« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | とうとう飲み切った »

2008年6月28日 (土)

HH観戦記2008 vol.11

今日はホーリーホックのホーム戦を観戦してきた。
ひたちなか市総合運動公園陸上競技場での試合は
早くも今季2戦目ということになる。
天気に恵まれ、日差しが強く暑かった。

今日の相手は過去1度も勝利を奪えていない難敵だった。
とは言っても、何度も勝てそうな試合を見ているので、
手も足も出ないという意識はないのだが、
どういう訳か勝つことが出来ない。
取り敢えず、前半は接戦に持ち込んで、
暑さでばててくる後半勝負かなという予想を立てていた。

が、予想に反して、前半4分に早くも試合が動いた。
相手のクロスボールに対し落下点で競り合いとなったが、
「押した」うちに入らないような何でもないようなプレーで
ファウルを取られてFKを与え、
これを直接決められあっさり先制されてしまった。

これがまさかこれから起こる波乱の幕開けになろうとは。
続く前半19分、相手の速攻に対応が遅れ、
何とかファウルして阻止したものの、
ペナルティエリアの外にも見えたがPKの判定。
GK本間選手が珍しく猛抗議していたが判定は変わらず、
これをきっちり決められ2失点目。

更に前半23分にはGKの位置を見てその裏を就く
絶妙な超ロングシュートが決まってしまい3失点目。
水戸が立て直しを図る前に次々と失点してしまった。
今季最多に並ぶこの早々の3失点はあまりに重く、
あまり審判云々は言わないようにしているが、
終始不可解な判定が目に余ったので、
少なからず試合を壊されたと言いたくもなった。

水戸ベンチのゲームプランがかなり狂ったに違いない。
ただ、得点の上では「完敗」と見られても仕方ない
0-3という絶対的不利な状況に立たされていたが、
ほとんどがセットプレーでの失点であり、
いずれも守備を崩されての失点ではなかっただけに、
スコア程「やられている」感じはなかった。

しかし、水戸もパスが繋がらず、
なかなか自分たちの攻撃の形を作れない時間帯が続いた。
前半30分頃、ゴールラインを割ったかのように見えた
惜しいシュートが一度あったのだが、
GKのセーブという判定で得点にはならなかった。
試合前は「接戦に持ち込んで欲しい」と思っていたが、
まさか0-3で前半を折り返すことになるとは思わなかった。

だが、繰り返すようだが、
試合内容ではスコア程の力の差は感じていなかった。
相手の水戸に対するイメージから考えて、
内心もう試合は決まったも同然だと思っていただろう
(むしろ何点取れるかに興味は移っていただろう)が、
失点した時間が早かったこともあり、
まだ逆転の可能性は十分にあると私は思っていた。

確かに厳しい展開になってしまったことは事実だし、
ちょっと水戸の方がレベルでは劣るかなとは思ったが、
点差が開きすぎたことによる選手のモチベーションや
暑さや過密日程による体力の心配はあったものの、
選手達が諦めてさえいなければ、
「後半4点取って勝ちましょう」というスタジアムDJの
発言にしてもあながち空言だとは思えなかったのである。


後半に入って徐々に攻撃の形を作れるようになってきた。
そして、MF村松選手を投入した直後の後半10分に、
右サイドからの絶妙のクロスに反応したFW荒田選手が
きっちり流し込み1点を返した。
まだ2点差あってどうなるか分からなかったが、
取り敢えず1点返したことは大きいと思った。

これが反撃の狼煙(のろし)とはいかず、
結果的に1点返すのが精一杯だったということもあるが、
今日の水戸はここから更に脅威的な粘りを見せた。
押し気味に試合を進める水戸は
何度かあった絶体絶命のピンチも体を張って凌ぐと、
後半25分に村松選手が2点目を挙げ、
1点差に迫った。
頭の中ではそういう理想を描きながら観戦していたが、
現実はなかなかそううまくはいかないものだ。
それが今日は嬉しさ半分、驚き半分の展開になった。

しかも奇跡的な追い上げはこれで終わらなかった。
後半28分に左サイドでFKを得ると、
今度は水戸がセットプレーのお返しをする番となり、
距離は遠かったがゴール前に良いクロスが入り、
それをDF大和田選手がヘディングで叩き込んだ。
サッカーで3点差というのはかなり大きな差だ。
野球で例えるなら4回を終わって0-8くらいの
厳しい展開だったと言っても過言ではなかった。
だが、教科書通り自分たちのサッカーに徹し、
1点ずつ返していった結果、
とうとうその3点差を追い付いたのである。
これは少なくとも、私にとっては初めての経験である。

後半に入って明らかに水戸が押していた。
相手も水戸の怒濤の攻撃に圧倒され、
かなり慌てていたのが見て取れた。
逆境に立たされた水戸が凄まじい集中力を見せ、
相手にプレッシャーを掛けるような波状攻撃を
次々と仕掛け続けていたからだ。
今までも、「こういう劣勢に立たされた時こそ、
兎に角攻めるしか勝つ方法はないのだから、
どんどん前を向いて攻めて欲しい」と思っていたが、
何を恐れるのか消極的な動きになることが多かった。
しかし、今日は違った。
この開き直りとも言うべきがむしゃらさこそ、
勝利のために最も大事なことなんだろうと思う。


兎も角、遂に試合を振り出しに戻すことに成功した。
これだけでも十分評価に値することだが、
「今日は楽勝」と甘く見ていた輩を見返すためにも、
水戸が押せ押せムードになっていたことを考えても、
劇的な逆転で初勝利を、という欲が出たのも当然だった。

しかしながら、同点に追い付いた後の水戸は、
浮き足立ってしまったのか勝負を慌てたのか、
ミスなどでボールをキープ出来なくなり始めた。
そして、後半32分にサイドの高い位置でFK与え、
「取り敢えず跳ね返してくれ」と願う視線の先で、
無情にも今季ワーストとなる4点目を取られてしまった。
つくづく今日はセットプレーでやられた。

その後は再び立て直して
再三ゴールを脅かし続けた水戸だが、
5分に及ぶ長いロスタイムですら足りないと感じるくらい
最後まで攻め続けた執念も空しく、
再び追い付くことは出来なかった。

つくづく前半の3失点は余計だった。
せめて引き分けで終わって欲しかった。
また、不可解な判定で水戸に6枚もイエローが出た。
これで退場者が出なかったのは奇跡だろう。
つまらない試合にしてくれたと思いたくもなる。
その中でこれだけ粘って盛り返した選手達は、
中2日という日程の中で根性を見せてくれたと思う。

これで3連勝の後、4連敗となってしまった。
今日のも3点追い付いた粘りは褒められるが、
4点も取られたことは反省すべき点であり、
まだまだチームとして発展途上と言わざるを得ない。
だが、勝ち点が全く伸びない歯痒さはあるが、
タフになってきた水戸の成長ぶりを見た気がした。

▼第23節:●3-4(前半0-3)、勝ち点19


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約55分、1600m。今日も軽めに泳いだ。

|

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | とうとう飲み切った »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いい試合でしたね。
その分、きちんと審判してよとも言いたくなりました。
公平に闘って、公平な審判のもとで、公平な試合結果を見たかったです。
選手たちが成長してくれたのがとってもうれしい!

投稿: 笑 | 2008年6月29日 (日) 08時09分

PKになると防ぎようがないのでいつも切なくなります、まぁ明らかに押し倒してしまいましたが。
紙一重とは言え、どれも直前のプレーできっちり守っていれば凌げたような失点だったので悔しいものがあります。

投稿: メークイン男爵 | 2008年6月29日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.11:

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | とうとう飲み切った »