« 新型インフルエンザに大流行の兆し | トップページ | HHパブリックビューイング観戦記2009 »

2009年8月21日 (金)

“ケーズデンキスタジアム水戸”

タイトルを見て「ケーズデンキスタジアム水戸って何!?」
って思われたそこのあなた!!
「最近流行のネーミングライツ(施設命名権)絡みかな」
とピンと来た方もいらっしゃることでしょう。
まさしくその通りでございます。
昨日までは「水戸市立競技場」という平凡な名前でしたが、
今日からこの名前が使われることに決まったのでございます。
因みに略称は「Ksスタ」でございます。

水戸市市制120周年記念施設であるこのKsスタですが、
現在今年11月のオープンに向け、
座席数10,000席、収容人数12,000人のスタジアムに
生まれ変わるべく大規模改修工事中で、
J2水戸のホーム戦最終3試合も開催される予定です。

今や全国的には「ネーミングライツ」は珍しくありませんが、
茨城ではあまり馴染みのない出来事だったので、
水戸市が募集していると知った時はかなり驚きました。

ネーミングライツが取り入れられるようになった当初は、
本来の名前をいたずらに変えてしまうこういう風潮に
疑問を感じ否定的だった私ですが、
巨額の運営費を自治体だけで支払っていくことの厳しさや、
企業側としても宣伝効果が期待出来ること、
そして、利用者にとってもニックネームのような感覚で
覚え易いという利点などを考えると、
Jリーグの多くのホームスタジアムが
ネーミングライツの名前になっている現状なども踏まえ、
水戸市もこういう柔軟な対応を検討したことは
むしろ喜ばしいことだと純粋に思いました。

ところで話は少し逸れますが、
Jリーグにも規約規定というのがございまして、
実は結構細かく色んな条件が決められている訳ですが、
例えばJ2に入会するためには入会金2,000万円、
年会費2,000万円が掛かってプロA契約選手が5名以上、
椅子席10,000以上あるホームスタジアムを有するなど、
主なものだけでも様々な条件があります。

水戸ホーリーホックの場合、
本来、ホームタウンである水戸市にこういう条件をクリアする
ホームスタジアムを構えるべきところなのですが、
当時は該当する競技場が市内になかったため、
暫定的に笠松運動公園陸上競技場を
ホームスタジアムとして許可して貰っていた経緯があり、
今回の改築で椅子席を10,000席に増やしたのは、
このJ2の参加条件をクリアするスタジアムに
改修する意図があったのは明白です。

しかし、今季の水戸の快進撃が、
オープン前から思わぬ問題を発生させようとしています。
きっと改築計画当初は水戸がJ1昇格争いをすることは
しばらく先の話だと思っていたのでしょうが、
J1昇格の条件では椅子席15,000以上となっており、
このまま水戸がJ1昇格条件の3位以内に入れるとすると、
昇格のためには更に5,000席追加しなければなりません。
予算の都合などもあったのかもしれませんが、
何故最初から将来的なJ1昇格を見越して
15,000席用意する計画にしなかったのか疑問です。

僕は思います、「まだオープン前なんだから、
オープンしてからまたごちゃごちゃ弄(いじ)るくらいなら、
今からでも椅子席15,000設置に予定変更すべきだ」と。
とまぁ、こんな強気なことを言っていて、
シーズン終盤でどういう展開になっているか分かりませんが、
いずれにしても中途半端な計画は良くないと思います。
少なくとも明日首位チームに勝ったら予定変更して下さい。

あと、Jクラブ33チーム中、平均観客動員数最下位、
強化費なども最低レベルと言う水戸がJ1に行くためには、
乗り越えなくてはいけない厳しいお金の壁が沢山あります。
座席数以上にシビアな問題です。
J1参加条件として入会金6,000万円、年会費4,000万円を
支払わなければならない上、
プロA契約選手15名以上25名以下を有し、
サテライトチームを編成出来ることなども条件にあります。
今季の水戸にとってはどれも頭(と懐)が痛い条件です。

という訳で、サッカーに興味がない人も、
水戸市民じゃない人も、茨城県民じゃない人も、
日本に住んでいない人も是非水戸を応援して下さい。
もう、極端に言えば「念ずれば通ず」ってことで、
心の中で「頑張れ水戸ホーリーホック!」
と訳が分からずとも念じて下さるだけでも力になります。
ケーズデンキスタジアム水戸共々宜しくお願いします。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約26分、1050m。約2ヶ月のブランクを経て久し振りに泳いだ。クロール、背泳ぎ、平泳ぎを均等に泳いだ。インターバルはあまり長くは取らなかったが、息が持たず長距離は泳げなかった。
・腕立て伏せ:ゆっくり10回。(昨日も同様に行った)
・腹筋:適宜(両足を持ち上げた状態で腰を少し浮かし、腹筋を意識しながら100回動かす)。(昨日も同様)

|

« 新型インフルエンザに大流行の兆し | トップページ | HHパブリックビューイング観戦記2009 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ケーズデンキスタジアム水戸”:

« 新型インフルエンザに大流行の兆し | トップページ | HHパブリックビューイング観戦記2009 »