« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 導火線に火が付いた・1 »

2009年1月15日 (木)

免疫力の低下が著しい

悪化する訳でもなく症状も大したことはないのですが、
風邪がなかなか治ってくれません。
普通は年に1回風邪を引くかどうかという私なのですが、
先月辺りから体の免疫力が下がっているのか、
治ってもしばらくするとちょっとした無茶が祟り、
すぐにまた風邪を引いてしまうといった状況を
繰り返しているような気がします。

以前のように、何も考えずに思い切って
心行くまで眠りこけられたら良いのですが、
今は色んなものに雁字搦(がんじがら)めになっていて、
何かしていても心のどこかでそれらが引っ掛かっているので、
本当の安らぎというものはなかなか得られません。
その中でも一番頭を悩ましているのは仕事のことで、
やはり経営者になる心構えや覚悟を持たねばならない
ということに対して心の弱い部分が露呈してくるので、
何とか気を強く持ったり前向きに考えたり、
発想を転換させたり、あるいは目を逸らしたりして
プレッシャーに押し潰されないようにしていますが、
元々プレッシャーに弱い人間なのでなかなか大変です。


ところで、何日か前の話になってしまいますが、
第87回全国高校サッカー選手権で
茨城代表の鹿島学園が3位という好成績を残しましたが、
決勝まで行ってくれるのではないかという快進撃に、
心躍った茨城県民は多かったんじゃないかと思います。
あくまで私の個人的なイメージですが、
近年、茨城代表が全国大会に出場しても、
1勝か2勝止まりで敗退してしまうイメージが強く、
普通はあまり意識的に捉えていないことが多いのですが、
今大会では3勝、そして4勝を挙げて
準決勝の舞台まで進んでくれたので、
久し振りに期待を抱いて結果を見守っていました。
次こそは決勝の舞台まで進んで欲しいものです。

それと、年々成人式が他人事になっており、
今年もぽつぽつと晴れ着姿の新成人を見掛けても、
あまり気にも掛けない程無関心になりつつありますが、
今年初めて「平成生まれ」の新成人も誕生したということで、
「あぁ、そう言えばそうだなぁ」とようやく思いました。
昭和生まれが圧倒的に多い現代においては、
未だに「平成生まれ」と言うのは少数派であり、
特別視され易い存在ではありますが、
平成も21年目に入り、段々そうでもなくなりつつありますね。

|

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 導火線に火が付いた・1 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私の11月~12月と同じ状態ですね。
風邪なんて…と馬鹿にしていたら治らなくて、とうとうこじらせて医者の薬のおかわりを2回して、それが再発したな、と思ったら耳に来ました。
風邪は怖いです。
そして治らない原因はストレスとかプレッシャーとかだったりもします。
私は最終段階になったときに、これはダメだと思って、すべてをキャンセルし、あとは自分の体力次第で動けたり動けなかったり、そういう状況も受け入れています、以前の私だったら考えられないことですが。

男爵くんの場合、仕事ですから、これは逃げてとおれないのがつらいですね。
仕事となると体が動かないけど、趣味だったら動けるぞというのは私も今回経験しました。
これから経営者になるのですから、大変なことと思います。
あまり日程をきつきつにしないで、少しだらんとして絵でも描いているような時間をとることが大事かもしれませんね。

投稿: 笑 | 2009年1月16日 (金) 07時40分

そうですね。ようやく今日辺りになって快方に向かい始めた気配はありますが、相当長引いてます。

日程きつきつなのが一番きつきつなのでそうしたい所ですね。ただ、この今の状態を一度解いてしまうと、もう一度エンジンを掛けるのはきついそうだなという感覚があって、それでエンジンを止めずに走り続けてる感じです。それがこの頃は気持ちとは裏腹にボディの方がちょっと機嫌を損ねてきた気がします。

投稿: メークイン男爵 | 2009年1月17日 (土) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫力の低下が著しい:

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 導火線に火が付いた・1 »