« 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 | トップページ | HH観戦記2009 vol.2 »

2009年3月24日 (火)

侍ジャパンWBC2連覇!

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、
本当は日本の結果を毎試合とも書きたかったのですが、
2連覇を信じていたので、
頂点に立つのを静かに見守ろうと決め、
他の人と同様に一喜一憂したい所をぐっと我慢し、
これまで敢えて詳しく触れないで来ました。
0903242wbc001




この変なポリシーのニュアンスを理解して貰うのは
難しいと思いますが、
「勝利に浮かれることなく、敗北に落胆することなく、
目指すべき頂点へ向け確実に一歩ずつ駒を進めるため、
すぐに次の試合へ気持ちを切り替えて気を引き締め、
ベストを尽くして欲しい」という気持ちからで、
最後まで緊張感を切らさないという気持ちが
メンバーと一体になっていた感じがありました。

それだけに、今日の韓国との決勝戦を制して
WBC2連覇の偉業を達成した瞬間、
それまで張り詰めていた緊張感からやっと解放されました。
正直な所、今大会5度目となる韓国との対戦は
新鮮味が全く感じられず(少ししつこい感じもあった)、
「対戦方式をもう少し工夫した方が良かったんじゃないかな」
と試合前は思ったりもしていたのですが、
ここまで2勝2敗の五分という熱戦を広げ、
同じアジアにあって最大のライバルと認める両者にとって、
どちらが強いのかはっきりさせる戦いでもあり、
同時に世界一を決める戦いでもあり、
自国の誇りを懸けて戦う姿は決勝戦と呼ぶに相応しい、
両者一歩も譲らない引き締まった試合となりましたね。

私も生中継を仕事をしながら途中から観ていましたが、
ヒットが続いても、もう1点欲しいという所で
あと1本を打たせて貰うことが出来ず、
リードを大きく広げることが出来なかったことで、
韓国の粘りに遭って簡単に逃げ切らせて貰えず、
延長10回に三度勝ち越しに成功し、
粘る韓国を何とか振り切って最後は逃げ切ったものの、
一歩間違えれば韓国にサヨナラ勝ちされていたかもしれず、
紙一重の所で勝敗が分かれたなと思います。
その中で一度もリードを許さなかったのは大きかったです。

今大会は「日韓戦」のためにあったような
錯覚さえ起こしそうですが、
本当に韓国の強さを感じましたね。
両チームに言えることは基本に忠実であり、
どんなチームと戦っても斑(むら)が少なく常に安定した戦いが
出来ていたのが強さの秘訣だと思います。

韓国に比べるとほとんどホームランがなく、
こつこつとタイムリーヒットや犠牲フライで
得点を重ねていた印象に日本ですが、
それを支えていたのは紛れもなく投手陣でしょう。
先発投手に始まり、中継ぎ、抑えに至るまで、
マウンドに送り出される投手が
皆それぞれの役割をしっかり果たし、
継投ミスがほとんどなかった安定感が、
良いリズムを生み出していたと思います。
勿論、起用される野手が皆期待に応えて
しっかり結果を出していた点も大きかったですね。

大会に合った戦い方にうまく順応しつつ
手の内の分からない色んな相手と戦わなければならない
短期決戦を勝ち進むのは容易ではないでしょう。
だからこそ、「もう一度世界一を目指そう」と言って始まった
この2連覇は大偉業であり、重みがあると思います。
私も最後の一球まで心臓が締め付けられるような
緊迫感を持って(気持ちは)ナインと共に戦い、
改めて日本の野球レベルの高さを誇りに思いました。
0903242wbc003

|

« 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 | トップページ | HH観戦記2009 vol.2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍ジャパンWBC2連覇!:

« 圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通 | トップページ | HH観戦記2009 vol.2 »