« けんしん巡りの旅 vol.11 | トップページ | お花見サイクリング »

2008年4月 6日 (日)

第8回さくらロードレース/桜川筑西IC開通イベント

今日は第8回日立さくらロードレースに出場しました。
今回が実質2回目の参加ですが、
駅前の平和通りで開催されている
「日立さくらまつり」の見物客と相俟って、
相変わらずの人出でかなり混み合っていました。
080406ic021





毎度ながら、準備不足は否めず、
自己記録更新を狙う以前の問題となっていますが、
今回気分的なコンディションは問題なしでした。
一方で、直前まで体を休ませなかったせいで、
脚の疲れが抜け切らず、腰や肩にも違和感があり、
肉体的には万全の状態とは言えませんでした。
「もう少し早めに準備し始めていれば」
「普段からそれなりに練習していれば」
というのはいつもレースの前後に思うことですが、
今回もその反省を生かすことは出来ませんでした。
救いは、昨年も同じ10kmを走っていて、
コースがある程度分かっていることでした。

スタート直後から足取りが重く、
先行きが不安になりました。
しかも、「直前の水分補給がちょっと足りなかったな」と
走り始めてすぐに思いました。
天気も良く暖かかったので、
「早く給水ポイントに行かねば」と思いました。

2kmを過ぎた辺りで一時的に幾分体が楽になり、
その後5km地点辺りまでは、
ペースが遅かったのも大いにあると思いますが、
思っていた程遠くなかったように感じました。
(ただ、肉体的には相当応えていましたが)。
やっと待ちに待った給水ポイントに辿り着き、
かなりしっかり飲んでしまいました。

ただでさえ疲れてくると全身の筋肉が強ばってきて、
自然と猫背気味になったり、
肩を使わずに脚だけで前に進もうとしてしまいがちなのに、
相変わらずアップダウンが激しいコースなので、
それだけでも相当体力を消耗してしまいましたが、
走る姿勢が乱れないようにずっと気を付けていました。
特に肩や首回りに疲労を感じてくるので、
肩を使った走りが億劫になってくるのですが、
我慢して動かすようにした方が確かに疲れ難い気がして、
正しい姿勢を維持した方が楽なんだなと感じました。

その甲斐あってか、ようやくラスト2kmを切った辺りで、
再び少し体が楽になり始めました。
最後に2度長い上り坂があるのですが、
体力がかなり消耗している状態にも拘わらず、
かなり力強く上れました。

そして徐々にゴールが近付いてきた頃、
俄かに沿道の見物客がざわつき始めました。
かぶり物をしている人がすぐ後ろを走っていることは
すぐに察しが付きました。
そして徐々に視界に入ってきて遂に抜かされました。
見るからに暑苦しそうでしたが、
そんな人に抜かれていくのを黙って見送ってしまうような
自分の体力のなさがひどく情けなくなり、
突如競争意識に火が付きました。

沿道の方々の声援は本当に有り難いなと思います。
見られる恥ずかしさもありますが、しかし、
ずっと選手たちに声を掛け続けて下さっている方などの
声援は疲れている時こそ励みになりますし、
応えはしませんがちゃんと耳に心に届いています。
けれども、この「かぶり物」が現れてからというもの、
注目も声援も彼に一身に向けられているように感じ、
最早あまり彼らの眼中にないであろう
平凡な「なり」の私だって懸命に走っているのに、
その特別視が何となく癪に障ったというのもありました。

向こうにその気はなかったと思いますが、
引き離されそうになるのを堪えて抜き返したりして、
デッドヒートの末に何とか競り勝ちました。
記録は1時間4分台でした
(この大会はチップ読み取り機がゴールにしかないので、
実際にはスタート直後にほとんど歩いているだけだった
1、2分くらいは差し引いて考えさせて欲しい所です)。
無事10km完走出来て良かったです。
080406ic025





その後、桜川市へ移動しました。
いよいよ来週12日に迫った
北関東自動車道「桜川筑西IC―笠間西IC」開通の
記念イベントに参加するためでした。
取り分け、記念ウォーキングという、
開通前の道路を実際に歩けるイベントが楽しみでした。
2kmと8kmコースがあったので、
勿論8kmに挑戦するつもりでした。
折角貴重な経験が出来る訳ですからね。

しかし、8kmコースの受付締切に間に合わず、
2kmでの挑戦で我慢せざるを得なくなりました。
というのも、シャトルバスで2kmなり8km先まで送迎し、
イベント会場までひたすら帰ってくるという
方式だったので融通が利かなかったのです。
まぁ10km走った後に8km歩こうとしていたこと自体
無謀ではあったのですが。

本当はもっと見たかったのですが、
岩瀬トンネル手前~桜川筑西ICまでの距離を
歩いてきました。

(▼岩瀬トンネル。全長は何と2810mもあるらしい。)
080406ic038




(▼岩瀬トンネルから桜川筑西ICへ向かう。)
080406ic083




(▼イベント会場に帰還。かなり賑わっていた。)
080406ic024




(▼これより先の本線上が今回のイベントの
臨時駐車場として使用されたが、
まだほとんど手付かずの状態に近かった。)
080406ic006_2




もうほとんど開通を待つばかりのようでした。
それと、以前このIC周辺の国道50号では、
道路拡張工事が行われていましたが、
今日行ったらほぼ仕上がっていました。
きちんと開通に間に合わせてくる辺り、流石です。
因みに、下の写真が約1年前の付近の様子です。
当時はまだ片側1車線でした
(比較する現在の写真がなくてすみません)。
080406ic012

|

« けんしん巡りの旅 vol.11 | トップページ | お花見サイクリング »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

1時間4分は立派な記録です。
最後の苦しいところを「かぶりもの」と走って、気分転換できたのもよかったですね。(笑)

高速道路を歩けるなんて、滅多にないー開通後はあってはならないー経験が出来るんですものね、こういうイベントは面白いと思います。
今回初めて参加して、病み付きになりそうです。(笑)

投稿: 笑 | 2008年4月 7日 (月) 06時24分

昨年の大会で初めて1時間を切れたことを考えると、到底満足出来る結果ではありませんが、コンディションの割にはまずまずでした。

いつか、ここを通った時に「この辺に座った」などと言えますね。トンネルの向こうが分からなかったのは残念です。

投稿: メークイン男爵 | 2008年4月 7日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回さくらロードレース/桜川筑西IC開通イベント:

« けんしん巡りの旅 vol.11 | トップページ | お花見サイクリング »