« 飴の上に座るべからず | トップページ | 腕時計のバンド調整 »

2008年4月29日 (火)

HH観戦記2008 vol.5

前節から僅か3日後に行われた
今日のホーリーホックのホーム戦。
水戸は今節勝っても順位は変わらないが、
逆に負けると最下位転落の可能性もあり、
是が非でも勝ち点3を積み上げる必要があった。
そんな今日の対戦相手はJ2参入初年度ながら、
前節までリーグ最多得点を挙げており、
快進撃を続ける不気味な存在なだけに、
決して油断は禁物であった。
一方で失点もリーグ最多となっており、
スコアレスドローとは無縁な対戦になりそうに思えた。

水戸は前節の激戦からの疲労が
回復していない可能性が高い上に、
天気に恵まれ日差しが強く暑かったので、
早々とばててしまわないかという心配はあった。
それでも、最後まで強い気持ちを見せて戦った
前節の姿勢を思えば、
今節もまた良い試合を見せてくれるだろうと期待した。

しかし、こうも変わってしまうのかというくらい、
今日は良い所が全くと言って良い程なかった。
全体的に動きが鈍く、リズムも悪く、
折角作ったチャンスもフォローがなかったり、
慌ててミスを連発するなど繋がりに欠け、
ボールは持っていても、バックパスが目立つなど、
相手に威圧感を与える攻めの姿勢が足りなかった。
相手の動きが良かったというよりは、
自滅している感じだった。
昨季までの悪い時の水戸の試合を観ているようだった。
逆に相手は水戸がやりたいサイドからのアタックや、
積極的にボールを奪いに行ってチャンスを作り出す
しぶとさを終始見せ付けていた。

そして前半26分、水戸の隙だらけの守備を逃さず、
先制点を奪われてしまった。
水戸も前半40分に、
FW荒田選手が、持ち味の迷わず振り抜く
積極的なシュートがゴールネットを揺らし、
ようやく同点に追い付いた。
しかし、特筆すべきはそれだけだった。

部分的に鋭いプレーを見せることもあったが、
全体的に運動量が上がらない歯痒さは変わりなく、
チェックが甘く、温(ぬる)いプレーを続ける水戸は
相手に威圧感を与えられぬまま、
怠慢な動きから後半31分に勝ち越し弾を、
更に同44分には駄目押しとなる3失点目を許した。
前節のような執念は最後まで見られず良い所なく敗れた。
不甲斐ないというか、ただ情けなかった。
いつもなら勝っても負けても
観客席からそれなりに拍手があるものなのだが、
今日はそれすらほぼ皆無だった。
時に、負けることは恥ずかしいことではないが、
今日はあまりにも負け方が悪かった。

上位陣相手とそれ以外のチームとの戦いに
モチベーションの違いがあるように思えてならない。
強いチームには締まった試合運びで善戦し、
勝てそうなチームには自滅して勝ち点を取り零す。
J1に行ける潜在能力はあるのに勿体ない限りである。
今節の最下位転落こそ免れたが、
第10節まで終わって1勝しか挙げられておらず、
浮上のきっかけはなかなか見えてこない。
まずは今季ここまで1試合しかない、
無失点に抑える試合が増えて来ないことには
なかなか勝ち点が伸びて来ないと思う。

▼第10節:●1-3(前半1-1)、勝ち点7

|

« 飴の上に座るべからず | トップページ | 腕時計のバンド調整 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日はお疲れ様でした。
敗戦は残念ですが、次節に期待しましょう。

全く別の話ですが、
髪を切ると風邪を引くという人を知っています。
だいぶ短くなりましたね^^気をつけてください。

投稿: nami | 2008年4月29日 (火) 23時34分

素人の私にも動けていないのがよく分かりました。
泣きたいです。
でもそれでも応援を続けます。
全くしょうのないチームを愛してしまったもんだ・・・

投稿: 笑 | 2008年4月29日 (火) 23時35分

ほぼ同時にコメントありがとうございます。ちょっとnamiさんの方が早かったです。

>namiさん
お疲れ様でした。
初対戦の相手に手強さを示せなかったのは痛いですね。以後、「水戸には勝てる」と思われないためにも最初が肝心だったのですが。

風通しは良くなりました。乾きは良いですが、頭皮がさらされやすい分、気を付けます。


>笑さん
連動性がないとこうも別チームのように淡泊になるんですね。恐ろしい変わり様でした。試合は続きますがGWの戦いは、今日のようにお客さんをしらけさせることのないよう踏ん張って欲しいですね。

投稿: メークイン男爵 | 2008年4月29日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.5:

« 飴の上に座るべからず | トップページ | 腕時計のバンド調整 »