« HH観戦記2008 vol.21(最終回) | トップページ | 4食連続で納豆食す »

2008年12月 1日 (月)

第28回つくばマラソン

何とか10月、11月と多忙な時期を乗り切りましたが、
この忙しさはまだしばらく続きそうです。
それはそうと、街中にクリスマスムードが漂い始めたり、
紅白歌合戦や流行語大賞の話題が出てきたり、
来年の新しいカレンダーを貰ったりすると、
今年ももうすぐ終わってしまうんだなと気付かされます。
因みに今年の流行語大賞は
「アラフォー」と「グ~!」だそうで。
今の所ゆっくり一年を振り返っている暇がないのですが、
年末の頃はゆっくり過ごせたら良いなと思います。


さて、昨日は第28回つくばマラソンに出場しました。
寝不足で起きるのが億劫でしたが、
今回はいつも千波湖でご一緒させて貰っているメンバーと
待ち合わせて会場に向かいました。
一緒に走るメンバーが居るというだけで、
こんなに心強いものなのかと初めて知りました。
加えて、私は3年連続の出場だったので、
勝手が分かっている分落ち着いて居られました。
綺麗な青空が広がる好天で、日差しが強かったのですが、
時折冷たい風も程良く吹いていたので、
「丁度良いコンディションかもしれない」と思いました。

近年の健康ブームもあってか、
どの大会も年々参加者が増加する傾向にあり、
今回もスタートラインが大勢の参加者で溢れ返っており、
スタートの号砲が全く聞こえない程でした。
周りの反応を見て号砲が鳴ったことを察していた感じです。
しかし、案の定それからしばらくは
ほとんどその場から動くことも出来ず、
徐々に動き始めてからもしばらく歩いている状況でした。

やっとスタートラインのRCチップ読み取り機の近くまで来て
参加者がばらけてきたので走り始められたのですが、
読み取りセンサーを越えた直後、
いきなり膝のすぐ上の両大腿四頭筋に
ピキッと痛みが走りました。
スタート前のウォーミングアップでは気付きませんでしたが、
数日前の練習の疲れがまだ残っていたようでした。
「出だしからこんな調子で大丈夫なのかな」
と少し心配になりました。

スタート直後の周りの参加者のペースは早めでしたが、
今回はいつもと違って、ほとんど週一だったとは言え、
何度か練習で10kmを実際に走っていたお陰で、
大体どれくらいのペースで走るとどうなるのかという
ペース配分が分かってきていたので、
敢えて最初の入りは周りのハイペースに流されぬよう
じっと我慢して逸(はや)る気持ちを抑えることに徹しました。


また、練習の段階で10km走っていた効果はこれだけでなく、
例えば、日中走る時と比べると夜走る時の方が
実際より速く走れている感覚になりがちなのですが、
今までは、ほとんど夜しか走っていない私には
マイペースというものが視覚的に分かり辛かったのですが、
今回は10kmを走る時のステップ具合そのものも
何度か走っている中で体に覚えさせていたので、
スタートしてからちょっとでマイペースが掴めました。
(計測機器を持たないので感覚に頼るしかないのです)。

最初は大腿四頭筋の違和感が気になっていましたが、
特に問題なさそうだったのでレースに集中しました。
足取りも心配した程重くなかったので、
練習通りに走ることを心掛けました。

4km過ぎの給水ポイントでは、
ちょっと気温が暑かったので2周目のことを考えて
多めに水分補給した所、
折角それまで調子良く走れていたのに
急に脇腹が痛くなってしまい「失敗した」と思いましたが、
それでも少し走っているうちにまた復調してきて、
2周目に突入しました。

つくばマラソンの10kmの経路は同じコースを2周するので、
後半の2周目が結構精神的にも肉体的にもきついのですが、
今回は1周目を走り終えてもまだまだ余裕がありました。
また、今まで出場した過去6回の10kmマラソンと比べても、
折り返し点を過ぎてここまで気持ちに余裕があったことはなく、
「今日は何かかなり調子が良いぞ」と思いました。
そこで、2周目は少しペースを上げてみました。
これはマイペース以上で走ることを意味するので、
最後まで持つかどうか分からないという恐れはありましたが、
自分の中で勝負に出ました。

スタート直後は抜かれっ放しでしたが、
折り返してから徐々に形勢が逆転してきました。
相当苦しそうな周りの方々の様子を冷静に見ていました。
でも、私はまだ余力が残っていたので、
ペースとフォームを乱さぬよう気を付けて走っているだけで、
自然と抜かせてしまえるような感じでした。

7km過ぎからは「1kmの間隔が長いな」とは思いましたが、
「千波湖なら今大体あの辺だな」
と練習のことを思い出しながら走っていたので、
そう思うと気が楽になり、以前ほど苦痛に感じませんでした。
8km過ぎてもまだペースに余裕があったので、
「これは50分台の自己ベストを狙えるな」と思い、
僅かずつですがペースを更に上げました。
(余裕があると言っても勿論苦しさはありましたよ)。

9km付近で二度目の給水に向かう方々を尻目に、
私はロングスパートを掛けて夢中でゴールを目指しました。
何しろ、この前15km走った時も一切休憩や給水せずに
完走したくらいなので二度の給水は必要ありませんでした。
ロングスパートは精神的にも肉体的にも辛かったですが、
兎に角良い記録が出せそうな気がしたので、
それだけを楽しみに最後の力を振り絞りました。

体力は残っているのに肉体がついていかない感じで、
最後の競技場一周もラストスパートし切れませんでした。
ゴールに飛び込んだ後もまだ走れそうでした。
先頃引退した高橋尚子選手の「楽しい」という言葉が
ちょっと分かった気がした今回の10kmでした。

感覚的には55分を切れたかなと思ったのですが、
記録は57分台(ネットタイム=参考)でした。
感覚より脚がついていっていなかったのかもしれませんが、
先週の練習までは9kmで1時間掛かっていたことを考えると、
本番で10分くらいタイムを縮めていることになるので、
よくやったかなと思います。
1時間を切れたことすら1年半振り2回目ですし、
自己ベストを更新出来ましたからね。

でも、欲を言えばもっと良い記録も出せた気がするくらい、
今回は自分としても走る環境としても
コンディションが良かったです。
スタート前にメンバーから頂いたゼリー飲料も
効果を発揮してくれたのかもしれません。
それくらい、今回はいつもと全然違う走りが出来ました。
週一でも走っていればまさか違うんだなと思いました。

試合後は他のメンバーがフルマラソンから帰ってくるのを
10kmを走ったメンバーと一緒に待っていました。
二月程前、最初に一緒に走り始めた頃は、
フルマラソンなんて自分にはまだまだ程遠い世界だと
思っていたのですが、
ほぼ毎週「フルマラソン走ろうよ」と誘われているうちに、
「ちょっと具体的に考えてみようかな」という気持ちに
させられてきたのは事実です。
「いつかはフルマラソンも走ってみたい」という
憧れに似た目標も持っていたというのもありますしね。
ただ、きっかけがなかったというのもありますが、
なめてかかれない距離だけに挑戦する勇気がなかなか出せず、
10kmでさえいつもぶっつけ本番に近い状況だったので、
フル挑戦は当面先の話になるだろうなと思っていました。
しかし、フルマラソンを走り終えた彼らの
リアルな体験談を聞いているうちに、
10kmの部にはないような面白そうな世界だなと思い、
急に自分もそれを味わってみたい衝動に駆られました。

現に、57分台程度で「見切った」なんて
畏れ多くて言える言葉ではありませんが、
フルマラソン挑戦を目標としているせいか、
今回走っていてゴールが近付いてきた頃に、
「もうそろそろ10kmは良いかな」という、
飽きが来たとも言えるような気持ちも感じました。
次の大会で当初の目標の55分を切れるように頑張って、
それで10kmは走り納めにしようかなと考えました。

そんな大それたことを考えるようになったのも、
実際にこうしてフルマラソンを完走している人が
身近に何人も居てそれが特別なことだと
身構えなくて良いと思えるようになってきたことと、
具体的に実際走った時の感想を聞けるようになったという
環境の変化はかなり大きいです。
今まで周りでフルマラソンを走っている知り合いなんて
居ませんでしたからね。
しかし、そうは言ってもいきなりフルはきついので、
まずはハーフマラソン辺りに挑戦したいと思います。
何しろ、この前は15kmでばてばてでしたからね。
でも、1年以内のフルマラソン挑戦を目標にして、
仕事と両立出来る範囲で考えてみたいと思います。
S28006


|

« HH観戦記2008 vol.21(最終回) | トップページ | 4食連続で納豆食す »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!
実質55分ですね。
やっぱり10km以上の距離を経験したことと、練習仲間に恵まれたからでしょう。
フルマラソンは応援に行きますよ。
これからも頑張ってください!

投稿: 笑 | 2008年12月 3日 (水) 06時51分

公式記録(多分号砲が鳴ってからのタイム?)は1時間0分台だったんですよ。なので、57分の参考記録が実質かなと思います。

フルマラソンはいつ走れるか分かりませんが、具体的に走ってみようという気が出てきたので、なるべく早く挑戦したいです。

投稿: メークイン男爵 | 2008年12月 3日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第28回つくばマラソン:

« HH観戦記2008 vol.21(最終回) | トップページ | 4食連続で納豆食す »