« 星新一ワールド | トップページ | 「おかあさんといっしょ」 »

2008年5月18日 (日)

HH観戦記2008 vol.7

今日のホーリーホックのホーム戦は
今季初のナイターで19時4分キックオフだった。
水戸は4連敗中で9試合勝利から遠ざかっており、
9試合連続複数失点中で迷宮に入り始めていたが、
何日か前辺りになって突然、
「結果が出なかろうとどんなに苦境に立たされようとも、
ひたすらチームを信じて応援するだけだ。
何度でもかかってこい」という風に、
気持ちは静かに悟りの境地に達した。
08051814016




FW西野選手に加え、チームの要でもある
MFビジュ選手までも肉離れで戦列を離れてしまい、
これまでの状況を考えるとかなり心配ではあったが、
1週間試合がなく、久し振りに体も休められたと思うので、
どれだけ選手が自信を持って動き回れるかどうかが
長いトンネルを抜ける鍵になるだろうと思った。
今の状況を見ているとそれがいつになるのか分からず、
最早「今日こそは勝てると思う」という
予測を立てることさえ無意味なことに思えてきたが、
「水戸の力はこんなもんじゃないという悔しさをぶつけて
早く周りを見返してやれ」と心の中でエールを送った。
また、100試合出場となったDF大和田選手や
怪我から復帰したDF小澤選手の存在は心強かった。

先日加入したばかりの朴柱昊(パク・チュホ)選手を
いきなり先発起用してくるのはある程度予想していたが、
流石に韓国で実績がある選手なだけあって、
なかなか動きも良くて危なげなかった。
それに、全体的に積極的な動きも見せていて、
決して悪くはなかったのだが、
しかし、そんなに良かったとも言い難かった。
チャンスも作っていたがその分ミスやピンチも目立った。
前半はそれでも何とか0-0で折り返した。

ここまではまだ良いのだ。
だが今季の水戸は後半の失点が異常に多い。
特に後半の中盤から終盤は魔の時間帯なのだ。
だから前半0-0というのは最低限の結果でしかなく、
後半のことを考えると少しも喜べなかった。
後半も序盤こそかなり積極的に攻めていたが、
如何せん攻撃に掛ける人数が少ないのが気になった。
失点の多い守備を立て直そうという意識が
あったのかもしれないが、
攻守の切り替えの遅さが相変わらず気になった。

お互いに決め手を欠いたまま時間が過ぎていった。
電光掲示板を見遣ると後半26分くらいになっていた。
1-0で唯一勝利した第3節以外除けば、
この時間帯まで無失点で凌いでいるのは記憶になかった。
そして、改めて0-0というスコアを見て、
「ここまで折角無失点で凌いでいるんだから、
1-0って表示が早く見たいんだよなぁ」と思った。

だがどうも試合内容がピリッとしない。
「もっと気合い入れて攻め込まんかい!」
とピッチを見ているうちに応援魂の導火線に火が付いた。
私は応援のギアをオーバートップに入れた。
全力で応援すれば選手が何とかしてくれそうな気がした。

そして、後半31分に左CKを得た。
それまでCKやFKのチャンスを生かせずに居た水戸だが、
これをニアサイドのDF平松選手がヘディングで合わせ、
綺麗な弧を描いてゴールネットの右隅へ吸い込まれた。
これまで失点の多かったこの時間帯で、
待望の先制点を挙げられたのだから嬉しさこの上ない。
しかもこれによって選手たちも活気付いたと見え、
俄然動きが積極的かつ攻撃的になった。
その割にはミスも相変わらず目立ちまくっていたが、
勢いで押しまくっていた感じだった。

最後まで足が止まらなかった水戸が連敗を4で止め、
10試合ぶりとなる今季2勝目を挙げた。
内容的にはCKからの1点止まりで、
流れも決して良かったとは言い難いが、
無失点に抑えられたのも10試合ぶりだし、
久し振りに勝ち点3を取れたことが何よりも大きかった。
この間、前社長の不祥事による辞任や、
鬼塚強化部長の解任、初代社長のご逝去など
立て続けにいろんなことが起こっていたが、
約2ヶ月ぶりにようやく勝利を手に出来てホッとした。

たった2勝目だが、
現社長就任後初勝利ということもあって、
試合後は万歳三唱まで起こってしまう始末。
「どれだけ勝利に飢えたチームなんだ」と
思わず笑ってしまいそうだが、
それだけ水戸にとっては1勝の重みが違う。
そんな瞬間を味わう度に
「応援してて良かったな」と思う。
勝ち点もようやく2桁に乗った。


▼第14節:○1-0(前半0-0)、勝ち点10

|

« 星新一ワールド | トップページ | 「おかあさんといっしょ」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

やっぱり勝利の味は最高です。
内容はイマイチだったので、まだまだ課題は残りますが。

勝利がいい起爆剤になってくれることを祈ります。

投稿: 笑 | 2008年5月19日 (月) 05時55分

どっちに転んでもおかしくない試合でしたが、勝ってる他のチームだって案外そんなもんで、きっと完勝とか90分間理想の展開で試合を支配するなんて方が少ないとも言えますよね。紙一重なんでしょうね。

投稿: メークイン男爵 | 2008年5月19日 (月) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.7:

« 星新一ワールド | トップページ | 「おかあさんといっしょ」 »