なかなか奥が深いというものです。
こうしてまた一つ、茨城に関する知識が増えてゆく…。
私の場合、そういうことの繰り返しですね。

今でこそ茨城全域について目を向け、
県内中の情報を集めるようになり、
自分で運転してあちこちを回ることも
出来るようになったので、
茨城全体についての知識もそれなりに付いてきましたが、
私が平成17年の春に茨城に戻ってきて就職するまでは、
水戸以外のほとんどの他地域についての知識は多くなく、
ほとんど知らないことだらけだったのです。
水戸についてさえ自宅の周辺以外は、
未だによく分かっていないことがかなり多くあります。

同じように新聞を読んで情報を得るにしても、
県内について広い視野でニュースを見るのと、
何となくどこの話か分かるような分からないような
やや曖昧な感じで見るのとでは、
頭に残るかどうかや
どれくらい興味を持って記事を理解できるかどうかなども
だいぶ変わってきてしまうでしょうし。

ということは、まだまだ私が興味を示していないことが
世の中にはたくさんあるので、
そういう広い視野を持てるようになってくると、
益々いろんな情報が見えてくるということですね。
生涯視野を広くし続けていけるならば、
莫大な知識を蓄えた人間になれるんでしょうね。

(▼72.佐和支店=ひたちなか市高場)
071117002





(▼73.田彦支店=ひたちなか市東石川)
071117002_2





(▼20.勝田支店=ひたちなか市堀口)
071117002_3





(▼74.津田支店=ひたちなか市津田)
071117





今回は、いずれも交通量の多い道路沿いだったので、
撮影するのは気が気でなかったです。
かなり挙動不審な人間に見られたろうなぁ。

それと、勝田(ひたちなか市勝田地区)は
水戸の隣町でありながら、
私にとって地名はよく知っているのに
どの道がどこに繋がるかがほとんど頭に入っておらず、
これまで、走る度に迷いそうになる「鬼門」だったので、
なるべく知っている道だけ走ろうという
何となく苦手な意識を持ってしまい、
これまで開拓する気も、地図上で地理を把握することも
避けて通ってきてしまっていたのですが、
お陰様で最近ようやく分かってきました。

今までも国道6号沿いや、国営ひたち海浜公園周辺、
国道245号沿いなどは部分的に分かっていましたが、
勝田駅周辺などを中心に、
常磐線と国道6号の位置関係などが曖昧だったため、
勝田全域がイメージし辛かったのです。
あとは、那珂湊の方がまだまだ弱いですし、
経験値をこれから増やして行かないと、
マスターしたとは言えないので、
この調子で恐れずに踏み込んで行かなくては。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:6h ・脈拍:65回/分 ・体温:35.7℃ ・体重:63.3kg

|

« 「ホットスパー」の名が消える | トップページ | HHアウェイ観戦記2007-山形戦-(前編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

勝田を鬼門にしてしまった一因がやってきましたよ~
私が地図を変な風に読んでいたから…苦笑
あ、でも最近読めるようになりました、地図…時間はかかりますが。

けんしん調べしていると面白いことがいろいろ分かってきましたね。
石岡のは…どうやってもこんなに立派ではない…いや!男爵くんの画像処理にかかれば、きっとそれなりに…

どうぞ愛する茨城のこと、いっぱい調べてやってください。

投稿: 笑 | 2007年11月18日 (日) 06時10分

それ以前から、いまいち把握出来ていないのが気になっていましたから、遅かれ早かれこれは避けて通れない問題でしたよ。

どこまで広げるかによりますが、あまり茨城マニア道を突っ走りすぎて変人にならないよう気を付けます。

投稿: メークイン男爵 | 2007年11月18日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けんしん巡りの旅 vol.3:

« 「ホットスパー」の名が消える | トップページ | HHアウェイ観戦記2007-山形戦-(前編) »