« 凄まじい抵抗 | トップページ | HH観戦記2008 vol.15 »

2008年8月29日 (金)

アクアワールド大洗&茨城県植物園

先頃友人達と行ったアクアワールド大洗と
茨城県植物園について補足的に記しておこうと思います。

まずアクアワールド大洗ですが、
地元ではかなりメジャーな観光スポットですが、
案外地元だと思うと普段はなかなか行かなかったりします。
でも行ってみると、いろいろと新鮮な発見があって、
ゆっくり楽しみたいと思うのですが、
なかなか1回ではゆっくり回り切れないので、
出来ることなら時々足を運びたいなと思います。
一人で水族館に行くというのは、
場所が場所だけに寂しさが際立ちそうな気はしますが、
自分のペースで回りたいならそれも良いかなと思います。

我が家では以前、金魚・鯉・鮒(フナ)を飼っていたので、
魚を飼うのは意外と大変だとは分かっているのですが、
熱帯魚などを見ていると癒されるので、
ちょっと飼いたいなという気持ちは本音としてあります。

そして、一通り館内を回った最後に
“イルカ・アシカオーシャンライブ サマーバージョン”
(平たく言えば「イルカショー」)も見ました。
イルカショーと言えば小学生低学年の頃に、
確か学校の遠足か何かで見に来て以来だったので、
大人になってからは初めて見たのですが、
今見ても純粋に凄いなと思いました。
0808292008033




その後、館外のペンギンたちも見ましたが、
ほとんどのペンギンが時間を止めたかのように
一斉にピタッと固まっていたのは面白かったですね。
「だるまさんが転んだ」をさせたらかなり強いと思います。
カメラを撮る方としてはシャッターが切り易かったです。
0808292008038






最初は茨城県植物園も同じ日に回る計画だったのですが、
かなり水族館でゆっくりしてしまって
時間が中途半端になってしまったので翌日に繰り越しました。
0808292008058




ほとんど夕方の頃になって行ったので、
通常の16時半閉館なら間に合わないような時間でしたが、
何とこの週末は「ナイトガーデン」という催しが行われ、
21時まで夜間開放するという特別な日程だったため、
閉館に余裕で間に合ったばかりか、
予定になかった貴重な経験まで出来ました。
0808292008089_2




「夢HIKARI」という、団体名なのかプロジェクト名なのかは
ちょっと分かりませんでしたが、
いずれにしてもこの夜の植物園中を
キャンドルの灯りでデコレーションするというもので、
どれくらいのキャンドルを用意していたのか分かりませんが、
兎に角凄まじい数のキャンドルをスタッフが手分けして
一つずつ点火していたのにはただもう脱帽でした。
勿論、それは幻想的で素敵な光景でした。

また同じ日程で、同園内にある熱帯植物園で
「ナイトツアー」という催しも行われていました。
通常であれば一度退園してしまうと
再入園は出来ないらしいのですが、
今回のこのツアー参加希望者は
再入園出来るという話だったので、
私たちはまず明るいうちに通常の散策をして、
夜になって改めてこのツアーに参加しました。
0808292008085




「ネムノキ」は夜になると葉っぱを閉じるという
ちょっと変わった植物の代表みたいなものですが、
これはほんの序の口でした。
夜にしか花を咲かせない植物や、
ネムノキのように葉を閉じてしまう植物は、
明るい時に見たそれらとは印象が違っていましたし、
受粉の媒体となるコウモリなどを引き寄せるために、
花から強い匂いを出す植物などがあって、
花が咲いた夜にしか嗅げないという匂いを嗅いだりと、
ガイドさんが案内しながら説明してくれたので、
それはもう1回の料金で2倍楽しめてしまった訳ですから、
かなりラッキーで貴重な経験が出来ました。

これらは1年の中でこの2日間限定イベントということで、
知らないで乗り込んだくせにラッキー過ぎでしたが、
他にも期間限定で行われている催しがあり、
一つはこの熱帯植物園内で開かれていた
「食虫植物展」というもので、
もう一つは「木のおもちゃ展」というものでした。
木のおもちゃ展は見た感じ小さい子向けでしたが、
木製のオセロやオルゴールには
かなり心奪われるものがありました。

とまぁそんな感じで、
当初は「結構すぐに園内を回り切ってしまうかもしれない」
という心配もあったのですが、
実際に回ってみると結構ゆっくり楽しめましたし、
時間的に丁度「ナイトコース」も堪能することが出来ました。
この日は時々雨がぱらつく天気でしたが、
散策中はそれ程降られずに済んだのもラッキーでした。

いずれにしても心が癒されました。
また行きたいと思いました。


あと、話はガラリと変わりますが、
皆さんは1回の車のガソリンの支払額が
5桁になったという経験はあるでしょうか?
数日前に家の車のガソリンがほとんど空っぽになったので、
セルフスタンドでハイオクガソリンを入れていたら、
急に給油量表示の前に「P」という文字が点灯し、
自動的に給油出来なくなってしまいました。
レバーを握ってもうんともすんとも言わないので、
「大体満タンになったみたいだから、ま、いいか」
と思って給油をやめて出てきたレシートを受け取ると、
ジャスト10000円となっておりました。
勿論私も今までこんな額は見たことないです。
10000円に達したら自動でストップが掛かるように
設定されていたのか偶然なのか分かりませんが、
1回の給油での支払額が10000円だったことだけは確かです。
08082910000





☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約40分、1500m。途中で突然遠泳したいと思い立ち、750m(クロール700m+平泳ぎ50m)ノンストップで泳いだ。最初の100mくらいでもう苦しくなってきて、フォームを気にしている余裕がなくなり始めた。200mくらいでギブアップしたくて仕方なかったが、なかなか普段はここまで無理しないので、せめて平泳ぎに逃げたいと何度も思ったが我慢した。特にフリップターンの時は息を止める時間がやや長いのでしんどかった。かつて1500mノンストップで泳いだことはあるが、純粋にクロールだけで700m泳いだのは初めてかもしれない。食後間もなかったことと、コースが独占出来なくなったので750mで断念したが、もっと記録を伸ばしたかったというのが正直な所である。とは言えかなり体力を消耗した。最近、如何に50m以上泳ぐのが億劫になっているかを痛感した。平泳ぎを中心に長めにクールダウンしたが、最後の頃はちょっと気分が悪くなった。

|

« 凄まじい抵抗 | トップページ | HH観戦記2008 vol.15 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクアワールド大洗&茨城県植物園:

« 凄まじい抵抗 | トップページ | HH観戦記2008 vol.15 »