« 風の力は侮れない | トップページ | 茨城空港成功への行方 »

2008年2月18日 (月)

ドラリオン鑑賞

一昨日の話になりますが、
原宿の新ビッグトップで行われている、
「ドラリオン」(DRALION)を観に行きました。
080218002_2




きっかけは何週間か前に電車に乗っていた時、
中吊り広告で追加公演(最終公演)のことを知り、
突発的に「観に行きたい!」と思い立ったことでした。
それまでも何となくCMなどで目にしていた筈ですが、
馬耳東風という感じでピンと来ていませんでしたが、
この突然の思い付きですぐにチケットを取ったのでした。

「CIRQUE DU SOLEIL」の公演を初めて観たのは、
4、5年前に上演された「キダム」(QUIDAM)で、
その時、その圧倒的華麗さと表現力に感動し、
言葉に出来ないような感情を覚えました。
今回はそれに続く2度目の鑑賞でしたが、
また彼らのパフォーマンスが観られることになり、
公演日が近付いてくるのが
楽しみで仕方ありませんでした。

ブロ雅氏夫妻と待ち合わせ、
いよいよ開演の時を迎えました。
偶然にも、この日の公演はCM用の撮影も
行われていたようです。

相当練習したり体を鍛練しているのだと思いますが、
スケールの大きなテーマやストーリーを、
生身の人間が全身の持てるもの全てを使って、
あれだけダイナミックな表現をするということに、
言い知れぬ感動を覚えずには居られませんでした。
華麗に見せたり、難しそうに見せないで
人間離れしたようなパフォーマンスの数々を
展開する彼らに自然と拍手を送っていました。

あっと言う間に楽しい時間は終幕を迎えました。
また次の日本公演を楽しみにしたいと思います。

その後、私たち3人はすぐ近くの
NHKスタジオパークへ行きました。
残念ながら「スタジオパークからこんにちは」の
生放送は終わった後でした。
080218009_2




私は初めて入ったのですが、
想像していたより中が広くて、
半分は幼児向けという感じのようでしたが、
密かに結構楽しんでいました。

(中略)

翌日、海の見えるレストランで昼食を頂きました。
海と空と街のコントラストが素敵でした。
うっすらと富士山も見えていましたが、
雲がかかって上の方が隠れていました。
080218007_2




080218033_2




その後も三崎港などへ連れて行って貰いました。
海の幸が美味しいのですが、
中でもマグロが有名のようです。
「とろまん」というマグロ入り肉まんは美味でした。

海底の魚を観られる(沖縄のグラスボートの類)
水中観光船「にじいろさかな号」にも乗りました。
「にじいろかなさ号」(虹色金砂郷)じゃないですよ。
(誰も突っ込んでませんよ。意味不明ですよ。)
ちょっと満ち潮で濁り気味だったのと、
船上は風が冷たかったのですが、
景色もなかなかのものでした。
080218052_2




080218064_2




実に開放的で楽しい2日間でした。
学生の頃と違って、次の日の仕事のことを考えると、
時間的な制限が多いのは辛い所ですが。

|
|

« 風の力は侮れない | トップページ | 茨城空港成功への行方 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/722/10608780

この記事へのトラックバック一覧です: ドラリオン鑑賞:

« 風の力は侮れない | トップページ | 茨城空港成功への行方 »