« 絶対的なスターの台頭を願う | トップページ | 給油で自身3度目の“当たり” »

2008年4月25日 (金)

モグラ・ザリガニ・ヤゴ

「モグラ」、「ザリガニ」、「ヤゴ」。
これらの生物に共通すること、
それは稲作農家にとって厄介な存在だということです。
何故なら、これらには土に穴を掘って潜るという
習性があるからです。

畔(くろ)(田圃の周囲や他の田圃との境目の部分)に
コンクリートや波トタンなどを使う場合もありますが、
一番オーソドックスな畔の作り方は
田圃の土を盛って固めるだけなので、
これらの生物が畔に穴を掘ることは容易であり、
そうなると折角張った水が漏れてしまうのです。
しかも、折角穴を埋めてもイタチごっこ状態で、
水を張っている期間中は常に注意せねばならず、
一般の人には可愛い存在でも、
稲作農家にとっては憎たらしい相手という訳です。

モグラの場合は通り道を塞ぐしかないのですが、
ザリガニやヤゴの場合、
残忍な話なのであまり具体的には書きませんが、
それぞれ殺められます。
ただ、私は虫や魚を触ることすら苦手ですし、
そんな残酷なことは胸が痛んで出来ないので、
見付けたら排水路などに逃がすのが精一杯です。
ヤゴもトンボになってしまえば何ら問題なく、
ザリガニも実際はほとんどが鳥の餌になってますが。

ところで、田圃の中のあちこちに蛙の卵が見られました。
最近、疎(まば)らに鳴いているのは
冬眠から目覚めた輩たちのようです。
これらが孵ってオタマジャクシが蛙になってくると
かなり騒がしくなる訳ですねぇ。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約55分、1750m。最初の25mは何とか息継ぎなしで泳いだ。体調は相変わらず芳しくなかったが、昨日までよりは良くなったので、クロールや背泳ぎなども比較的泳いだ。

|

« 絶対的なスターの台頭を願う | トップページ | 給油で自身3度目の“当たり” »

四季」カテゴリの記事

コメント

最近は虫や小動物に触れない人が多いですよね。
去年、ブログでそれを知って(私が突っ込んだ?ー笑)ビックリしましたが、ロキも同じようなものなので安心してしまいました。フフフ・・・

もぐらは、うちの庭でもイタズラもので、草木を倒してしまいます。
ザリガニは男の子達が田圃に捕りにいったっけ。
ヤゴもトンボになってしまえば益虫なのにね。
それをそっと逃がしてやる男爵くんの優しさが好きです。

投稿: 笑 | 2008年4月25日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モグラ・ザリガニ・ヤゴ:

« 絶対的なスターの台頭を願う | トップページ | 給油で自身3度目の“当たり” »