« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 夏野菜カレー »

2009年8月16日 (日)

HHスカパー!観戦記2009Ⅱ

水戸の試合は全部チェックしたいのが本音であるが、
そうすると他のことが出来なくなってしまうので、
アウェイ戦に関してはいつもは結果やダイジェストを
見るだけにして敢えて気にしないようにしているのだが、
未だ行ったことのないパブリックビューイングの雰囲気が
どんなものか知りたかったのも含め、
今節はどうしても試合をリアルタイムで観たかったので
初めはそれに出掛けるつもりで居た。
しかし、家事などの所用と重なって試合開始に
間に合わなくなってしまったため
やむなくスカパー!で観ることにした。

51試合という長丁場のJ2も今節が第2クール最終節。
つまり、3分の2を消化したことになる。
MFキムテヨン選手と村松潤選手のダブルボランチを
警告累積による出場停止で欠くことになった水戸は、
更にFW吉原選手も腰痛のために欠場ということで、
久し振りに荒田選手と高崎選手の2トップを据えて、
第2クール最終節を勝利で締め括るべくアウェイに乗り込み、
全カードで一番最後となるキックオフを迎えた。

解説者が水戸のサッカーや選手達の動き、
特に守護神・本間選手のことを褒めてくれるものだから、
「そんなに褒められると照れるじゃないか」と思いつつも、
良い気分で見守っていると前半9分に早くも試合が動いた。
正確性が向上しているという本間選手のキックから
高崎選手が頭で流したボールを
荒田選手がうまくトラップして冷静に先制点を挙げたのだ。
過去4回の対戦でいずれも得点を決めている荒田選手が
この試合でも鮮やかにゴールを奪ってみせた。

その後も優位に試合を進めていたが追加点を奪えず、
ハーフタイムを迎えた。
私は他のカードの途中経過などを確認した後、
この時間を利用して夕飯の準備をしていた。
あっと言う間に後半開始の時間になってしまったので、
「急いでテレビの前に戻らないと」と思って支度していたら、
テレビから興奮気味の実況の声が聞こえてきた。

慌ててテレビの前にすっ飛んでいくと、
何と後半開始僅か30秒でMF森村選手がミドルシュートを放ち
追加点を挙げたということだった。
まさかそんなに早く決まると思っていなかったので、
ちょっと席を立った時に限ってホームランを見逃したような
間の悪さと悔しさを感じずには居られなかったが、
一回見逃したらそれっきりの生観戦と違って、
何度かそのシーンを再生してくれるので助かった。
(でもやっぱりリアルタイムでその瞬間を観たかった…。)

これでリードが2点に広がりかなり有利になったが、
その後も追加点のチャンスがありながら決められずに居ると、
後半10分にカウンターから個人技で強引にゴールを
こじ開けられ1点差に迫られてしまった。
セットプレーとカウンターは試合展開の優劣に関係なく
点が取れてしまう怖さがあるので注意しなければならないが、
これはDF陣もきちっと戻っていたし、
ゴールを決めた相手を褒めるしかなかった。

リードを追い付かれてしまった前節の悪夢が
微かに脳裏を過(よぎ)ったが、
褒めちぎってくれる解説者を裏切るようなことはなかった。
後半27分、カウンターから中央でキープしたMF菊岡選手が
右サイドを駆け上がるDF保崎選手へと繋ぎ、
その保崎選手がお手本通りに挙げたクロスに
高崎選手が頭で押し込んで鮮やかに追加点を奪った。

その後もチャンスはあったが3-1で試合終了となった。
だが、復帰後初めてフル出場となった荒田選手が
観ていても途中から相当しんどそうだったように、
試合終盤でこの状況でも守りに入らず、
貪欲に追加点を取りに行こうとする水戸の姿勢を
解説者がまた褒めてくれていたのだが、
最後まで攻め抜くこの隙のなさは本当に誇らしく思う。

第2クールを勝利で締め括った水戸は、
6位以下との差を広げて第2グループから一歩抜け出し、
首位までも勝ち点9差の好位置につけて
最終・第3クールを迎えることとなった。

水戸の第2クールの成績は9勝4分け4敗で、
第1クールの8勝4分け5敗よりも良くなっているが、
4敗は全て上位4チーム相手のものであり、
第2クールでも上位相手に勝利することが出来なかった。
その差がそのまま順位、勝ち点差となって現れているので、
次節の第3クール緒戦の上位チームとの対戦が
一つ大きな見所となるのは間違いない。
いよいよ運命の残り17試合が始まる。

▼第34節:○3-1(前半1-0)、勝ち点59(第5位)


☆J2順位表(第2クール(第34節)終了時点)
①セレッソ大阪…勝ち点68
②ベガルタ仙台…勝ち点66
③湘南ベルマーレ…勝ち点66
④ヴァンフォーレ甲府…勝ち点64
⑤水戸ホーリーホック…勝ち点59(17勝8分9敗)
⑥サガン鳥栖…勝ち点54
⑦東京ヴェルディ…勝ち点53
⑧徳島ヴォルティス…勝ち点52
⑨コンサドーレ札幌…勝ち点50
⑩カターレ富山…勝ち点48
⑪ザスパ草津…勝ち点42
⑫FC岐阜…勝ち点41
⑬アビスパ福岡…勝ち点36
⑭ロアッソ熊本…勝ち点34
⑮愛媛FC…勝ち点32
⑯ファジアーノ岡山…勝ち点28
⑰横浜FC…勝ち点23
⑱栃木SC…勝ち点21
※横浜FCと栃木SCは1試合未消化


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・腕立て:ゆっくり10回。ほぼ毎日日課として行っている。
・腹筋:回数よりも負荷が掛かっていることを意識しながら適宜行った。こちらも寝る前にほぼ毎日行っている。

|

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 夏野菜カレー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

最初から実力差がかなり感じられました。
だから水戸を褒めないと褒めるところがなかったんじゃないでしょうか。(笑)
荒田は復帰後、初めての90分出場ですからね。
かなり消耗していました。
気温も高かったですし、うちの選手にとってはかなりきつかったと思えます。
でも水戸の形で勝利が出来てよかったです。

そうそう、選手紹介のとき、荒田の名前が読み上げられると、すごいブーイングが起こりました。
あちらのサポの方からも「荒田選手はきてるの?」って聞かれ、来てると答えるとがっかりされましたし。
キラーですもんね。(爆)

投稿: 笑 | 2009年8月19日 (水) 05時58分

試合に出られない選手の影響を感じませんでしたよね。
菊岡が85分過ぎでも積極的に前にパスを出す姿を見て、「この時間帯になっても中盤はどんどん前の選手を走らせますね」って実況が言ってました。荒田もフルで出られたんで、次からは監督も心置きなくスタメンで起用出来そうですね。

下田選手もだんだん動きが良くなってますし、堀選手も良い動きしてますし、これで大将が出られてない鬱憤を晴らす動きを見せてくれると、もう最強軍団ですねこれは。

新しいゲーフラ考えてもよいですか?

投稿: メークイン男爵 | 2009年8月19日 (水) 16時35分

どうぞ!
デザイン待ってます。

投稿: 笑 | 2009年8月19日 (水) 16時37分

その時はよろしくお願いします!

投稿: メークイン男爵 | 2009年8月20日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HHスカパー!観戦記2009Ⅱ:

« (“Healthiole!” Memo Only) | トップページ | 夏野菜カレー »