« 汗ダクッスホント | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

2008年8月10日 (日)

HH観戦記2008 vol.14

J2リーグは今節、早くも第2クール最終戦を迎えた。
今季は3回戦総当たりなので
これは即ちシーズンの2/3が消化されたことを意味する。
今季の水戸ホーリーホックは
ここ数年で最も期待出来る戦力、試合内容ながら、
もう一歩の所で勝ち点を稼ぎ切れない試合が多く、
未だ15チーム中12位と下位に沈んでいる。
とは言え、中位は団子状態であるため、
数試合で大きく順位が上がる可能性はあるのだが、
ここぞという所でもう一伸びが足りず、
なかなか中位に食い込めそうで食い込めない。
そんな状況が歯痒くて仕方ないのだが、
今節もまた、「何故未だに下位に甘んじているのか」という
問いの答えでも示すかのような試合となってしまった。


今日、ホーム・笠松でその第2クール最終戦が行われた。
私は私用のため今節の観戦はパスする覚悟もあったが、
水戸のJリーグ通算100勝目が懸かった試合であったことや、
相手が相手なだけに結果を知るだけでは
物足りなかったこともあって、
何とか後半開始前に駆け付け観戦した。

前半については後からダイジェストで確認した所によると、
18分に、やらなくても良いような先制点を許したものの、
同41分に右サイドからのクロスにFW荒田選手が
ヘディングで合わせて同点に追い付いたらしかった。
荒田選手は4試合連続ゴールの後1試合挟んで
再び3試合連続でゴールを決めたことになり、
ここ8試合で7得点は実に頼もしいエースの働き振りであり、
得点ランキングでも今季12得点で5位タイにつけた。

そんな前半の内容を直に観ることは出来なかったが、
何しろ前回の対戦で苦汁を嘗めさせられた宿敵相手に
リベンジに燃える第2クール最終戦での対決、
しかも通算100勝目が懸かっているホーム戦と来れば、
是が非でも勝ちたい試合であったため、
サポーターの気持ちの高ぶりも相当なものがあり、
異様な熱気がスタジアムを包んでいるように感じられた。

これはピッチ上の選手にしても無論同じことで、
凄まじい気迫の籠もったプレーからそれが伝わってきた。
後半立ち上がりから球際のプレーに対して、
豊富な運動量で徹底的に厳しさを見せ付け、
相手を完全に圧倒して主導権を握ると、
後半4分には良い攻めから最後はCKを得て、
これをDF平松選手がヘディングで決めて
後半開始早々に逆転に成功した。
観客席のボルテージは最高潮に達した。

その後も惜しいシュートが幾つかあり、
すぐにでも追加点が取れそうな雰囲気があったのだが、
圧倒的に攻めていたにも拘わらず、
それから間もない後半8分にサイド突破を許し、
脆くもあっさり同点に追い付かれてしまった。
これも実に勿体ない失点だったと思う。

とは言え、圧倒的に攻めていた水戸の行け行けムードが
それで断ち切られた訳ではなく、
気を取り直して尚も果敢に仕掛け続けていた。
けれども、相手の決定的なミスを生かせなかったり、
逆にボールを奪う所まで良くても、
その後慌てて攻め急いでパスミスを犯すなど、
みすみす相手に渡してしまう致命的なミスを連発するなど、
ボールを持っている割には繋がりが悪くなり始め、
自分たちのミスから徐々に流れを失い始めた。

しかも、後半20分過ぎになると、
頼みの運動量までもが明らかにガクッと落ちてしまい、
全体的にラインが下げすぎな状態になってしまったため、
攻撃に厚みを持たせることが出来ず、
なかなかチャンスらしいチャンスを作れなくなってしまった。
逆に、ボールに対する執念は
相手の方が鋭くなってきたように感じた。

それでも試合内容では優位に立っていただけに、
このままずるずると時間だけが過ぎ、
引き分けになってしまうのは嫌だったが、
後半40分に相手DFが2枚目の警告で退場となっても、
最早プレーにあまり気迫やキレが感じられず、
結局そのまま試合終了のホイッスルが鳴った。
勝ち点2を逃した気分だった。

相当蒸し暑かったので辛かったとは思うが、
折角2得点したのに2失点は勿体ないと思う。
こういう試合で勝ち点3を挙げられない歯痒い所が
順位があまり上がらない結果として現れているのだろう。
第3クールでの巻き返しを切に願う。
あと、途中出場したMF眞行寺選手が、
通算100試合出場を達成した。

▼第30節:△2-2(前半1-1)、勝ち点32


☆J2順位表(第30節(第2クール)終了時点)
①サンフレッチェ広島…勝ち点65
②モンテディオ山形…勝ち点50
③サガン鳥栖…勝ち点46
④湘南ベルマーレ…勝ち点45
⑤ベガルタ仙台…勝ち点45
⑥セレッソ大阪…勝ち点42
⑦ザスパ草津…勝ち点42
⑧アビスパ福岡…勝ち点39
⑨ヴァンフォーレ甲府…勝ち点36
⑩横浜FC…勝ち点34
⑪FC岐阜…勝ち点33
⑫水戸ホーリーホック…勝ち点32
⑬愛媛FC…勝ち点27
⑭ロアッソ熊本…勝ち点25
⑮徳島ヴォルティス…勝ち点19

|

« 汗ダクッスホント | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日は間に合わないかと思いましたよ。
それでも後半にはおいでになれてよかったです。

男爵くんは草津に押されっぱなしの前半を見ないですんでよかったかな。
ずっと後半のような動きをしていたら勝てたと思うのですが。

勝ち点3はほしいけど、なかなか手に入れるのは難しいものです。

投稿: 笑 | 2008年8月11日 (月) 06時58分

行くかどうか迷いましたけどね。
佐藤さんのレポートを読む限りでは結構褒めてますが、そんなに押されっ放しだったのですか?
後半からだとどうしても前半の流れを分からずに観ることになるので、やっぱり行く以上は前半から観たかったですよ。

投稿: メークイン男爵 | 2008年8月11日 (月) 22時58分

佐藤さんのレポートを読んで、私も不思議に思いました。
あれが作戦だったとか…?
こちらのパスミスを見逃しませんでしたからね。
前半よかったのは、大将と朴です。
彼らに助けられました。

悔しいですが、相手は上手くなりましたよ。
伊達に7位ではありません。
それが分かった試合でした。
もっとも、水戸も進歩してますからね。

投稿: 笑 | 2008年8月11日 (月) 23時53分

第3クールに期待ですね。
昨日は、朴2人+菊岡(多分)の3人を見掛けました。

投稿: メークイン男爵 | 2008年8月15日 (金) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.14:

« 汗ダクッスホント | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »