« 夏も近付くぷよぷよの腹 | トップページ | 未読メール500通に »

2009年7月 7日 (火)

見掛けなくなった昆虫たち

今日は七夕ですね。
夏みたいに暑かったですね。

ふと、夕飯の時にキャベツを食べていた父が、
「そう言えばキャベツで思い出したけど、
最近蝶々を見なくなったなぁ。」と言いました。
「蝶々は春の風物詩だもん、今は居ないでしょ」
と一瞬何を言い出したのかと思ったのですが、
「何年か前まではよく色んな蝶々が飛んでたけど、
最近はあんまり見掛けないね。」と続けて言ったので、
「あぁそう言う意味で言ったのね」と理解すると共に、
「確かにそういわれて見ればそうかも」と思いました。

見掛けなくなったものと言えば、
私が小学校に入った頃までは夏になると
家の周りでもホタルが見られました。
でも、今じゃ一匹も見掛けません。

メダカも近くの用水路などをよく泳いでいたのですが、
今は全く見なくなりました。
あと、ニホンザリガニも中学生に上がる前に
完全にアメリカザリガニに取って代わられてしまいました。

昔に比べて蛙やトンボが減ったという話も時々していて、
私が中学生の頃までは秋になると赤とんぼが
家の外壁にびっしりと止まって羽を休めていたのが、
近頃はかなり数が減ってしまい、
オニヤンマなども見掛けなくなってしまいました。
蛙はまだそこまでは減った実感はありませんが、
昔に比べると多少減ってきているかもしれません。

蝶々に関しても、ちょっと前に新聞のコラムか
何だったか忘れましたが、
確か、「キャベツ畑であまり蝶々を見掛けなくなった」
というような話を見たか聞いたような気がしますが、
言われてみると春先になるとうちの周りには
モンシロチョウやモンキチョウが飛びまくり、
たまにアゲハチョウなども飛んでいましたが、
近頃ほとんど見なくなってしまったことに気付きました。

アリジゴク及びウスバカゲロウもよく軒下に居たのですが、
今じゃこれも我が家では全く見掛けません。

少年時代に虫取り網を持って
それらを追い掛け回していたのが懐かしいです。
確実に生態系が変わっていっているのを改めて感じます。
モンシロチョウまであまり見掛けなくなってきたのは
ちょっとショックですね。
来年の春に再調査してみます。

|

« 夏も近付くぷよぷよの腹 | トップページ | 未読メール500通に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見掛けなくなった昆虫たち:

« 夏も近付くぷよぷよの腹 | トップページ | 未読メール500通に »