« 入浴中は個性が出るもの | トップページ | 探していた黒ジーンズ見付かる »

2009年11月18日 (水)

「Jリーグ百年構想」はどうなるのか

昨日、大分トリニータが「公式試合安定開催基金」から
巨額の融資を受けることが決まったというニュースや、
経営難に陥りクラブ存続危機に立たされていた
東京ヴェルディがスポンサー料収入の目処が付き、
来季もJ2で戦うことが決まったというニュースがあった。
今オフから選手の移籍金が撤廃されることと合わせ、
ホーリーホックサポーターの私も他人事には思えなかった。

経営母体を持たない市民クラブであるホーリーホックも、
相当苦しい台所事情でクラブ運営を行っている訳で、
その中でどれだけの方が尽力されているか数知れずだが、
いつ同じような状況に追い込まれてもおかしくはない。
表面化していなくとも、似たような状況下にあるチームは
決して少なくないと思う。

今日も明日(あす)のJリーグ参入を夢見て
活動するチームが全国各地に存在しているが、
現実は決して明るい未来ばかりではない。
Jリーグが掲げる「百年構想」が行き着く先は
果たしてどこなのだろうか。
これらのニュースを見ながらしみじみ思った。

|

« 入浴中は個性が出るもの | トップページ | 探していた黒ジーンズ見付かる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Jリーグ百年構想」はどうなるのか:

« 入浴中は個性が出るもの | トップページ | 探していた黒ジーンズ見付かる »