« 若田さん日本人初の宇宙長期滞在開始 | トップページ | 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 »

2009年3月20日 (金)

海中遊泳記〈ダイブNo.21,22〉

今日はスクーバダイビングの日帰りツアーで
伊東市富戸(ふと)へ行ってきました。
あまり良い天気ではありませんでしたが、
前回、課題をクリア出来ず取得出来なかった
ウミウシスペシャルティを今度こそ取得するべく、
絶対にウミウシを見付けようと意気込んでいました。
09032021002




まだダイビング歴5ヶ月ですが、
今回が今までで一番水温が低かったです。
ドライスーツと呼ばれる水が入らないスーツを着ても、
手や頭、顔などは直接水に触れてしまうため
寒さを完全に防げないのはいつものことなのですが、
今回は水に触れないボディ部分に関しても寒さを感じました。

寒いからと言ってあまり中に着込んでしまうと
余分な浮力が付いてしまうので
その分ウェイト(重り)が必要になってしまいますし、
かと言って専用のインナーは少し値が張るので
なるべく買わないで頑張ろうと思ったのですが、
今回は「やはり買おうかな」と思ったくらい寒かったです。
今までは何とかなっていたのですが。

今回はデジカメを借りられなかったので、
水中での写真は一切ございません。
本当は今回のダイビングに間に合うように
新しいデジカメを買おうと思っていたのですが、
何だかんだで延び延びになっています。

でも、デジカメを持っていなかった分、
中性浮力の維持や技術面などに集中出来ましたし、
生物観察にしても擬態している魚などに
結構気付くことが出来たりしたので、
写真には残せなかった分、学べたこともありました。

ウミウシに関してはあまり見付からず、
茨城の海には沢山生息しているという話なので、
「今回はいっそ諦めて後で茨城で潜って探そうかな」
と半ば諦めかけたりもしたのですが、
何とか周りの方達に数個体見付けて貰うことが出来、
無事スペシャルティを取得出来たので良かったです。
ただ、結局自力では一個体も見付けていないので、
あまり満足してはいませんが。

あとは、図鑑などを買ってある程度生物を把握しておくと、
ただ潜っていて漠然と観察しているよりも
ずっとダイビングが楽しくなると思うので、
近々何かガイドブックを買おうかなと思います。
毎回見る魚などで多少覚えたのはありますけどね。

|

« 若田さん日本人初の宇宙長期滞在開始 | トップページ | 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海中遊泳記〈ダイブNo.21,22〉:

« 若田さん日本人初の宇宙長期滞在開始 | トップページ | 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 »