« 山海館&アクアマリンふくしま | トップページ | 白河フラワーワールド »

2008年5月 6日 (火)

HH観戦記2008 vol.6

GW最終日にして一番の好天に恵まれた今日、
ホーリーホックのホーム戦が行われた。
ここ3試合連続3失点を喫するなど、
開幕10試合での平均失点が2点を超え、
遂に前節のアウェイ戦で最下位に転落した。

あまり昨年の成績は引き合いに出したくはないが、
開幕から11試合勝てなかった
記録的泥沼スタートの昨季と比べると、
攻撃的で得点も決まる今季の開幕当初は、
期待を抱かせるには十分な内容が続いた。
第3節には早くも1-0で今季初勝利を挙げ、
昨年のような思いはしなくて済みそうだと思った。

しかし、それから前節まで7試合連続で2失点以上喫し、
必然的に勝ち星からも見放され続けた。
気付けば、第1クール最終戦で初勝利を挙げ、
第1クールの成績が1勝3分け8敗(12試合)だった昨季と
ほぼ変わらない1勝4分け5敗(10試合)という成績で、
波に乗れないまま不本意な結果が続いている。

結果を出したいという思いは選手達にしても同じようで、
今日は序盤から動きに本来の鋭さが戻っていた。
前半は一進一退の攻防で、0-0で折り返した。
暑さや連戦の疲れもある中で、
勝とうという強い気持ちが見えた。
後半もやはり一進一退の状態が続き、
水戸もゴール前まではなかなかよく攻めていたのだが、
シュートを決めるには至らなかった。

そして後半18分に遂に先制点を許してしまった。
圧倒的に攻め込まれていた訳ではなかっただけに、
悔やまれる失点であった。
これで8試合連続失点となった。
気持ちを切り替えて臨んで欲しい所だったが、
その後、徐々に攻守の切り替えが鈍くなり出した。
ラインが下がり気味になって、中盤が間延びしたり、
逆に上がりすぎてカウンターを食らいそうになったりと、
全体的なバランスが少しずつずれ始めていた。

それでも何とかしようという気持ちは見えたのだが、
後半37分にDF大和田選手がこの日2枚目の警告で
痛恨の退場処分となって一人少ない状況になり、
追い上げるには厳しい展開となってしまった。
直後に攻守に渡って活躍していたMF堀選手が交代となり、
攻撃の幅が益々狭まってしまったように感じた。
そして後半43分には平凡な2点目を許してしまい、
窮地に追い込まれた。

せめて1点くらいは返して欲しかったがそのまま敗れ、
今季初の2試合連続無得点に終わった。
8試合勝利なしで、最下位を“がっちりキープ”した。
悲しいことに次節も結果に関係なく最下位のままである。

試合後、最近の試合内容もさることながら
ホームで良い所なく敗れた選手達へ
サポーターから激しいブーイングが浴びせられた。
連戦の疲れがあるのは分かっているが、
プロである以上それなりの結果が求められている。
少なくとも前回のホーム戦よりは悪くなかっただけに、
もっときっちり守っていれば失点は防げた筈だ。
私には最早叱咤激励する気力すらなく、
ただそれを傍観していただけだった。
長くなってしまったトンネルから早く抜け出して欲しい
―今はただそれだけである。

▼第12節:●0-2(前半0-0)、勝ち点7


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約50分、1850m。最初の25mは息継ぎなし。途中、思い付きでクロールの大体のタイムを計ってみようと思い、スポーツタイマーで計ってみた。50mを2回計測したが、思ったように体が進まず、いずれも55秒くらいだった。これは小学5年の頃の記録なので、いくら鈍っているといってもちょっと物足りなかった。その後は普段通りタイムを気にせず泳いでいたが、しばらく泳いでいた時、ふと手の掻き方と進み具合が良い感じだったので、もう一度タイムを計ってみることにした。すると約45秒とまずまずの結果が出た。続けてもう一度計ってみると、今度は約42秒くらいで、今の状態を考えればほぼ満足のいく結果が出た。目線をやや下の方にし、掻いた手を前に出す時に滑らせるようなイメージで泳いだのが良かった。その後も今日はなるべく無駄のないフォームを意識しながら泳いでみた。途中で、100m個人メドレーも入れてみた。時間があれば2000m泳ぎたかった。

|

« 山海館&アクアマリンふくしま | トップページ | 白河フラワーワールド »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この前のホーム戦のイメージ、アウェー鳥栖戦の様子によると、今日はどんな試合になるか、非常に怖かったです。
でも互角に(ひいき目ー笑)闘っている姿に安心していました。
メンバーもでき得る範囲でのベストメンバーだし。
が、西野選手の交代があり、ちょっと不安を感じてもいましたが、その通り、無得点になってしまいました。
怒っても仕方ありません、信じてついていくだけです。

投稿: 笑 | 2008年5月 6日 (火) 21時23分

塩ちゃんがちょっと浮き気味でしたね。FWは西野、荒田両選手は良いのですが、他は得点を挙げる気配が感じられないのが不安要素です。西野選手が早々と交代してしまったのは苦しかったですね。あとは、もっと開幕当初のラインを上げるスタイルを徹底して欲しいです。

投稿: メークイン男爵 | 2008年5月 7日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.6:

« 山海館&アクアマリンふくしま | トップページ | 白河フラワーワールド »