« 習慣 | トップページ | HH観戦記2008 vol.18 »

2008年10月 4日 (土)

謎のビデオテープの中身

今となってはいつ、何の番組を録画したのかは
忘れてしまったが、
結構前に撮ったものだということだけは確かな
ビデオテープを持っていた。
当初は「そのうち時間が出来たら見よう」と思っていたのだが、
そのうち見るきっかけを失ったままになっていた。
しかし、半月程前にふとした拍子にその存在を思い出し、
気になったので恐る恐るそのビデオを見てみることにした。

CMから始まったが出演している芸能人が兎に角今より若く、
CM自体も見覚えはあったもののちょっと懐かしいと感じた。
それもその筈、録画してあった番組は
1996年の年末か年明け頃に放送されたと思われる
「CDTV」(TBS)の特番で、
1996年の年間ランキングベスト100を中心とした内容だった。
(因みにこの前リアルタイムでCDTV15周年特番があり、
この時初めて放送開始が1993年だったことを知ったが、
このビデオを見付けたのはそのちょっと前のことである)。

'96年というとちょっと前のような錯覚もあるが、
もう干支で一回り昔、私が中2の頃のことであり、
そのヒットチャートは懐かしく新鮮ささえ感じた。
今はもう解散してしまったグループもあれば、
まだこの時点ではデビューしていない歌手やグループもあり、
当たり前かもしれないが今とはだいぶ顔触れが違った。

'95、6年辺りは私が最もヒットチャートを気にしていた時期で、
一番曲を知っているのもこの頃だ。
年間ベスト10は全てミリオンヒットと言うから、
ミリオンヒットがほとんどない今とはだいぶ時代が違う。
この12年の間にも生まれた名曲の数々も好きだし、
名曲であっても売上枚数に反映されているとは限らないので、
初めからランキングが全てだとは思っていないが、
毎週ランキングを見るのが楽しみだったのは事実だ。
そのせいか私にはあの頃の楽曲が一番馴染み深い。

また、先にも書いたように、
今にしてみれば合間の何気ないCMですら懐かしく、
当時の色んな記憶を呼び起こしてくれたり、
その時代の雰囲気を味わうことが出来るので、
普段録画する際には重要視していないどころか、
邪魔者扱いしているCMすら今は貴重なものに思える。
余談だが、「一番搾り」(キリン)のCMに出演していた
中山美穂さんの「きんちゃくなす~」という台詞を、
当時かなり真似していたことを思い出した。

抑(そもそも)、このビデオテープ自体が
将来的には姿を消している可能性が高い。
12年後の2020年には生活も習慣も世間も
今と恐らく変わっていると思う。
そんな未来のことは今は分からないが、
何か少しでもその時代の物を残しておくと、
後で振り返った時懐かしく思い出せる。
私が写真で色々撮っているのはそういう意味合いもある。
(勿論、写真を撮るというのはもっと奥深いものだが)。
何でもかんでも現物として取っておく訳にはいかないが、
もう二度と戻れない過去を何かに記憶しておく作業は
その時その時にしか出来ない。


ところで、話はガラリと変わりますが、今日の新聞によると、
東関東道の潮来IC―鉾田IC(仮称)間の計画が、
具体的に動き出すかもしれないようですね。
例えば、実際に着工という話になったとしても、
それがいつの話になるかはまだまだ先のことでしょうが、
実現すれば、県央から鹿行(ろっこう)地域や
成田方面へのアクセスがずっと便利になりそうです。
まぁ色々な側面から検討すべき事項はあるのでしょうけどね。

|

« 習慣 | トップページ | HH観戦記2008 vol.18 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

中山美穂自体、なんだか懐かしいですね。
彼女は、なんとなく自分が理想とする女性として存在しています。
あんなふうに歳を重ねていきたいな。

投稿: 酔倒 | 2008年10月 5日 (日) 15時56分

そうですね、CMやテレビに引っ張りだこでしたからね。それだけに、生活拠点を海外に移して、あまりテレビに出なくなってしまったのは惜しまれますね。

投稿: メークイン男爵 | 2008年10月 5日 (日) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎のビデオテープの中身:

« 習慣 | トップページ | HH観戦記2008 vol.18 »