« 謎のビデオテープの中身 | トップページ | 同姓同名 »

2008年10月 5日 (日)

HH観戦記2008 vol.18

9月は3勝1分けと負けなしだったホーリーホックだが、
笠松においては3ヶ月近く勝利から遠ざかっており、
じりじりと見えてきた一桁順位を捉えるためにも、
この調子で一気に勝ち点を積み上げていきたい状況で、
今日のホーム戦を迎えた。
日差しと共に気温がぐんぐん上がって暑くなった。
グランドコンディションは前回の笠松の時より悪そうだった。

相手は13試合勝利から見放されており、
対する水戸は2連勝中な上にホームで戦えるとあり、
前節アウェイ戦で難敵相手に激闘を制したことを考えれば、
今季3度目の3連勝もそう難しいことではないように思えたが、
「どうなるかは蓋を開いてみないと分からない」という不安は、
どのチームが相手でも常に抱いてしまう自分が居る。
そして、攻守の要のMF赤星選手とDFビジュ選手を
警告累積で欠くというのは多少なりとも不安はあった。
それと、最近はロングボール主体の試合内容が
うまく嵌まってゴールを奪えている感があったので、
その辺が果たして「好調」と呼べるのかどうかも疑問はあった。

そういった不安や心配は、
試合が始まってまもなく吹き飛ばされることとなった。
相手はしばらく勝ち星から見放されているとあって、
序盤はやや動きが硬いように見えた。
逆に水戸は積極的に攻め立てて幾度となく良い形を作り、
前半7分、遂に先制点を奪うことに成功した。
これでまずはホッと一息出来たのだった。

思い掛けず早々と先制点を奪えると、
緊張感が切れて動きが雑になったり、
リードを保とうとして攻撃が消極的になってしまう
ということがよくあるが、
先制点直後の動きを見ていた感じでは、
落ち着いて集中しているようだったので、
「今日は大量得点も有り得るかな」と期待を抱いた。
少なくとも、この時点では勝利出来そうな雰囲気が漂っていた。
なめていた訳ではないが、
最初のうちは攻められてもさほど脅威は感じなかった。

しかし、相手のミスに助けられているうちはまだ良かったが、
そのうち水戸もつまらないミスが目立つようになり、
劣勢だった相手を助けて少しずつ落ち着かせてしまうと、
徐々に流れを相手に持って行かれ始めた。
「嫌な流れになってきたな」と不穏な雰囲気を感じ始めたが、
何とか相手のミスにも助けられて致命傷には至らず、
しばらくはお互い何の見せ場もなく時間ばかりが過ぎた。

けれど、悪い流れが変えられないまま迎えた前半36分、
とうとう一瞬にして同点ゴールを許してしまった。
更に後半に入っても悪い流れは変わらず、
後半7分には逆転ゴールを奪われてしまった。
勝利に飢えた相手のボールに対するチェックの厳しさに対し、
悉く競り負ける場面が目立つようになったせいで
ボールを支配している時間が極端に短くなり、
折角ボールを奪っても不用意なバックパスで奪われたり、
慌てて味方の居ない所に中途半端なパスを出してしまうなど、
イージーなミスで自滅していた部分が大きかった。
逆にそれによって相手を乗せてしまっていた。

それでもまだ同点に追い付ければ状況は違った。
水戸も後半20分過ぎに2人を入れ替えて
ゲームの立て直しを図り、
一時的には活性化して流れが変わるかとも思えたが、
何度かあったチャンスでシュートを決められないで居ると、
勝利への飽くなき集中力を見せる相手に再び流れが傾き、
遂に後半34分には3点目を決められてしまった。
そして後半44分にも駄目押しの4点目を取られ、
まさかの惨敗でゲームセットとなった。

点差ほどの実力差はなかったと思うが、
相手の強い気持ちが大量点を生んだのだと思う。
だが、水戸が自分たちのミスで自滅して
相手を助けてしまっていたことは大きいと思う。
試合展開は劣勢に立たされていたとは言え、
決してゴールを脅かされ続けていた訳ではなかった。
相手が8本のシュートで4点を取った効率の良さは、
逆に言えば水戸がつまらない失点を重ねていたとも言える。
折角の9月の良い流れを自ら断ち切ってしまった格好だ。

▼第39節:●1-4(前半1-1)、勝ち点43

|

« 謎のビデオテープの中身 | トップページ | 同姓同名 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

体調はいかがですか?
よけいに具合が悪くなりそうな試合でしたね。

全部同じ形からの失点。
大和田の偉大さが分かりました。
そしてビジュと赤星の不在の大きさというのも。
後半バタバタしたときに、彼らベテランがいてくれたら違ったでしょうね。

早く切り替えてほしいです。

投稿: 笑 | 2008年10月 6日 (月) 05時58分

正直な所、あまりの暑さに頭が少し痛くなり、眩暈がしそうだったので、前半の途中で帰ろうかと思い、ハーフタイムでも後半は観ないで帰ろうかと思いました。でも後半に期待して頑張って応援したのですが…。
試合前は、前の時と同じようにロングボール主体でシンプルに行くのかと思っていたのに、それほどではなかったので「おやっ」と思ったのですが、やはり足元を掬われましたね。
笑さんがあれだけ当初は毛嫌いしていたビジュ選手のことを、最近は口にしなくなったなぁとこの前ふと思いました。彼らの力は大きいですね。

投稿: メークイン男爵 | 2008年10月 6日 (月) 22時02分

老骨に鞭打って走っているビジュを見たら何も言えない。
若い選手よりすごいじゃない。
みんなには内緒だけど、和解です。(笑)

男爵くんも暑さに参ったのね。
お大事にね。
あ、葵の戦士たちもそうだったに違いない。

投稿: 笑 | 2008年10月 6日 (月) 22時46分

当初から評価は結構高めでしたが、チーム最年長ながら辛い時こそ高い身体能力でチームを引っ張ってってくれてますからね。
そうでしたか、良かったです。

あの頃は外に居るだけで頭痛がしてきつかったですね。ようやく今になってほとんど治りました。
ご心配お掛けしました。

投稿: メークイン男爵 | 2008年10月10日 (金) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2008 vol.18:

« 謎のビデオテープの中身 | トップページ | 同姓同名 »