« 「一言で説明し辛い趣味」の例 | トップページ | 「ホットスパー」の名が消える »

2007年11月15日 (木)

幻聴

昨日は、北関東自動車道の
友部IC-笠間西IC間が無事開通しましたね。
まだ通っていませんが、
来週中にも仕事で利用する予定なので楽しみです。
更に最新情報として、笠間西IC-桜川筑西IC間も、
来年のゴールデンウィーク前の開通を予定しているそうで、
予定よりだいぶ開通が早まりそうですね。
そこまで開通してくれると国道50号に直結するので、
だいぶ県西方面や栃木方面へ
行き易くなるので助かるのですが。

それと、浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグで、
大会史上初となる1次リーグから無敗での優勝を決め、
これまで日本チームが悉く跳ね返されてきた、
アジアナンバーワンの座に見事輝きましたね。
ちょっと前に中日ドラゴンズも、
アジアシリーズ2007でロッテ、日ハムに続き
日本勢3連覇となる初優勝を飾りましたが、
過去2大会でいずれも日本がアジアを制しているという
重圧の中で最高の結果を残したのは素晴らしいですね。

話を戻しますが、
決勝戦第2戦の先制点のシーンは私も見ていましたが、
一瞬の隙をきっちり決める勝負強さが光っていました。
でも、強いが故に浦和だけ他のJチームと比べ、
物凄く試合数を行っている気がするので、
リーグ戦でちょっと不利な気がしないでもありません。
それは兎も角、今や、すっかり浦和は強豪チームですね。


そんな昨日の朝の話になりますが、
前日(一昨日の夜)寝るのがかなり遅くなってしまい、
翌日仕事なのに起きられるかどうか心配でした。
5時間くらい眠れば大体は目覚まし時計も聞こえますが、
それを切ってくると疲れ具合次第では、
熟睡してしまって聞こえないことがあります。

自営業とは言え、
その辺がルーズになってだらしなくなるのは嫌ですし、
親に起こされて起きているようでは自立出来ないと、
いつも念頭に置いているので、
起床に関してはサラリーマン時代と同様、
かなり神経を使っています。

それでも、やはり疲れすぎていたり、
睡眠時間が極端に短いと起きられないことがたまにあり、
父に起こされる失態を犯すことがあります。
「起きるのが遅いぞ」と言われているのと同じなので、
仕事にはけじめを持って取り組みたい2代目としては、
寝坊して始業に遅れるのは恥ずべきことで、
これだけは絶対に避けたいことなのです。

それ故に、今回も眠れる時間が
かなり短くなってしまったとは言え、
絶対に寝坊するまいと思って床に就きました。
そしてあっという間に深い眠りに陥り、
いつの間にか朝になっていたようでした。

熟睡していた筈の私の耳に突然、
「(芋次郎~)!時間だぞー!!」
という父の呼び声がはっきりと聞こえました。
部屋に入ってきて直接耳元で起こす訳ではないので、
熟睡していれば聞き逃しそうなものですが、
寝坊してはいけないという緊張が常にあるせいか、
どんなに気持ち良く熟睡していても、
この体裁の悪い起こされ方だと必ず目が覚めます。

私はすぐに目を覚ましたと同時に、
「しまった!やっちまった!起こされてしまった!」
と思ってすぐに時計を確認して起きようとしました。
しかし、まだ目覚まし時計のセット時刻前の6時58分で、
もう少し寝ていても問題ない時間帯の筈だったので、
一瞬、「あれ?父の声が聞こえた気がしたけど、
もしかして夢の中の幻聴と現実を勘違いしたのかな?」
とも思ったのですが、
最近、少し早めに起こされることもあるので、
今日は念のため早めに起こして
出掛ける準備をさせたかったんだろうと解釈して、
すぐに起きて体温や脈拍を計測しました。

最も私が嫌うのは、
一度目に起こされた時の返事が父に届かず、
起きていないと思われたり、
二度寝してしまって、返事してからしばらく経っても
起きて行かない時などに、
二度起こされるというダブルパンチを浴びることなので、
体温を測っている間にまた起こされたら適わないと思い、
本当はこんなことをしている場合じゃないと思いながらも
急いで測ると部屋を出ました。

そして、「はいはい、もう起きてますよ」と言わんばかりに
父の所へ顔を出そうとした時、気付いてしまいました―
まだ家中で誰も起きていなかったという事実に…。
一体私は何を聞いたんでしょうね。

「やっぱりあれは幻聴だったんだぁ!(がーん)。」

よくこんな短い睡眠時間で目が覚められたもんだ、
と奇跡の起床を果たした自分に感心すると同時に、
眠りが浅くなり夢か現実かの境だったとは言え、
「こんなリアルな幻聴を聞いてしまう程、
自分にプレッシャーを掛けて寝ているんだなぁ」
と驚きました。

いつも体調が同じとは限らないのに、
出勤時間に間に合うように起きなければならないという
社会人の毎朝のプレッシャーは相当なもんですよね。
それが大人としてのけじめではありますが。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・睡眠時間:5h ・脈拍:64回/分 ・体温:35.2℃ ・体重:63.9kg
・水泳:約1時間。最初考え事をしながら泳いでいたので、
泳いだ距離は正確には分からないが、多分1500mくらいだと思う。

|

« 「一言で説明し辛い趣味」の例 | トップページ | 「ホットスパー」の名が消える »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あるある!これ、ありますよ!
私の場合、目覚ましが鳴って、重い体を無理やり起こして、着替えをしていたら、またバタンと布団に倒れこんで、また目覚ましが鳴って、目を覚ましたら、え?さっき着替えたはずなのが全然着替えられていない…あれは夢だったの?
というのが…
これも何回も繰り返したりするので、起きるまでにすっかり疲れ果てています。
はい、主婦にも朝起きるときのプレッシャーがあります。
しかも、私が起きないと誰も起きないという、まずい状況が…(苦笑)

投稿: 笑 | 2007年11月16日 (金) 07時32分

起きてすぐにあるような夢だったりすると、錯覚を起こしやすいですよね。私はそのまま会社に遅刻して、部長にこっぴどく怒られる夢を、朝5時頃見たこととかも何度もあります。あれは怖いです。
そうですね、失礼しました。サラリーマンに限ったことじゃないですね。

投稿: メークイン男爵 | 2007年11月17日 (土) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻聴:

« 「一言で説明し辛い趣味」の例 | トップページ | 「ホットスパー」の名が消える »