« 変わり続けるライフスタイル | トップページ | 初ハーフマラソン完走 »

2009年4月 4日 (土)

思い出の詰まったファミレス

もうだいぶ夜遅くなっていたが、
迎えを頼まれたので車で近所を走っていた時、
ふと中華料理のチェーン店が暗いことに気付いた。
いつも深夜まで営業している店なので、
まだ閉店するに時間が早いのに変だなと思った。

「あれ?おかしいな、臨時休店日かな?」
と思いながらよく見てみると、
店の外壁から看板が取り外されていることに気付いた。
それで全てを察した。
ちょっと前までは普通に営業していたし、
お客さんもそこそこ入っていたように見えたので、
まさか閉店するだなんて思いもしていなかった。

ここは私にとって思い出深い店だった。
いつオープンしたのかははっきりは分からないが、
自転車で気軽に行ける距離にあったので、
地元の友人とどこで食事をするか迷った時や
ちょっと立ち寄る時には持ってこいの場所だった。
高校時代までよりはむしろ大学生になってから
時々地元に帰省して友達と会ったりする時に
何かあると手頃なここに行くようになったという感じで、
近況やら相談事やら色んな話を語り合ったものだった。

チェーン店ということもあるが、
うちの近所では一番近いファミレスだったからなのか、
行き付けの店と言っても良いくらい
事ある毎にここに入っていたせいで、
ほとんどのメニューを食べ尽くしてしまったと
言っても過言ではなかった程だった。

そういう意味では私が地元にUターンした今でも
地元の友達と再会する場所というイメージが強く、
地元に居ることを感じられ、寛げる場所だった。
そんな思い出の詰まった店だった。
それが突然閉まっていたのだからショックを受けた。
どこにでもある全国チェーンのファミレスだから
大して物珍しい訳でも何でもないのだが、
失って初めて掛け替えのない存在だったことに気付いた。

|

« 変わり続けるライフスタイル | トップページ | 初ハーフマラソン完走 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

近くのファミレスがなくなるというのは寂しいことですね。
私も徒歩5分以内で行けるファミレスがなくなってから、気軽に友達を連れて行くところがなくなりました。
そういうところって、思い出がいっぱいつまっているんですよね。
残念です。

投稿: 葵の上 | 2009年4月 8日 (水) 08時36分

おしゃれな店を新しく開拓したい気持ちもありますが、何故か落ち着くので最終的にそういう所に行き着いてしまいますよね。
葵の上さんちの近くのファミレスがなくなったのも寂しかったですね。お客さんが食事をしていた時と、閉店後のひっそりとしてがらんとしてしまったがわだけのレストランがこんなにも違う表情になってしまうとは、という感じですね。

投稿: メークイン男爵 | 2009年4月 9日 (木) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の詰まったファミレス:

« 変わり続けるライフスタイル | トップページ | 初ハーフマラソン完走 »