« HH観戦記2009 vol.1 | トップページ | けんしん巡りの旅 vol.19 »

2009年3月16日 (月)

真夜中のセルフ式スタンド

昨日、龍ケ崎市に住む友人のとびち氏と久し振りに会い、
夜遅くまで遊んだのですが、
会う少し前に愛車の給油ランプが点灯しました。
更に、牛久市方面へちょこちょこと移動したのですが、
ランプが点灯してからおおよそ100km前後は走れる筈なので、
最初は普通に高速道路で帰れば燃費も稼げて、
家の近くのスタンドで給油出来ると思いました。

しかし、例えば残り5Lくらいで点灯するとすると、
燃費から計算すると60km程度しか走れないことになり、
本当に100km程度走れるのか心配になってきました。
しかも、牛久から水戸まで大体60kmちょっとですが、
既に街乗りで数十km走ってしまっていましたし、
街乗りよりは高速道路の方が燃費は良いものの、
ある程度以上にスピードを出すと逆に悪くなってくるので、
高速道路の途中でガス欠にでもなったら、
そっちの方が面倒なことになると思いました。

出来ることなら同じブランドのスタンドが良かったのですが、
もう既に夜中の1時を過ぎており、
こんな時間に営業しているとすれば
セルフ式ガソリンスタンドくらいしかないと思いましたし、
自分ちの近くなら兎も角、
あまり詳しくない土地でうまくセルフスタンドを
見付けられるかどうか保証はないので、
この際、贅沢は言っていられないので、
開いているスタンドがあれば入るしかないかなと思いました。

以前、山形県に行った際、
ガソリンカードを使うためにブランドに拘り、
カーナビで検索したスタンドが悉くセルフではないスタンドで、
しかも土日は普通に店を閉めている所が多かったので、
探すだけでかなり苦労した記憶があったので、
あの時のようにいつガス欠になるか分からない恐怖と
戦いながら探し回るのは避けたいというのがあったのです。

ならば、下道(一般道)で帰る道すがら見付かれば、
そこに入るということにした方が無難だと思い、
下手に高速道路に乗らずに下道で帰ることにしました。
…などと思いながら走っていたにも拘わらず、
何となくつくば牛久ICの入り口に行き着いてしまったので、
結局成り行きでそのまま高速に乗ってしまいました。

そこからはもうガソリン残量計と睨めっこでした。
針がEmptyの目盛りより更に振り切る方へずれてきたので、
あと何十km持つのか気が気でなく、
80km/h程度に抑えて走っていました。
けれども、友部SAまで行かないとスタンドがないので、
果たして持つのかどうか心配でなりませんでした。
逆に、もし友部SAまで行けるとすれば、
そのまま自分ちの近くのスタンドまで行けそうな気もして、
そんな風に色んな考えが頭の中で渦巻いていました。

時間的に車内の空気も冷え切っていたのですが、
少しでもガソリンを節約するため暖房もかけませんでした。
こんなことなら、まだ余裕があると思わずに、
出掛ける前に給油しておけば良かったと思いました。
どうも古いガソリンの上に注ぎ足すような感じが好きではなく、
ある程度空っぽに近くなってからでないと
あまり給油する気が起きないという性格に加え、
当初とびち氏と会うとは思っていなかったというのもあって、
行って帰って来るくらいは持つだろうと思ったのですが、
色んな事態に備えておくことの大切さを学びました。
まさに「備えあれば憂いなし」だと思いました。

土浦市辺りまで来てもまだ残り40km以上もあり、
友部SAまでも30km程度先という状況でしたが、
そこまでは持つと信じて友部で給油することにしました。
しかし、「こんな真夜中にもし途中でガス欠になったら…。」
そんな不安がどうしても拭えず気が気ではありませんでした。
その時、土浦北ICまで残り2kmという案内標識が
目に飛び込んで来ました。
すると、瞬時に頭の中で物凄い情報の検索作業が始まり、
咄嗟にそこで降りることに決めました。

このインターは時々利用しているのですが、
確か近くにセルフスタンドがあった筈だと思い出したのです。
もしかすると勘違いということも有り得たので、
この勝負が吉と出るか凶と出るかは分かりませんでしたが、
このまま高速を走り続けるよりは良いような気がしました。
そして私は一か八かで高速を降りました。

その結果、記憶は正しく、
同じブランドのセルフスタンドだった上に、
いつも利用している所や周辺の相場と比べ
少し単価が安いというおまけまで付き、
無事給油することが出来ました。
看板を見付けた瞬間、「助かった」と思いました。
普段は夜中に走ることはそんなに多くありませんが、
こういう状況になってみて初めて
24時間営業セルフスタンドの有り難みを痛感しました。

もし、あのまま高速道路を走り続けて、
途中でガス欠になって色んな人に迷惑を掛けたり
大事(おおごと)になっていたらと思うと、
間一髪の判断が運命を左右したと思うので
良い結果の方を選べて良かったと思いました。

その後はもうガソリンの心配をすることもなく、
車内も暖かくして家路に就くことが出来ました。

|

« HH観戦記2009 vol.1 | トップページ | けんしん巡りの旅 vol.19 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの息子は、点滅を始めるとすぐに入れないと心配になるようで、そこまでのぎりぎりの攻防はしたことがありません。
たぶん私はもっと早目にガソリンを入れるタイプかもしれません。
ガス欠にならなくてよかったですね。

今、土浦北だと100~106円くらいですね。
今日も息子と170円時代の話をしながら車に乗っていました。

投稿: 葵の上 | 2009年3月21日 (土) 20時44分

Eに近付いてきたら入れないと心配という方も居ますよね。そういう癖を付けておいた方が良いと思います。何もランプが点灯するのを待ってる必要はないですしね。
ほんと、JAFを出動させずに済んで良かったです。

確かメンバー価格で2桁だったと思います。牛久の方は106円くらいだったので、安いなと思いました。ま、200円近くいった時のことを考えれば小さな話ですけどね。

投稿: メークイン男爵 | 2009年3月21日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のセルフ式スタンド:

« HH観戦記2009 vol.1 | トップページ | けんしん巡りの旅 vol.19 »