« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

2008年5月24日 (土)

琴欧洲関初優勝

大相撲で今場所カド番で臨んだ大関・琴欧洲関が、
カド番から一転、見事な初優勝を飾りましたね。

勢いに乗って大関に昇進した所までは良かったのですが、
怪我の影響が大きかったと思いますが、
大関になった途端に成績が伸び悩むようになって、
しこ名を「琴欧州」から改めたりしたものの、
毎場所ぎりぎりで勝ち越しているような状態が続き
不甲斐ない大関陣を奮起させる起爆剤になって欲しいと
期待していただけにちょっと物足りなかったのですが、
今場所は持ち前のダイナミックで力強い相撲が戻り、
初日からの12連勝などで優勝争いトップを走り続け、
久し振りに横綱以外が賜杯を手にすることとなりました。

今場所は琴欧洲関に本来の力強さが戻ったことに加え、
両横綱共に場所中に負傷した影響などもあって、
安定している両横綱には珍しく相次いで黒星を喫するなど
まさに琴欧洲関の初優勝に向けてまたとない追い風が
吹いているのを感じました。

優勝が懸かった昨日の一番では緊張からか
立ち会いからして全く良い所なく敗れましたが、
今日は「絶対今日こそ決めるんだ」という強い意志が
伝わってくるような気迫溢れる相撲で圧勝し、
誰もが納得の優勝となりました。
まだ明日も取り組みがあるので気は早いですが、
この調子で来場所は綱取りを狙って欲しいです。
個人的には稀勢の里関(牛久市出身、鳴門部屋)
の躍進が一番気になる所ですが。


女子バレーもオリンピック出場が決まって良かったです。
今日のタイ戦ではデュースまで持ち込みながら
2セットを落としてしまいましたが、
昨日まではそういった接戦を粘ってものにし、
非常に粘り強い内容が続いていたので、
今まで以上に強さを感じましたし面白いと感じました。
そこに来て今日はなかなかリズムに乗りきれず、
3セットが終わって1-2と先に王手をかけられ
崖っぷちに立たされた時は
どうなるかと冷や冷やしましたが、
何とか6連勝を果たしてくれてホッとしました。

今大会では最早セット率は関係ないですが、
強豪が出場する他の大会では
セット率で順位が大きく変わってきてしてしまうので、
相手に1セットも取らせないつもりで臨んで欲しいです。
明日も勝って全勝で締めて欲しいです。


話は変わりますが、
今日泳いだ後に風呂に入っていたら、
見覚えがあるような人が入ってきました。
一瞬人違いかと思ったのですが、
目が合った瞬間にピンと来て、
「あ、多分ホーリーホックの選手だ」と気付きました。
でも、選手は全員顔と名前は覚えている筈なのに、
咄嗟に出て来なかったので話し掛けられませんでした。

彼は一瞬浸かってすぐに出て行ってしまったので
尚更声を掛ける暇もなかったのですが、
その後も私はずっと
「思い出せそうなんだけど誰だったっけかなぁ」
と必死で考えました。
それから5分くらい考えた続けた末、
「そうだ、星野選手だ!」と思い出しました。
(なかなか思い出せなくてごめんちゃい)。
「アハ!体験」(脳科学者・茂木健一郎氏)しました。

昨年は前田監督(当時)と鬼塚強化部長(当時)や、
金基洙選手、鈴木和裕選手、大橋選手などを
プライベートで見掛けましたが、
今年はこれが初めてでした。
水戸に住んでいるから当たり前なのかもしれませんが、
思い掛けない所で見掛けるのは嬉しいです。
(今回のはいくらなんでも思い掛けなさすぎですが)。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・キャッチボール:約30分。やっぱり短時間にも拘わらずくたくたになった。
・水泳:約40分、1400m。かなり空いていたので気持ち良く泳げた。最初の25mは息継ぎなし。昨日より体が軽い気がした。特に背泳ぎは良い感じで泳げた。今日は平泳ぎもしっかり泳げたが、バタフライだけは肩の痛みがまたひどくなるといけないので避けた。

|

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琴欧洲関初優勝:

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »