« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の2件の記事

2010年8月31日 (火)

パンプキンシチュー

今年の夏は本当にもう記録的に暑いですね。
最高気温が30℃を下回った日が数える程しかないですし、
雨が全く降らないですよね、えぇ。
最近ほとんど天気予報を見ていないのですが、
毎日あまり天気も気温も代わり映えしないので、
見ないでも何の心配もなく過ごせてしまっています。

確かに、少しずつ日が詰まってきているのを感じたり、
新学期が始まって学生らの通学風景を見るようになったり、
田圃の黄金色がだいぶ濃くなってきていて
稲穂が垂れてきているのを見れば、
秋が徐々に近付いているのは分かるのですが、
それでも一晩中扇風機を付けて寝ていても
朝には寝汗を掻いているくらい暑いですし、
今日で8月が終わりだなんて言われても
全然実感が湧かないですね。


じゃ、毎月月末恒例の体組成測定結果を記しておきます。
先月末は本当に測ること自体をうっかり忘れていて、
更には、発売日(店舗によってはその前日)に買うことを
モットーとしている『ONE PIECE 59巻』の発売日までも
数日過ぎてから気付く程ボケッとしていたのですが、
今回はしっかり測定しました。

●内臓脂肪レベル:4(標準)
●基礎代謝:1534kcal/日(燃えやすい)
●体内年齢:17歳
●筋肉量:51.8kg(標準)
●推定骨量:2.8kg
●体重:62.6kg
●体脂肪率:12.8%(-標準)
(※夕食前、入浴前測定。)

時々測っていたのである程度予想は出来ていたのですが、
体重、体脂肪率共にやや増加傾向にあるのが気になります。


最後になりますが、
夕食のパンプキンシチューが
緑黄色野菜など具が盛り沢山で美味しかったです。
最後に牛乳を入れる所がポイントらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

運命の試験日(※写真未挿入)

今日は池袋にて、とある試験を受けてきました。
今の仕事に転職して4年目を迎えていますが、
仕事に関連しそうな資格等は未だに何も持っていません。

ただでさえ畑違いな上に苦手な分野とあって、
仕事の手順など上辺の部分では
それなりに動けるようにはなったものの、
未だに仕組みや理屈をほとんど理解出来ていないので、
素人に毛が生えた程度の知識だけで
辛うじて食らい付いているような感覚が拭えません。

今回受けた技術証明講習終了試験は「2級」で、
他の業界でも言えるように「1級」保持者でなければ
その筋では認めて貰えないという程度のものですが、
それでも、一応仕事に何かしら関連のある資格等を
一つでも持っていればまだ気持ちも救われるというもので、
まずはこの2級取得は最低限クリアせねばならない
最初の課題とも言うべきものでした。


講習・試験は4科目から成っており、
どの科目も私にとっては理解しがたい内容ばかりですが、
一度に全科目が合格点に達しなかったとしても、
達した科目ごとに翌年及び翌々年の試験が免除される
「科目合格」という形が認められるので、
2年前に同講習及び試験を受講・受験した際に、
奇跡的に3科目の「科目合格」を一度に果たせたことは、
2年以内に残る1科目が合格すれば
めでたく2級保持者になれるということなので、
極めて有利な条件を整えることが出来たのでした。

確かに、いくら私にとって理解しがたい内容であっても、
1科目だけに集中対策を講じれば良くなったのは
圧倒的に有利な立場になったことを意味していましたが、
1年前、自分のつまらぬミスで状況は一変しました。
昨年の試験も無論受けるつもりだったのですが、
うっかり申込み期限を過ぎてしまい受験しそびれたのです。

まだ今年も昨年とほぼ同じ条件が継続されるとは言え、
仮に今年残る1科目に合格出来なければ
先に合格していた3科目も含め、
来年以降には再び一からのやり直しとなってしまうので、
崖っぷちに自ら追い込む状況を作り出してしまったことは、
悔やんでも悔やみきれるものではありませんでした。

受験機会を1回分、自らの手でフイにし、
後がなくなった精神的ダメージは
この1年間、ずっと私の頭をもたげていました。
間違っても昨年と同じ過ちを繰り返す訳にはいかないので、
今年は試験情報を早い時期から逐一チェックしたりして、
過剰なまでに試験のことばかり気にしていました。

無事申込みを済ませた後も、
きちんと講習を受けられるかが心配で気が抜けず、
先月、無事に講習を全て受講した後も、
泣いても笑っても全てが決まる今日の試験のことが
ずっと頭から離れず他のことが手に付きませんでした。

それでいて、こんな窮地に追い込まれていながら、
試験対策をほとんどせぬまま毎日を過ごしてしまった
自分の甘さが許せないのですがどうも治らないのです。
もし今年受からなかったら大変なことになるというのに。
試験対策嫌いが顕著になった中学時代からの悪い癖は
こんな大事な時でも治ることはありませんでした。
逃げてばかりで自分を追い込めない甘さが情けないです。


そんな状況ですから、
一昨日(金曜)の千波湖の花火大会で幕を開けた、
今年で記念すべき50回目となる「水戸黄門まつり」も、
花火大会だけは何とか開き直って行きましたが、
地元民ながら今までしっかりと見たことが一度もない
「水戸黄門パレード」を見物に行く余裕など皆無で、
それでいてようやく勉強を始めたのは夕方になってからで、
大した対策らしい対策もせぬまま本番を迎えました。

土壇場も土壇場になって
ようやく最後の抵抗(試験対策)を試みましたが、
いつもこういうぎりぎりな試験対策ばかりしながら
辛うじて誤魔化してきた人生をしみじみ感じました。
限られた時間の中でやれることは限られていたので、
何を優先して行うべきか冷静に考えながら
頭に詰め込みました。
覚える時間が足りなすぎることを悲観して
自棄(やけ)を起こすことだけはしないよう気を付けました。

先月の講義を真面目に受講していた中で、
一昨年は全くの馬耳東風状態であった内容が、
何となく理解するコツを掴んだ気がしたこともあって、
一昨年よりは視界が開けた状態でテキストを読んだので、
その甲斐あってか、何となく手応えがありました。

実際、自己採点してみると
8割前後の正解率だったので、
設問数からすると配点が均等でない可能性が高いですが、
合格基準は何とかクリア出来そうな気がします。
まだ結果が出た訳ではありませんが、
取り敢えず緊張が解かれたこととこの手応えに
少しだけ今ホッとしています。
また神様に助けて貰ってしまったなぁ。

夕方水戸に戻ってきてからは黄門まつりも楽しめました。
ちょっとだけでも参加出来て良かったです。
あと、帰り際に水戸駅に向かって南町辺りを歩いていたら、
先日結婚されたという、お笑いコンビ「東京ダイナマイト」の
ハチミツ二郎さんらしき人とすれ違いました。
多分ご本人に間違いないと思います。


それと、J2では19戦連続無敗記録を更新中だった柏が、
遂に敗れて記録が途切れてしまったようですが、
とは言えなかなか破れないであろう凄い記録ですね。
あとは、横浜FCの三浦知良選手が43歳5ヶ月の
Jリーグ最年長ゴールを決めたりだとか
いろいろあったらしいですが、
水戸は今節試合がなかったので蚊帳の外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »