« 「袋田の滝」に新観瀑台完成 | トップページ | 「来る」の特殊な活用形 »

2008年9月14日 (日)

HH観戦記2008 vol.16

前節のアウェイ戦で久々の無失点勝利を収め、
数試合足踏みが続いたJリーグ通算100勝をようやく達成し、
順位も1つ上がって11位に浮上したホーリーホック。
今日のホーム戦では試合前に
「100勝達成記念セレモニー」などが企画され、
対戦相手には申し訳ないくらい祝勝ムード全開でした。

県立大洗高校のマーチングバンド部「BLUE-HAWKS」が
登場するや観客の視線はその鮮やかなマーチングに釘付け。
競技場を一周している時の足並みも素晴らしかったですが、
その後のピッチ上での公演では
全国屈指の実力を遺憾なく披露してくれました。
色んな所で活動しているのはよく知られている所ですが、
なかなかしっかりと公演を観る機会はないので、
今日は凄く得した気持ちになりました。
09091435002




09091435013




キックオフ直前には100勝達成に寄せられた
水戸市長を始めとする祝辞も紹介されました。
また、選手入場の際のファンファーレも
再び登場したBLUE-HAWKSによって行われるなど、
足掛け9年で達成した大台を祝って、
ちょっとしたお祭りムードになっていました。
09091435016 




09091435024




今日のコンディションとしては、
強い日差しが照り付け、風がほとんどなかったので、
熱中症になりそうな程気温が高く、
いくら水分補給しても足りないくらいでした。
また、上の写真で見ても分かるかもしれませんが、
「気のせいかピッチの芝があちこち痛んでいるな」
と試合を観ていて思い、ちょっと気になりました。

試合は序盤から水戸が積極的に動いていました。
ここ数試合はどこか集中力に欠けているような、
覇気が感じられない試合が続いていたように思えましたが、
今日はディフェンスもしっかりと食らい付いて
チャンスを作らせまいとして抑えていましたし、
球際の競り合いでも粘り強く、セカンドボールも拾えていて、
試合内容でも間違いなく押していたので、
第1クールのような面白いサッカーが観られました。

中から外から、厚みのある攻撃を仕掛け、
ゴールも幾度となく脅かしたのですが、
相手GKの好セーブに再三阻まれるなど運もなく、
枠は捉えていてもネットを揺らすことが出来ずに、
結局0-0のまま前半が終了してしまいました。
この前半の良い流れを後半も持続出来れば、
得点の匂いや良い雰囲気はかなり漂っていたので、
勝利するのは決して難しくはないようにも思えましたが、
一方で不安がなかった訳ではありませんでした。

1つは決定機が何度かあったにも拘わらず
得点が入らなかったので、
接戦になると後々致命傷になりかねないという点で、
2つ目は、回数も少なく事なきを得ていたとは言え、
何度か素早いサイド突破やカウンターから
ヒヤリとする場面を露呈したという点でした。

3つ目は、得点するにせよ失点するにせよ、
特に今季の水戸は後半に何も起きなかった試合は
ほとんどないと言っても良いくらいで、
ここまで未だスコアレスドローがないので尚更なのですが、
今日もこのままスコアレスドローで終わるとは到底思えず、
後半に何らかの動きがあるだろうと思われ、
それも一瞬のプレーで命運を分けることが往々にしてあるので、
押しているからと言って安心出来なかったことでした。


兎も角、この試合の行方は残り45分に全て託された訳ですが、
何と私はまさにここから面白くなるという展開真っ直中の
前半終了時点で退席しなくてはなりませんでした。
前半と後半、どちらかしか観られないとしたら、
そりゃ後半を取りたい所ですが、
今回は苦渋の決断で前半を取るしかありませんでした。
前半だけの観戦というのは私にとって初めてかもしれません。

選択肢は以下のように3つありました。
①稲刈りを最優先して観戦を完全に諦める
②観戦を優先して稲刈りを犠牲にする
③何とか両者の折り合いをうまく付ける

③を選ぶとなれば、デーゲームだったため、
後半だけを観ようとすると時間が半端になってしまうので、
なるべく早く帰宅するしかなかったのです。
ここまで今季もホーム戦は全試合観戦していることや、
試合前にセレモニー等が行われることもあって、
①を選択出来ず、②もなるべく選択したくないということで、
悩んだ末にこのような苦渋の決断を下したのでした。

結果は追い付いての1-1のドローだったようなので、
最低限の結果ですが負けなくて良かったです。
(次節は試合がないので尚更勝って欲しかったですが)。
BLUE-HAWKSの公演も観られましたし、
100着限定「100勝記念Tシャツ」の予約特典(先着)の
「100勝記念マグカップ(笠間焼き)」も頂けたので満足です。
090914j100




▼第35節:△1-1(前半0-0)、勝ち点37

|

« 「袋田の滝」に新観瀑台完成 | トップページ | 「来る」の特殊な活用形 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

マグカップは使い初めしましたよ。
笠間焼らしい温かみのあるカップでしたね。

試合のほうは、後半も決定機をものに出来ずに終わりました。
しかし失点シーンも得点シーンも見られたので、
面白い試合だったかな。
今までにないくらい活発なチーム状態を見られて、次に向けて明るい気分になれました。

男爵くんは残念でしたね。
次こそ勝利を!

投稿: 笑 | 2008年9月15日 (月) 19時06分

私はいつもは買っても気にせず使ってしまうのですが、今回は取り敢えず使わずに居ようかなと思ってます。数日前、突然マグカップの取っ手がポロッと取れてしまったこともあって、笠間焼なので飾った方が良いかなぁなんて。ま、そのうち使うかもしれないですが。

相手の監督さんのコメントは厳しいものでしたね。ま、でも選手がその明るい気持ちを持って次回の試合に臨んでくれれば、良い結果が期待出来るかもしれませんね。

得点シーンが観られなかったのは残念ですが、アウェイ戦もそんな感じですし、勝った試合だったら地団駄踏んでたかもしれませんが、それなりに良いとこ取りで楽しめて、時間も有効に使えたので「満足です」というのが最後の一文の意味でございます。

投稿: メークイン男爵 | 2008年9月15日 (月) 22時18分

え!?マグカップの手が取れる!
それは縁起でもない。
これは200勝まで持たせなければならないのだ…
じゃあ、記念日だけ使うことにしますわ、ホーリーホックの。(笑)

投稿: 笑 | 2008年9月15日 (月) 22時38分

因みにそのマグカップはこの前のブログ「コレクション用缶の作り方」に登場しています。この一件がなければ普通に使っていたと思います。
まぁ洗ってて手が滑って落とすとか、使えば劣化は少しずつ進みますからね。この前のトレジャーハンターの時に、大した記念品を持っていなかったので、ちょっとくらいそういうのを意識しておこうかなと。310ゴールタオルは普通に使ってますが。あまり増えすぎても置き場に困りますが。

投稿: メークイン男爵 | 2008年9月16日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.16:

« 「袋田の滝」に新観瀑台完成 | トップページ | 「来る」の特殊な活用形 »