« 酒 | トップページ | 真夜中のセルフ式スタンド »

2009年3月14日 (土)

HH観戦記2009 vol.1

私が具体的に水戸ホーリーホックを意識するようになったのは
2002年の日韓W杯の頃だと思いますが、
僅かずつながらじわりじわりと興味を持ち始め、
実際に応援してみる気になったのは2003年頃と思われます。
確か、水戸がJ2に昇格した(2000年)というニュースは
何かで目にした記憶がありますが、
当時はサッカーにほとんど関心がなかったため気に留めず、
日韓W杯の時に急増した「俄かサッカーファン」として
サッカーに興味を持つようになったのが全ての始まりです。

そこで、ホーリーホックを応援し始めた頃を思い出すべく
過去の日記などで簡単に調べてみた所、
ファンクラブ(現・サポーターズクラブ)に
初めて入会したのは2004年シーズンで、
申込み自体は2003年11月頃に行ったようです。
この時も、手元に会員証が届いたのは
開幕戦の前日だったようで今とあまり変わっていません。

ただ、この年(2004年)の開幕戦の日は
大学4年次に進級する直前の春休みという時期で、
普通に東京で過ごしていたようで、
観戦しに行った形跡が全くなかったので更に調べてみると、
初めてホーリーホックの試合を観戦したのは
同年7月11日のヴァンフォーレ甲府戦ということが
残っていた写真のタイトルから判明しました。

ということで、いつから水戸サポーターなのかと聞かれると、
具体的に応援しようと思い始めたという点で考えれば
2003年ということになるのですが、
現在浦和で活躍している闘莉王選手についてですら、
チーム得点王だと何かで見た記憶が微かにあるものの、
プレーしていた姿自体の記憶は全くなく、
2004年に初めて試合を観戦した時ですら
水戸というチーム以外はほとんど何も知らなかったので、
2003年をサポーター歴に入れるのはちょっと厳しいかなと。

それでいくと2004年も一部の選手の名前を覚えた程度で
試合もほとんど観に行っていないのですが、
ファンクラブに入会していたという事実はあるので、
この年からサポーターをしているということにしています。
ということで、今季で水戸サポーター歴6年目になります。


さて、開幕戦に限っては2005年から毎年観ていますが、
どういう訳かずっとホームの笠松で行われていました。
それが今季はアウェイでの開幕となり、
開幕戦と言えど流石に観に行くことは出来ませんでした。
昨季はとうとうただの一度も一桁順位を経験することなく
シーズンが終わってしまったので、
この開幕戦で勝てば少なくともその時点では
半分より上の順位になると思って
取らぬ狸の皮算用をしていたのですが、
逆転負けを喫した水戸はいきなり17位という
今まで経験し得なかった順位からのスタートとなりました。

Jリーグ加盟から今季で10年目を迎えた水戸は、
今日、笠松運動公園陸上競技場に於いてホーム開幕戦を迎え、
これがJリーグ通算400試合目のメモリアルゲームでした。
私も無事5年連続5度目のホーム開幕戦観戦を果たしました。
「今季のホーム開幕戦は結構観客も来るのでは?」
と数日前まで1万人近い数字を予想していたものの、
本降りの雨と寒さという悪天候のせいで、
2,000人そこそこという無残な結果に。
090314hh2009005




今日は朝のうちは暖かかったものの春の嵐が吹き荒れ、 
昼が近付くに従って風は収まってきたものの、
今度は気温が下がり始めました。
雨も一向に上がる気配がないままキックオフを迎えました。
声出しサポーターは傘を差さずに応援しているので、
私もポンチョなどを羽織って雨に打たれながら応援しました。

勿論、靴は爪先が徐々に濡れてきましたし、
ズボンも膝から下はかなり濡れてしまいました。
冷たい雨と低くなった気温のせいで
手もかじかんでしまいました。
こういう悪天候の時はいつも思うのですが、
観戦し始めた頃だったら絶対観に来ていません。

雨でグランドコンディションが良くないのは当然ありますが、
ミスは目立っていたように思います。
でも、全体的には攻守ともまずまず良かったと思います。
特に、調子や動きの良い選手が多かった印象です。

前半は0-0で折り返しましたが、
後半は立ち上がりからチャンスを作り続け、
同9分にトップ下に起用されていた遠藤選手が
待望のJ初ゴールを決めて先制しました。
ゴールが決まった瞬間、すぐにシュートした選手を確認し、
それが遠藤選手だと分かった時には嬉しかったです。

まもなく二十歳の誕生日を迎える遠藤選手は
平成元年3月生まれのため、
高卒で入団した2年前の開幕当初はまだ17歳でした。
水戸の至宝と言われながらも得点は生まれず、
才能が開花する日をずっと待ち続けているうちに
2年の歳月が流れましたが、
10代最後の試合で遂に決めてくれました。
いやー、本当に良かったです。

U-20日本代表候補にちょこちょこ選出されていましたが、
これで少し箔が付きますね。
まぁ1点だけと言われればそれまでなのでこれからですが、
兎に角、0と1じゃ全然違いますから。

その後、同17分に相手がレッドカードで一人少なくなると、
益々水戸が有利に試合を進めましたが、
追加点が取れないまま5分ものロスタイムも過ぎ試合終了。
欲を言えばもっと点が取れていても良かったとは思いますが、
まずは2試合目で今季初勝利を納められて何よりです。
メモリアルゲームでしたしね。
それに、笠松で最後に勝利を納めてから
丁度8ヶ月でその未勝利記録が途切れたので良かったです。
090314hh20090023




(▼コーナーキック時に電光掲示板に表示されるメッセージの
今季バージョンもお披露目)
090314hh2009011




それと、余談になりますが、
昨季終盤にホーリーホックのマスコット「ホーリーくん」を
リニューアルするための募金(「怪我を治すための入院費」
ということになっている)が行われ、
先月末に行われた壮行会にて無事「退院」したそうです。
私はその場には行けなかったので
実物を見たのはこの試合が初めてでしたが、
「ホーリーくん、退院したら別人になってないか?
体色が薄くなって黄緑色っぽくなってるし、
尻尾ががっしりしてるし、耳がピンと立っちゃってるし、
角も外向きになってるし、パンツが長くなってるし、
顔が前よりシャープになって口がしっかり出っ張ってるし、
鼻と眉毛もあるし、目が少し離れた気がするし…。」
スマートになったホーリーくんもこれはこれで良いのですが、
個人的には前のボテッとした感じの方が
愛嬌があったような気がしないでもないです。
090314_2




▼第2節:○1-0(前半0-0)、勝ち点3

☆J2順位表(第1節終了時点)
①セレッソ大阪…勝ち点3
②愛媛FC…勝ち点3
③ザスパ草津…勝ち点3
③湘南ベルマーレ…勝ち点3
⑤ベガルタ仙台…勝ち点3
⑤FC岐阜…勝ち点3
⑦東京ヴェルディ…勝ち点1
⑦ヴァンフォーレ甲府…勝ち点1
⑦カターレ富山…勝ち点1
⑦ファジアーノ岡山…勝ち点1
⑦徳島ヴォルティス…勝ち点1
⑦アビスパ福岡…勝ち点1
⑬横浜FC…勝ち点0
⑬ロアッソ熊本…勝ち点0
⑮コンサドーレ札幌…勝ち点0
⑮栃木SC…勝ち点0
⑰水戸ホーリーホック…勝ち点0
⑱サガン鳥栖…勝ち点0


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約35分、1100m。祝勝会の後でお腹一杯だったのでちゃんと泳げる状態ではなく、ほとんど遊びながら泳いでいたという方が近かった。

|

« 酒 | トップページ | 真夜中のセルフ式スタンド »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

勝ててよかった!
びしょぬれであの寒さで、負けて帰るなんて悲劇としか言いようがないですもん。
遠藤選手には直接おめでとうを言えて、本人も舞い上がっていて、嬉しい初ゴールでした。
遠藤くんが17歳のときにサイン会でサインをもらったのを覚えてます。
そして2年…10代でのゴールが決まってよかった…
ホーリーホックも「前へ。」の一歩が踏み出せました。

投稿: ほーりーっ子 | 2009年3月15日 (日) 06時09分

この試合で負けてたら、いきなりつまづいてトンネル入りしてたかも分からないくらい、今季の運命を決定付ける一戦だったと言っても良い試合だと思います。

あの動きがどのチーム相手でも出来れば、そこそこ行けますね。あとは自信を持ってやって欲しいですね。ボールを持ったらシュートしか考えてなかったという今回の遠藤選手のような姿勢が大事ですね。

投稿: メークイン男爵 | 2009年3月17日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2009 vol.1:

« 酒 | トップページ | 真夜中のセルフ式スタンド »