« 灯油を持たせたい | トップページ | マジック革命 »

2009年2月24日 (火)

導火線に火が付いた・6

大特二種免許を学科試験から受験する場合、
週に1回しか受けられなかったので、
初めての二種免許ということで免許証に残るであろう受験日は
ぞろ目などの見た目の良い日取りに拘りたかった私ですが、
1月にはお眼鏡に叶う日がありませんでした。

2月は一日だけそれなりに良い日はあったのですが、
一種取得からあまり時間を置いてしまうと、
腕や感覚が鈍ってしまいそうな気がしたのと、
受験日は平日なので仕事との兼ね合いもあって
いつでも受けられる訳ではないので、
いつ受かるか分からないような状態で何週間も過ごすのは
精神的に相当な負荷になるのは目に見えていましたし、
何より、日取りに拘るよりも1日でも早く取得することの方が
価値はあるのではないかと思ったので、
最終的に「何もわざわざ2月まで引っ張ることはない。
1月のうちにさっさと取ってすっきりしよう。」
という結論に至りました。
それでも、やはり日取りに拘りたかった私は、
「1月で考えるならここ」という日に受けることにしました。

ところで、私はずっと一発で合格する気満々だったのですが、
二種免許の学科試験の対策本を前以て買ったものの、
実は最初に受けようと思った日にはほとんど手付かず状態で、
仮に受験出来ていたとしても受かったかどうかは疑問であり、
延期を余儀なくされたことで対策時間が作れたので、
「これはこれで良かったのかな」と思う所もありました。

というのも、この頃の私は金欠病が最も深刻な時で、
受験料を払うことすら惜しいくらいだったので、
普段以上に一回で合格して
無駄な出費を抑えたい気持ちが強かったのです。
しかも、私にはこれに一回で合格することで、
リベンジを果たしたい気持ちもありました。
それは普通免許を取った時、
合格点の90点に1,2点届かずに2回も落ちてしまい、
3度目の正直で取得した苦い過去があったからです。
高校の頃から試験対策というものが苦手で、
この時も全然やる気が出ず、
ろくすっぽ勉強しなかったのがいけなかったのですが、
この過去は私に少なからず傷跡を残しました。
この傷を癒すには二種の学科試験を一発で合格することが
唯一にして最適な特効薬だと考えました。

まさに絶好の機会が巡ってきたという訳ですが、
危うくまた対策不足であの時の二の舞を演じる所でした。
傷を癒すどころか余計に傷口を広げかねませんでした。
結果的に猶予を与えて貰ったとも言えるのですが、
受験日が先送りになって時間が増えたら増えたで、
結局前々日までは陸(ろく)に対策が捗(はかど)らず、
要点の総まとめだけは少しずつ読み進めたのですが、
実際に模擬の練習問題を解いたのは、
前日から受験直前に掛けて解いた70問くらいだけでした。

引っ掛け問題やうろ覚えになりがちで間違い易い問題、
数字などの細かい部分の記憶を突かれる問題などが多くて、
答え合わせをしていると正答率が思ったより低かったので、
「本試験もこの調子じゃ厳しいな」と危機感を覚えました。
それでも、たった70問程度でしたが、
練習問題を解いたことは大いに役に立ちました。
似たような問題が出たこともありますし、
聞かれ方のパターンや試験の雰囲気を掴めたことで、
解答に自信が持てなかったのは数問だけで、
あとはほとんど冷静に答えを導き出せたので、
「曖昧な設問が不正解だったとしても90点以上は
堅いと思う」と思いました。

流石に学科試験の発表が行われる直前は
合否が分からずドキドキしましたが、
「絶対受かってる、受かってるに決まってる!」
と自分に言い聞かせ、
受験番号が表示される瞬間だけをイメージし続けました。

待ち時間は結構長く感じられましたが、
発表の瞬間、普通免許取得に来ていた高校生らが
多かったせいか周りからは凄まじい歓声が上がりました。
そりゃ、初めての本試験でしょうから嬉しいでしょうね。
私も結果は見事に一発合格。
流石に彼らのように叫びはしなかったですが、
小さくガッツポーズして喜びを噛み締めました。

これで半年間の学科試験免除が少なくとも確定し、
あとは技能試験に合格するだけとなりました。
まずはこれに合格しなければ取得の目処が立たないので、
一回ですんなり受かり一先ずホッとしました。

(つづく)


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・腹筋:10回×2を間隔を置いて2セット。いつも以上に、負荷が掛かっている筋肉を意識した。
・背筋:20回。どれだけ上体を起こすかよりも、どこに力が入っているかを意識した。
・水泳:約30分、1100m。主にクロールで泳いだ。最後はクロール450mと、背泳及び平泳ぎで100mをノンストップで泳いで締めた。
・脇腹捻り股(もも)上げ:左右各20回。効果があるかどうか分からないが、脇腹のシェイプアップになればと思って自分で考えた。鏡を見ながら動きを意識した。

|

« 灯油を持たせたい | トップページ | マジック革命 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 導火線に火が付いた・6:

« 灯油を持たせたい | トップページ | マジック革命 »