« 給油で自身3度目の“当たり” | トップページ | 飴の上に座るべからず »

2008年4月27日 (日)

HHアウェイ観戦記2008-仙台戦-

昨日はユアテックスタジアム仙台(仙台市)で行われた
ベガルタ仙台とホーリーホックの試合を観戦するため、
今季初のアウェイ戦遠征に行ってきました。
080428032




私のアウェイ戦に対する考えとしては、
すぐに行ける関東近県は別ですが、
どうしても、ただ観戦目的のみで行くのは勿体ないという
貧乏根性が出てしまうのか、
あるいはちょっと欲張りなのかもしれませんが、
兎も角、観光をメインとした旅行のついでに
観戦を組み込みたいという気持ちがあります。

それと、まずは一通り全都道府県へ行ってみたいと
思っているため、
私が旅行先として優先したいのは
まだ行ったことのない地域なので、
これらの思惑と試合日程がうまく合致して初めて、
アウェイ遠征を検討すると言った具合です。

比較的行き易い所であるにも拘わらず、
今まで仙台でのアウェイ戦に行かなかったのは、
仙台市内を始め宮城県には何度か行ったことが
あったからに他ならず、
今回も当初は全く行くつもりはなかったのですが、
ユアテックスタジアム仙台そのものに行ったことはなく、
一度雰囲気を味わってみた方が良いと聞いていたので、
予定を変更して行くことにしたのです。
080427005





さて、前置きはこのくらいにしてそろそろ本題へ。
水戸は仙台を相手に過去6分け18敗と未だ勝っておらず、
数字の上では「抜群に」相性が悪かった。
実力があり、手強い相手であることは間違いないが、
一方的にやられてばかりいる訳ではないだけに、
この辺でそろそろこの未勝利記録に終止符を打ちたい所。
080428014




だが、試合が始まると序盤から仙台に攻め立てられ、
守備に神経を集中しなければならない時間帯が続いた。
一瞬でも隙を見せればあっと言う間に
ゴールを奪われかねない緊迫した雰囲気があった。
「気を抜かずに兎に角耐えてくれ」という思いだった。
何度もヒヤリとする場面を作られ、
いつ先制点を取られてもおかしくなかった。

しかし、先取点を奪ったのは劣勢だった水戸の方だった。
前半23分、中盤からヘディングで流したボールが、
相手DF陣の僅か裏を突く絶妙な位置にうまくバウンドし、
これまた絶妙のタイミングで飛び出したFW荒田選手が
これをそのまま拾って最後は相手GKと1対1となり、
落ち着いてゴール右隅に流し込んだ。

サッカーは往々にしてこういうことがよく起こる。
圧倒的に攻め込んでいるチームが一向にゴールを割れず、
逆に、押されているチームが一瞬のチャンスをものにし、
そのまま試合が決まってしまうことだってある。
この一瞬の虚を突く予想外の先制点は、
仙台戦の初勝利を渇望する水戸にとって、
非常に価値ある大きな1点だった。

だが、相手は強敵の仙台。
このまま逃げ切れるとは到底思えなかった。
ただでさえ水戸はここ4試合連続で
2失点を喫していて守備に課題があった。
2点でも3点でもリードを広げておかなければ、
そう安々と勝たせてはくれないだろうと思った。

幸い、前節のアウェイ戦こそ開幕戦以来の
無得点に終わったものの、
今季の水戸はほとんどの試合で得点を挙げているので、
その大幅に進化した得点力に期待を寄せた。

この後、水戸もそれなりに追加点のチャンスは作ったが、
それ以上に何度も仙台に決定機を作られた。
その度に守護神・本間選手がファインセーブするなど、
神懸かり的な強運をも味方に付け、
絶体絶命のピンチを再三凌いで、
1点リードしたまま前半が終了した。
何点か取られていてもおかしくなかっただけに、
今日は初勝利へ向け追い風が吹いていると感じた。
あとは一刻も早く追加点が取れるかどうかに
全ては懸かっていた。

後半も締まった試合になったが、
緊迫する場面の連続だった前半での疲れが心配された。
一方の仙台も点を取るべく、
攻撃に対する姿勢が一段と厳しさを増して激しくなった。
その中で必然とファウルが嵩(かさ)み、
小競り合いまで起きる事態へと発展し、
やや試合が荒れた様相を呈してきた。

仙台の猛攻が激しさを増す一方で、
水戸の守備陣が後れを取る場面が目立つようになった。
辛うじて本間選手のファインセーブや
相手のミスにも助けられていたが、
いくら強運を味方に付けていると言っても、
いずれ「まぐれ」も利かなくなるに違いないので、
このままでは危ないと思った。
極端に守備の綻びが出ていた訳ではなかったが、
やはり前半に比べると切れがなくなり、
振り切られてフリーでシュートをさせてしまう
危険な場面が目立ってきたのを感じた。

そして、後半24分、それまでの絶体絶命のピンチを
再三凌いでゴールを死守してきたことを考えれば
拍子抜けしそうな程あっさりと得点を許してしまった。
ミドルシュートを決められ、とうとう同点に。
2点目がなかなか取れずに居た水戸にとって、
唯一優位だった得点のアドバンテージを失ったことで、
劣勢に立たされたも同然だった。

この得点によって尚も勢い付いた仙台の猛攻は続き、
更にその10分後、
ゴール前で相手FWをフリーにしてしまい、
絶妙のクロスを頭で合わせられ痛恨の逆転を許した。
水戸の守備がばらついていたのが一番の原因ではあるが、
少ない人数でもきっちり点を奪う所は流石だった。
これで名実ともに劣勢に立たされ、
まだ諦めるには早かったが時間帯が時間帯なだけに、
再リードの希望を打ち砕かれた落胆は大きかった。

しかし、試合再開後すぐに水戸も右サイドを突破した。
「ここで直ぐ様追い付ければまた盛り返せるだろうが…」
と祈るような気持ちで成り行きを見守っていると、
FW西野選手が目の覚めるようなミドルシュートを決め、
逆転されてから僅か1分後に同点に追い付いたのだ。
直ぐ様追い付いたことでショックを払拭すると同時に、
再び勝ち越しのチャンスが巡ってきたという訳だ。
今日こそは仙台から初勝利を挙げるんだという執念が、
選手にもサポーターにも漲(みなぎ)っていた。

だが、点の取り合いとなったこの試合、
このまますんなりとはいかなかった。
何と更にその5分後の後半40分に、
ファーへのクロスをヘディングでうまく叩き付けられ、
今季最多の3失点目を喫して再び勝ち越されてしまった。
折角追い付いただけにこの1点はかなり重かった。
時間帯を考えてもサッカーというスポーツを考えても、
流石にそう何度も追い付けるようなものではなく、
今度こそ万事休すかと思われた。

勿論、「諦めるな、まだ時間はある」とは思った。
しかし、いつもなら動きが鈍くなった選手へ向け、
最後の最後まで試合を諦めずに檄を飛ばしている私が、
手に汗握る緊迫したゲーム展開に
すっかり精魂とも尽き果ててしまっていたのか、
私の方が先に勝負を諦めそうになっていた。

だが、今回は選手達の執念が違っていた。
この時間帯になっても攻撃への集中力は切らさず、
負けずに攻め立てていた。
今度は左サイドからの突破を仕掛けた。
堪らず相手がファウルしてこの流れを止めた。
FKを蹴る位置は左サイドのかなり深い所で、
その前にも同じようなFKがありその場面と重なったが、
この時は弾かれてしまったこともあり、
決まる確率はかなり低いだろうと思った。

見守る目線の先で、
弧を描いてゴール正面に入ってくるFKの弾道に続き、
ボールがゴール右隅に吸い込まれてくるのが見えた。
後半43分、FW西野選手が絶妙なヘディングで決めた、
こちらも今季最多の3点目となる同点弾だった。
1度ならず2度も起きた起死回生の同点ゴールに、
せいぜい300人弱程度のサポーター席は
もう半分狂喜乱舞状態だった。
私もあまりに感動して思わず涙が出そうになった。

その後のロスタイムも最後まで惜しいシュートを放つなど
勝利への飽くなき執念を見せ付けて戦い切った選手達が
試合後に応援席へ挨拶に来た時、
誰もが暖かい拍手で出迎えた。
いつも喝を入れるために叱責する声が飛び交うが、
今回は最高の気持ちを見せて戦ってくれた選手達へ、
心から労いの拍手が送られていた。
080428040




先制した訳だし、勝った訳でもない。
今回もまた初勝利の壁は遠かった。
「勝ちに等しい」などと言うのは憚(はばか)られるが、
色んな意味で「価値」のある試合だった。
去年なら決まっていないような得点シーンばかりだった。
ホームでもこういう気迫の籠もった試合を見せてくれれば
水戸の試合に興味を持ってくれる観客は
もっと増えていくと思う。
今回の試合は私が観た中でベスト3に入る面白さだった。
次の試合が僅か3日後(明後日)にあるので、
激戦の疲れが残る中で大変だろうと思うが、
この勝ち点1を無駄にせぬためにも
これからも続けて欲しいと思う。

▼第9節:△3-3(前半1-0)、勝ち点7

|

« 給油で自身3度目の“当たり” | トップページ | 飴の上に座るべからず »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

仙台に行ってよかったですね。
今までにないHHが見られ、最高の気分でした。
最後まで試合に向かっていく姿勢に拍手です。
これで「化ける」かしら。

長距離運転、お疲れ様でした。

投稿: 笑 | 2008年4月28日 (月) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HHアウェイ観戦記2008-仙台戦-:

« 給油で自身3度目の“当たり” | トップページ | 飴の上に座るべからず »