« 水戸市内でも木々が色付き始める | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

2009年10月18日 (日)

HHアウェイ観戦記-東京戦-(仮)(※写真未挿入)

今日は親友のえば氏と初めて味の素スタジアムに行った。
彼と会う約束を決める際に手帳で予定を確認した所、
丁度ホーリーホックのアウェイ戦(対東京ヴェルディ)が
彼の家から比較的近い味スタで行われることに気付き、
「これは!」と思って恐る恐る誘ったら快諾してくれたので、
久し振りのアウェイ観戦が実現することになった。

ただ、チケットを取った1ヶ月以上前は5位だったし、
昇格への可能性もまだ十分に残されていた。
それがまさか9月から未勝利(2分け6敗)のまま、
6連敗(10日に行われた第89回天皇杯でも福岡大に競り負け、
公式戦7連敗)という最悪な流れの中で
この試合を迎えることになろうとは思ってもみなかった。

確かに、毎年昇格争いに加わっていても、
なかなか昇格出来ないチームが多い現実を考えれば、
水戸にとって初めて訪れた昇格のチャンスを、
1回でモノに出来る程甘い世界ではないのだろうが、
もう少し終盤まで良い状態を維持して欲しかったなと思う。
一番勝たねばならない、踏ん張らねばならない時期に
取り返しの付かない程の大ブレーキが掛かってしまった。
原因は様々だろうが精神的な面も大きいように思う。


昨日とは打って変わって好天に恵まれた今日は、
日差しが強かったのでずっと日焼けを心配していたが、
アウェイゴール裏席は方角的に丁度屋根の下で
日陰になってくれたこととキックオフが16時だったので、
心配は杞憂に終わった。

半袖のオーセンティックユニホーム1枚だけでは、
日没が早くなっているので徐々に寒くなるかなと心配したが、
試合終了まで全く寒気を感じなかったし、
むしろちょっと熱いくらいで丁度良かった。


対戦相手の東京ヴェルディは監督が交代したばかりで、
水戸ほどではないが最近あまり好結果が出ていないので、
6連敗に加え、3試合連続無得点、複数失点続きの
悪い流れで迎える今節の水戸にとってみれば、
付け入る隙があるとすればそこかなという気はした。
しかし、いずれにしても苦戦しそうだという覚悟はあった。

本調子ではない高崎選手に代わり、
FW山本選手が初スタメンとなったことにも注目したが、
兎に角、まずは最近目立つ失点を抑えて欲しかった。
しかし、開始早々の3分にいきなり期待を裏切られた。
簡単にサイドを使われて速攻を許しクロスをあげられると、
シュートのこぼれ球を詰められあっさり失点してしまった。

全体的にプレスが甘くて思うようにポゼッション出来ず、
セカンドボールもほとんど拾えておらず、
常に押され続けているような印象だった。
37分にはCKからあっさりヘディングシュートを決められ、
今のチーム状態では重い2点のビハインドを背負ってしまった。

後半からFW吉原選手を投入し、
更に遠藤選手や堀選手と言った攻撃的な選手を投入して
点を奪いに行く姿勢を見せたものの有効な策はなく、
ようやく後半35分過ぎになって気迫の籠もったプレーが
見られるようになってきたものの得点には至らず試合終了。
最後の10分間のようなプレーを最初からしてくれていれば、
もっと違った展開になっていたと思うが、
どうも気持ちが切れてしまっているように見えてならない。

負けなかった頃は全ての歯車が良い方へ噛み合っていた。
しかし今は何をやっても歯車が噛み合わなくなってしまった。
完全に失速したチームは遂に3年振りの7連敗となり、
8位後退と同時にJ1昇格の可能性が完全に消滅した。
喉から血が出るまで声援を送り続けたが届かなかった。


けれど、肩を落としている暇もなく、
中2日で次節のホーム戦がやってくる。
まもなく完成予定のケーズデンキスタジアム水戸が
今後はホームスタジアムになる予定であるため、
メインスタジアムとしての笠松運動公園陸上競技場での試合は
これが最後ということになる。
改めて言うまでもなく、是が非でも勝利を収めて欲しい。


第45節:●0-2(前半0-2)、勝ち点67(第8位)

|

« 水戸市内でも木々が色付き始める | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HHアウェイ観戦記-東京戦-(仮)(※写真未挿入):

« 水戸市内でも木々が色付き始める | トップページ | (“Healthiole!” Memo Only) »