« 浦和が世界3位の偉業 | トップページ | 2007年を振り返って »

2007年12月21日 (金)

パスネット廃止へ

お待たせしました、5日振りの更新です。
もう今年もあと10日を残すばかりですね。
久し振りに更新を4日も空けてしまいましたが、
この間、私は一度もコンタクトレンズを使用せず、
1週間近く眼鏡だけで生活していました。

というのも、この所、朝起きると霜が降りている日が多く、
顔を洗うのも躊躇うくらい水が冷たいので、
コンタクトをつける前に手を洗うのが億劫に感じてしまい、
眼鏡のまま生活していたという、
理由は至って単純です。

これと同様に億劫なのが体重測定です。
確かに毎朝測定すること自体も面倒なのですが、
それだけが理由ではありません。
原因は体組成計にあります。
体重以外にも様々な体組成分を測れる優れ物ですが、
それのために測定部が金属で出来ているので、
朝ここに足を載せるのは氷の上に立つようなものです。
しかも、体脂肪率などを計測してくれる間、
載ったまま数秒間制止していなければなりません。
その間、足の裏から体温が奪われる一方なので、
徐々に敬遠するようになってしまったという訳なのです。

ま、要するに「冬の朝は凍えそうになるから
あまり動きたくないね」っていうことなんですが。


ところで、話は変わりますが、
首都圏の多くの私鉄などで利用可能な
プリペイド式カードのパスネットが、
来年3月14日までで廃止されるそうですね。
私も東京に住んでいた時には、
パスネット1枚で私鉄から私鉄へ乗り継げるのが
便利だったのでしょっちゅう買っていましたが、
地元に戻ってきてから使う機会がほとんどなくなった上、
PASMOの登場によって、既に持っていたSuicaでも
私鉄とJRの乗り換えが自由に出来るようになったことで、
益々使う機会がなくなっていました。

しかし、まさかいきなり廃止になるとは思いませんでした。
PASMOかSuicaで代用出来ますし、
一本化した方がコストも削減できると思われるので、
もうその役目を終えたということなのでしょう。
冷静に考えてみれば分かる話とは言え、
事前の関連情報を全く知らなかったので驚きました。

現在、残高が残っているパスネットは
1枚しか持っておらず、
どのみち廃止になってしまうということで、
これから敢えて買う予定もないので、
恐らくこれが私の最後のパスネットになりそうです。
まだ200円分残っています。
071221_2





☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・ウォーキング:約20分
車を使おうと思ったが最近運動をしていなかったので、
敢えて徒歩にした。

|

« 浦和が世界3位の偉業 | トップページ | 2007年を振り返って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に寒いですもんね。
もうこの際、コンタクトをやめて眼鏡にしてみたら。
by眼鏡愛好家

体重測定は止めましょう。
byデブ

車を止めてウォーキングはいいことですが、これぐらいの距離でも車で行っていたの?
by辛口

パスネットは持っていなかったような…
先日もsuicaで地下鉄に乗ってきました。
(やっとまともなコメント)-爆

投稿: 笑 | 2007年12月22日 (土) 07時00分

眼鏡の方が断然ケアは楽で良いんですけどねぇ。

毎回この数字を見て、ちくちくプレッシャーを掛けておかないと、次の大台にもあっという間に届いてしまいそうな気がして。

仰せの通りです。
「車に乗ると歩かなくなる」という言葉にピンと来ていなかったあの頃の私は何処へ…というくらい本当の話でした。自転車の空気が抜けているので、凍える夜などは尚更歩いて行くのが億劫で…。

コレクターという程ではありませんが、絵柄がいろいろあるので、使用済みのものも数十枚持っています。捨てようかと思ったのですが、廃止されるとあらばやはり取っておこうかと。

投稿: メークイン男爵 | 2007年12月22日 (土) 16時30分

パスネット、残額があるのでしたら、早めに利用してください。

当面は、きっぷの購入や乗り越し精算等に使えます。

私も、パスネットがあって80円の残がありました。
東武線で使い切りました。

投稿: 為五郎 | 2007年12月22日 (土) 22時05分

期限後も手数料なしで換金してくれたり、料金分をSuica等への加算などもしてくれるということらしいですが、やはりパスネットに最もふさわしい最期にしてあげたいので、改札を通して使ってあげたいです。

投稿: メークイン男爵 | 2007年12月23日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスネット廃止へ:

« 浦和が世界3位の偉業 | トップページ | 2007年を振り返って »