« けんしん巡りの旅 vol.2 | トップページ | 花貫渓谷の紅葉 »

2007年11月12日 (月)

奥深きJリーグの歴史

大リーグのタンパベイ・デビルレイズが
「タンパベイ・レイズ」に名称変更するそうですね。
その少し前にも、
名古屋グランパスエイトが来季から
「名古屋グランパス」に改称すると発表されたばかり。

湘南ベルマーレ(2000年にベルマーレ平塚から改称)や
東京ヴェルディ1969
(2001年にヴェルディ川崎から改称)、
ジェフユナイテッド市原・千葉
(2005年にジェフユナイテッド市原から改称)のように、
ホームタウンの広域化や移転に伴うチーム名の変更や、
京都サンガF.C.(今年京都パープルサンガから改称)
のように愛称が変更になった例は過去にもありましたが、
名古屋は「オリジナル10」と呼ばれる、
Jリーグ発足当時からのチームであり、
その愛称が変更されるというのは初めてのケースです。
(1998年の横浜フリューゲルスとの球団合併という、
特殊事情の横浜F・マリノスの例はありますが)。

Jリーグも調べてみるとなかなか奥が深く、
前身のチームからJリーグに参加するまでの経緯や、
ホームタウンの決定に至る経緯や事情、
ホームスタジアムの改修・移転などの問題、
監督の途中解任やサポーターとの衝突など、
水面下ではこれまでも色々な問題があったようですね。
全部を把握するのはとてもじゃないですが
情報が多すぎて無理ですが、
Jリーグに興味を持つ者としては、
多少なりとも学習しておいた方が良いこともありそうです。

チーム名や愛称が変わるとなったら、
自分だったらどうなるのかなぁとちょっと考えさせられます。
マンネリからの心機一転という効果はあるでしょうけど。
きっと、どのチームも大なり小なり
いろんな出来事があって、
これからもきっと起こりうるのでしょうね。
水戸もホームスタジアムが再来年に移転する予定ですし、
過去にもいろいろな危機などもあった訳ですし、
現在も観客数が著しく減少しているなどの問題もあり、
この例に漏れず様々な歴史を刻んできていると思います。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:8.5h ・脈拍:66回/分 ・体温:35.2℃ ・体重:63.4kg
・ジョギング+ウォーキング:約15分。休み休み走った。

|

« けんしん巡りの旅 vol.2 | トップページ | 花貫渓谷の紅葉 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いろいろ勉強になりました。

私はJリーグやサッカーを知らないで、いきなり水戸HHのファンになってしまったので、未だに正式名称が出てこなかったりします。

もしHHの名称が変わったら…
きっと古い方の名前で語ることでしょう。(苦笑)

投稿: 笑 | 2007年11月13日 (火) 06時57分

リンクを飛び続け、ウィキペディア巡りをしていると、きりがないくらいいろいろ知ることが出来ますが、寝られなくなります。

守備の時の「FC水戸!」というのは、昔の名残なのではないかと思うこともありますが、無関係かもしれません。私も過去には詳しくないので…。

投稿: メークイン男爵 | 2007年11月13日 (火) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥深きJリーグの歴史:

« けんしん巡りの旅 vol.2 | トップページ | 花貫渓谷の紅葉 »