« 減らぬ「振り込め詐欺」 | トップページ | コレクションに新顔加わる »

2009年3月 1日 (日)

2009シーズンJリーグ開幕を目前に控えて

年々、Jリーグ開幕が待ち遠しいと
思わなくなってきている自分が居ます。
それどころか、「(開幕が)まだもうちょっと先でも良いな。」
などとかなり消極的な気持ちにすらなっています。

一昨年まではオフシーズンが相当長く感じられ、
最後は観戦への飢えから禁断症状が出掛かっていました。
そして、昨年は心穏やかにオフシーズンを過ごしていたので、
開幕戦でテレビ局の取材を受けた際、
「今のお気持ちはどうですか」と聞かれ、
待ちに待った開幕を迎えたサポーターの熱い感想を
期待してのインタビューであろうという意図は読めたのですが、
あまりそこまで気持ちが乗っていなかったので、
少しテンションが低めの受け答えになってしまいました。

今年に至っては有り難くオフシーズンを満喫しており、
願わくば「もう少しこの状態が続いてくれたら良いのに」
と思っているような状態なのです。
きっと、一度シーズンが始まってしまうと、
順位や結果でやきもきする日々を過ごすことになり、
しかも観戦を優先すると連休が取れなくなったりして、
長期間それに束縛されてしまうことが分かっているので、
自由に休みを使える今の状態が
何をするにしても一番良いと思ってしまうのでしょう。

余談になりますが、
県内ではつくばや日立でも将来的なJリーグ加入を見据えた
チームを作ろうという動きがあるようですが、
貧乏なチームには常に資金の問題が付きまとい、
下位に低迷しているチームには常に劣等感が付きまとい、
夢のJ1昇格を果たしたら更なる資金調達が必要となり、
そして、J1でも常にそこそこの結果を出し続けないと
いつJ2に降格するか分からないという不安が付きまとい、
J1で優勝しても今度は世間の見方が変わって、
時にはその肩書きがプレッシャーとなるなど、
どの位置に居ても球団を維持していくのは
大変なことなんだなということを感じているので、
地域の活性化や子供達に夢を与える功績は大きいですが、
手放しで喜べることばかりではないのも現実ですね。


まぁそれはそうと、
数ヶ月先までの予定を立てるに当たって、
ホーム戦は極力観戦に行こうと考えている私にとって、
試合日程となるべく重ならないようにしたいので、
1月半ば頃から「そろそろ日程発表してくれないかな」と、
これに関しては待ち遠しく思っていたのですが、
2月に入ってようやく今季の日程が発表になりました。

今季のJ2リーグは栃木、富山、岡山の3チームが
新加入して史上最多の18チームとなり、
3回総当たり制の全51試合が行われるため、
ホームゲームが26試合前後になるということで、
ここ2年は何とかホーム戦観戦が皆勤だった私ですが、
流石に今季は皆勤を狙うのは極めて厳しいなと思いました。
それでも内心は「可能な限り皆勤を目指し伝説を作りたい」
という心理が密かに働いたというのが本音です。

この2シーズン連続皆勤賞に関しても、
仕事や他の用事の数々を犠牲にするなど
決して容易なことではありませんでしたが、
試合によって全体的な内容や選手個人の調子などが
良かったり悪かったりするので、
せめてホーム戦だけでも出来るだけ全部を通して見て
感想を出したいなと言う気持ちが根底にあったので、
結構無理して試合観戦を優先した経緯があります。

しかし、およそ1ヶ月前に発表になった日程を見て、
早くも3季連続皆勤賞の夢の実現は
極めて難しい状況にあると認めざるを得なくなりました。
今年はホーム開幕戦ですら黄色信号が灯っていますし、
毎年の事ながらマラソン大会などとも日程が重なり、
平日夜も仕事で行けない可能性が高いなど、
強引に試合観戦を選択出来なくはないとしても、
「仕事と試合どっちが大事なの?」というような
非常識な決断を下すことにもなってしまうので、
流石に今年は観念せざるを得ないかなと思いました。

このように、早くも皆勤賞が厳しくなったことで、
私を観戦に向かわせる原動力(モチベーション)の一つが
弱まってしまったこともありますし、
毎年のことながら主力選手がチームを去り、
懸命に応援していた選手が数年内に入れ替わってしまう
毎年繰り返される歓迎と送別のサイクルが、
冷静になった時に今更ながら儚く空しいものに感じたり、
「また一から」とは言わないまでも、
新加入選手の未知数に頼らざるを得ない所が多く、
チームとして毎年安定しない開幕を迎えるという不安などが、
軽い憂鬱にすら感じてしまっているのかもしれません。


ただ、このように開幕へ向けて気分が全く盛り上がらず、
サポーターとしてあまりに冷めすぎていた気持ちにも、
10日程前に決まったFW吉原宏太選手の入団発表によって、
急激な高ぶりが沸き起こってきました。

実は横浜FCに三浦知良選手が入団してからというもの、
「水戸にもあんな知名度の高い選手が来てくれたらな」
という気持ちを抱き続けていました。
ただ、Jクラブワーストという資金力では
金銭面で合意を得るのはかなり困難だと思われ、
尚かつ、元J1経験チームであったり、
J2でも昇格まであと一歩というチームなら兎も角、
「J2の主の如く10年もどっぷり浸かっている水戸では、
なかなか大物選手は獲得出来ないんだろうな」
と現実的に諦めていた節がありました。

幸い水戸には毎年即戦力となる良い選手が加入し、
リーグ戦もそこそこ戦えているのですが、
ちょっと目立ってくると他チームから引き抜かれたり、
金銭面などで色んな問題が発生したりするようで、
なかなか生え抜き選手が定着しないのが現実です。
これでは、熱心なサポーターは良いとしても、
時々結果を気にしている程度の方々や、
あまりサッカーやホーリーホックに興味のない
これから開拓していくべき一般の方々からすれば、
ご贔屓やお目当ての選手が居なければ、
なかなか足を運んだり関心を持つきっかけが
出来ないのかもしれないという気もしています。

所謂(いわゆる)柱となる選手や水戸の顔となる選手が、
何人かは欲しいなと常々考えていて、
現在も、チーム最古参であり守護神の本間選手や、
地元出身で今年からキャプテンを務める大和田選手などが
その役割を担ってはいるのですが、
水戸から日本代表になるような選手が誕生するか、
水戸以外のサポーターやサッカーをあまり観ない方にも
多少なりとも知れ渡っている選手の加入を望んでいました。
そうすれば、観客動員の増加も見込めるでしょうし、
若手主体のチームとしても心強い存在となって、
全体的に締まるような気がしましたし、
これらがうまく噛み合って良い方向へ向き始めれば、
チームの順位も上がっていくだろうと思ったのです。

現実的には水戸が自力で観客動員数を増やし、
J1に昇格して対外的に選手の名が知れ渡っていくのを
待つより他にない状態であり、
その間に育ってきた選手が抜けてしまうので、
なかなか悪いスパイラルを打破出来ない以上、
それがいつになるか分からなかったのですが、
水戸では初となる元日本代表の吉原選手の加入は、
まさに今の水戸に足りなかったパーツを
一気に埋めてくれる出来事だと思いました。
そして、入団時の彼のコメントには感動すら抱きました。

けれども、私はあまのじゃくか理屈っぽいのもしれませんが、
「あまり彼の加入に沸きすぎるのもどうなのかな」
という気持ちも一方で徐々に感じ始めました。
「本物」の加入は信じられないような出来事であり、
素直に嬉しく有り難いことなのですが、
あまり騒ぎすぎると他の選手が可哀想かなと。
人気選手というのはそういうものなのかもしれませんが、
特別視するのも度が過ぎてはいけないのかなと。
それに俄かサポーターならそれで良くても、
何年も水戸のサポーターをやっているのに、
ミーハーみたいになるのもどうなのかなと。

まぁそんなことを吉原フィーバーに沸く傍らで一人
ぶつぶつ考えていたりもしたのですが、
それくらい水戸にとっては大きな出来事な訳ですから、
ここは素直に「祭り」に酔いしれたもん勝ちでしょうかね。
本当に彼が入団を決断してくれたことには感謝しますし、
J2の得点王を狙ってバリバリ活躍して欲しいと願っています。
冬眠から覚めたくなかった私もようやく
彼の入団と先日のプレシーズンマッチ観戦を経て、
だいぶ開幕へ向けて気持ちのスイッチが入ってきました。
今年の水戸は一本太い芯が通ったことで、
今までとは違うシーズンになると信じています。

|

« 減らぬ「振り込め詐欺」 | トップページ | コレクションに新顔加わる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

吉原選手がホーリーピッチに来ている!というニュースに、すぐ練習を見に行ったミーハーな私。
練習光景を見て、すぐに魅せられてしまいました。
練習では自分でゴールを決められる状態なのに、若手の選手を育てるためにパスを回したりしているのを見て、ますます彼の加入を喜んでいます。
ほかの選手にもいい影響があって、ぬるま湯に刺激を与えてくれる存在であるようです。
今季が楽しみです。

投稿: ほーりーっ子 | 2009年3月 2日 (月) 06時29分

確かに練習に来ている時点でかなりニュースですよね。私が冷静過ぎるんだと思います。
どうなるのか経過が気になっていましたが、
入団を決断してくれて本当に良かったです。

正直言って、彼が入る前のチーム状態は、
伸び代が大きい分未知数でもあって、
シーズン通して通用するか不安もありましたが、
荒田選手の負担も減らせる実績や経験豊富なFWの加入はかなり大きいなと思いました。
やるなら今季ですね。

投稿: メークイン男爵 | 2009年3月 3日 (火) 02時28分

入団を決めてくれるまではやきもきしました。(苦笑)

荒田選手へはいいパスがいかなくなって得点できなくなっていたのが、吉原選手の的確なパスで得点できるようになっています。
同様に遠藤選手や高崎選手へもゴール前でのいいパスをくれたりしていますよ。
今季はチャンスですね。

リーフレットに入っていなかった吉原選手ですが、同じ大きさのチラシがリーフレットに挟まっています。
特例ですが、これもチームが力を入れている証拠です。
それに乗ってあげないと来季は吉原選手を放出してしまうので、「こーた」ギャルになってフロントにアピールしようと思っています。(笑)

投稿: ほーりーっ子 | 2009年3月 3日 (火) 08時48分

荒田選手にボールを集める意図が読めるから、相手も対策を講じて後半はきつくなったという所でしょうね。ですから、荒田選手へのパスのパターンのバリエーションが増えることへの期待もありますし、高崎選手や吉原選手が掻き回すことによって、マークを絞らせない多彩な攻撃が繰り出せることを期待しています。

ほーりーっ子さんから頂いたリーフレットには入ってなかったですよね?でも今日届いたイヤーブック同封のには挟まってましたね。
イヤーブックの方は何とかあのような形で間に合わせたようですね。スタッフも大変でしょうね。

投稿: メークイン男爵 | 2009年3月 7日 (土) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009シーズンJリーグ開幕を目前に控えて:

« 減らぬ「振り込め詐欺」 | トップページ | コレクションに新顔加わる »