« 稲穂はびっしり出てるけど… | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

2009年8月10日 (月)

HH観戦記2009 vol.13

前日栃木の試合が台風9号や停滞前線の影響で
雷雨のためノーゲームになったが、
この日も朝から断続的に激しい雨に見舞われる天気で、
今日のホーリーホックのホーム戦も他人事とは思えず、
試合前は無事開催出来るのか心配していた程だった。
しかし、試合が始まった後はほとんど上がってくれた。

この日は珍しい月曜ナイターの試合だったが、
ただでさえ平日開催は観客が来づらい上にこんな天気では
1,000人に満たないかもしれないと思ったが、
予想外に1,400人以上が詰め掛けた。

こういう雨の日のゲームというのは、
水溜まりや不規則なバウンドに手こずったりして、
どんな結果になるのか読めないという
ある意味で「面白い試合」になりそうだと思ったが、
これまた予想外に水溜まりが出来ている様子もなく、
雨で芝が滑り易いなどの影響はほとんどなさそうだった。

ただ、選手達にとっては若干蒸し暑かったかもしれない。
更に、長い時間を10人で戦うことを強いられ、
接戦を演じた前節の疲れもあったのか、
前半は全体的に動きが重いように見えた。
FW荒田選手にDF大和田選手と保崎選手の合計3人が
出場停止だった影響も少なからずあったと思う。

相手はこの所3連勝(5試合で4勝1分け)と調子が良く、
失点の少ない堅守のチームとあって、
楽に勝てる相手じゃないと思っていたが、
それでも、ワンチャンスからGKと1対1になった
FW吉原選手が倒されて得たPKを自ら左隅に突き刺し、
前半18分に早くも先制することに成功した。

(▼今回から登場したPK時の電光掲示板の表示)
S33002_3




しかし、なかなか追加点を取れそうな雰囲気がなく、
ようやく前半の終盤にネットを揺らしすも
直前にファウルを取られて糠喜びに終わり、
1-0のままハーフタイムになった。

雨上がりで空気が澄んでいたのかどうかは分からないが、
いつもより声の通りや音の伝わりが良く、
ピッチ上の選手達の声もよく聞こえてきたし、
観客席からの単発の声援もスッと通る感じだった。

後半に入っても相手のセットプレーのシーンが多く、
1点しかリードがないのでその度に冷や冷やした。
更に、ボールを奪う動きに関しては良くなったが、
その後のパスが中途半端で勿体ないプレーが目立った。
それでも、本間選手のファインセーブに助けられる場面が
何度かあったりして落ち着かなかったが、
要所を締めて手堅くリードを保っていた。

しかし、後半26分に恐れていたCKから、
痛恨の同点ゴールを許してしまった。
最近追い付かれる展開を味わっていなかったので
ちょっと嫌な感じがした。
その後も、GKと1対1になったりして
度々絶好機を作ってはいたのだが、
いずれも決めることが出来ず、
時間ばかりが無情に過ぎていった。
ロスタイムの最後のチャンスもバーに当てるなど
ゴールへあと一歩のところまで迫る執念は見せたが、
無念の痛み分けとなった。

これで勝ち点56となりチームの年間最多タイ記録に並んだ。
前日に水戸を除く上位7チームの試合が終わっていて、
勝ち点伸ばしに手こずっているチームが多かったので、
今日水戸が勝てばかなり躍進出来るとあって、
是が非でも今日は勝ちたかったし、
逃げ切っていれば勝ち点3を得られていたと思うと悔しいが、
得点も失点も紙一重だったのは相手にとっても同じで、
どっちが勝ってもおかしくなかったので、
それ以上の失点を許さなかったのは評価したいと思う。
でも、こういう試合で勝ち切れるようにならないと、
勝ち点1を争う熾烈な昇格争いで勝ち抜けないと思うので、
この反省を生かして欲しいと思う。

この後の水戸の日程はアウェイ戦が2試合続き、
その後ホーム戦を1試合行って
また2試合アウェイ戦が続くのだが、
私はそのホーム戦観戦に行けない可能性が高いため、
次観に行けるのは多分1ヶ月以上先になってしまうと思う。

▼第33節:△1-1(前半1-0)、勝ち点56(第5位)

|

« 稲穂はびっしり出てるけど… | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HH観戦記2009 vol.13:

« 稲穂はびっしり出てるけど… | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »