« 茨城空港成功への行方 | トップページ | 加齢ライス »

2008年2月24日 (日)

「プレシーズンマッチ2008」観戦記

今日は県立カシマサッカースタジアムに行き、
「いばらきサッカーフェスティバル2008
2002FIFAワールドカップ開催記念事業
鹿島アントラーズvs水戸ホーリーホック」

(通称:プレシーズンマッチ、略記:PSM)
の試合を観戦しました。

2005年の初開催から今年で4回目を迎え、
年々認知度も上がってきているように思いますが、
過去の対戦スコアは鹿島が1-0、2-1、4-0で
水戸に3勝し、全く以て波乱なしの結果となっています。
プレシーズンマッチということで、
開幕前のチームの状態や最終的な仕上がり具合を、
実戦を通して確認する役割を担っている面が強く、
勝敗が全てという訳ではないのですが、
やっぱりゲームである以上勝って欲しいというものです。

ところで、昨年はオフの期間が物凄く長く感じ、
試合観戦恋しさの余り、禁断症状にも似たような
待ち遠しさを感じていた記憶があって、
このプレシーズンマッチを心待ちにしていましたが、
昨季は心ゆくまで観戦に励んでしまったためか、
今年のオフ期間中は、試合日程から解放され、
ゆっくり過ごせることに安らぎを感じてしまっていて、
ただ静かに開幕の時が近付いて来るのを待っている
という感じで、極めて自然体で過ごしていました。

今季は、選手の入れ替わりが激しかった例年と違い、
昨季の選手の大半が残ってくれたので、
大半の顔触れやプレーの特徴などが分かっていたことや、
新加入選手もそれ程多くなく、
覚えるのに苦労せずに済んだことで、
落ち着いて観戦することが出来ました。
両チームとも今季から新しいユニホームです。
080224027_2




試合開始直後は集中力があって、
水戸が押し気味に積極的に攻めていましたが、
徐々にパスミスなどの綻びが見え始め、
攻め込まれる場面も少しずつ増え始めました。
守備でマークに就くのが遅れたり連携ミスしたりして、
裏のスペースを突かれて良いクロスを上がられるなど、
危ない場面も目に付き始めました。
080224036_3




その嫌なばらつき感が前半16分、
鹿島の先制ゴールという形に繋がりました。
水戸も最終ラインまで攻める場面が
それまで再三見られていただけに、
先に点が取れなかったのは残念でした。

水戸の動きも全体的には良かったのですが、
良い場面でミスが出てチャンスを自ら潰してしまったり、
最終的に良い形でシュートを打たせて貰えなかったりして、
なかなか点に結び付きませんでした。
そして押され気味の展開のまま前半が終了しました。
でも、思っていたよりは、
なかなか仕上がりは順調そうに見えました。
080224053_2




そう安心していたのも束の間、
後半開始僅か1分で2点目を献上し、
更にその3分後には、
守備の連携ミスによると見られるプレーから
最後は豪快に決められて3失点目と、
後半開始早々に0-3となってしまいました。
点差が開いたことでその後の鹿島は、
すっかり落ち着いて試合を進めていたので、
水戸は付け入る隙があまりなくなってしまい、
結局無得点に抑え込まれてしまいました。

新加入選手もそれぞれ良い動きを見せ、
全体的にも昨年以上の活躍(そうならないと困るが)
が期待出来そうな雰囲気が見られましたし、
ここまで順調な仕上がりを見せてきているからこそ
余計に気付いたり感じたりするのかもしれませんが、
細かいプレーの精度をもっと上げて欲しいという
気持ちは強く感じました。
今季は良いシーズンになって欲しいです。

最後に余談ですが、観戦中はずっと日陰だったので、
体が完全に冷え切ってしまいました。
本当に寒かったです。

|

« 茨城空港成功への行方 | トップページ | 加齢ライス »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
シーズンの到来を知らせるPSM。
新加入選手は元気でしたし、いつものメンバーもよかったですね。
今年はHHもいい線を行くのではないか、と思わせられるような内容で、まあよかったです。
今日の読売新聞も好意的でした。

投稿: 笑 | 2008年2月25日 (月) 06時41分

お疲れ様でした。
気分が乗らないとおっしゃっていましたが、すっかりスイッチが入ったようで…(僕はまだ平常心です)。

やはり集中力が切れて、特に後半は守る方ばかりになってしまっていたので、前半のように攻撃的な試合展開でいかないと、今季もJ2でもどこまで通用するかというと、ちょっとまだ厳しいかなぁという感じもありました。

まずは昨季のような出だしにならないように祈りたいです。

投稿: メークイン男爵 | 2008年2月25日 (月) 21時57分

いえいえまだまだです。
やっぱりピッチに足りない存在が…M監督、O、Y…

もっとも私の魂は笠松に置いてありますので、開幕すれば…

後半崩れる悪い癖は確かにその通りでしたね。
いい試合が出来ますように!

投稿: 笑 | 2008年2月26日 (火) 20時30分

まさに今は魂が抜けた状態ということで
最初の失点前後もちょっと気が緩んだかなぁという感じです。やらなくても良い失点だったと思うのは、もっとしっかり守っていれば取られなかったと感じたことに他ならないのかと。
様子見出来たことを前向きに考えて、開幕までに調節して欲しいですね

投稿: メークイン男爵 | 2008年2月27日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プレシーズンマッチ2008」観戦記:

« 茨城空港成功への行方 | トップページ | 加齢ライス »