« 独唱好き | トップページ | 古河桃まつり&60,000km走行突破 »

2008年3月20日 (木)

HH観戦記2008 vol.2

春分の日の今日、雨降り、寒い、半分ナイターという
サッカー観戦に不向きな3拍子が揃う中、
ホーリーホックのホーム戦が行われました。
前節のアウェイ戦でFW西野選手による
待望の今季初得点が生まれたものの敗戦し、
開幕2試合目にしていきなり同率最下位に沈みました。
昨年の経験もあるので兎に角早く1勝を挙げて
ホッとしたいという気持ちがありました。

今日は活躍目覚ましかった新加入のMF菊岡選手や、
キャプテンでDFの要である平松選手が欠場だったので
その影響が出ないかちょっと心配でした。
また、小雨が降り続いていたので、
選手やピッチのコンディションも心配でした。
私は初めてポンチョを着て応援しました。
風も強く、スポンサーの看板が流されたりもしました。
080320vs015





試合開始早々はパスカットなどが冴え渡るなど、
積極的な動きで果敢に攻め込んでいましたが、
徐々にボールの支配率が悪くなり出し、
押され続ける苦しい展開となりました。
相手のミスにも助けられ前半は0-0で折り返しました。

後半に入っても切れのない動きは変わらず、
前節までの動きの良さは鳴りを潜めていました。
ボールを奪ってもその先がなかなか繋がらず、
相手のパス回しに翻弄される苦しい展開が続きました。
そこでFWを1人下げて代わりにMFを投入し、
1トップにするという作戦に打って出ました。
中盤を厚くしてまずは守備を強固にして立て直し、
それから流れを呼び戻す作戦なのかなぁと思いました。

事実、少しずつ流れが変わり始めました。
少しずつボールを持てるようになり、
全体的に動きに活気が戻ってきました。
後半25分にFW遠藤選手を投入して再び2トップへ戻すと、
反撃開始と言わんばかりに攻め込み始めました。

それでもなかなかゴールに結び付かず、
試合終了の時刻が刻一刻と近付いてきた後半39分、
遂に我慢比べの試合展開に動きがありました。
中盤でボールを奪い返して前に出したパスに、
両脇の相手DF2人と競り合いながらも
何とかFW荒田選手が追い付き、
GKの動きを見ながら素早く鋭く放たれたシュートが
ゴール右隅目掛けて一直線に転がっていきました。
角度はばっちり(そのまま入ればゴール)でしたが、
別のDFが猛然と上がってくるのが見えたので、
「このままDFが間に合う前に無事入ってくれ」
と思って一瞬の成り行きを見守りました。
際疾く追い付かれはしたもののクリアが間に合わず、
逆にそのまま勢い良く蹴り込む形となりました。

その後、益々勢いを増して怒濤の勢いで
最後まで攻め続けた水戸が、
待望の今季初勝利をホームで飾りました。
ここまでの2得点はいずれもFWによるもので、
失点も今季初めて0に抑えられたので、
この良い流れを今後も期待したいと思います。

▽第3節:○1-0(前半0-0)、勝ち点3

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・ジョギング:約15分間。

|

« 独唱好き | トップページ | 古河桃まつり&60,000km走行突破 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
うれしかったですねえ。
男爵くんの予想通り、ここでの初勝利となりました。
ここで勝っておくのと引き分け以下では、これからの試合に響きますからね。

寒い中に寒い思いをして帰ることにならなくてよかったです。
今朝の読売新聞では荒田選手のゴールシーンの写真つきでした。

投稿: 笑 | 2008年3月21日 (金) 06時34分

まずは一息吐けましたね。もし引き分けだったら、去年の悪夢の再現さえ連想されかねませんでしたね。内容は兎も角、勝利を諦めなかった姿勢は十分評価出来ますね。
これに味をしめて、自分たちのスタイルが崩れるのはいけませんが。

投稿: メークイン男爵 | 2008年3月21日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.2:

« 独唱好き | トップページ | 古河桃まつり&60,000km走行突破 »