« 2011年4月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月の3件の記事

2011年11月15日 (火)

目にカプサイシン

悲劇は夕飯を食べ始めて程なくして起きた。

私は夕飯に野菜炒めとコンソメスープに作り、それぞれタカノツメを1本ずつ指で揉み込むように砕いて入れた。
手の臭いを嗅ぐと、タカノツメの臭いがツーンとした。勿論その後に手を水洗いしたことは先に言っておきたい。

そうして夕飯をきちんと作って食べ始めたのだが、程なくして瞼が少し痒くなってきたので、無意識に軽く人差し指の側面辺りですっと瞼を擦った記憶は何となく残っている。
いつの間にか少しずつ目がスースーしてきた。まるで目の近くを蚊に刺されて、虫さされ薬を塗ってしまった時のように、まだ僅かに手に残っていた成分がぎりぎりで目に届き刺激してしまったようだった。

じっと我慢しようかとも思ったが、洗い流した方が早かろうと思って水をパシャパシャ瞼辺り
に掛けた。ところがこれが思わぬ逆効果となった。指に付いている成分が、瞼にかけた水に溶け込んでしまったのか、両目ともヒリヒリしてきた。そう、スースーどころか、まるでタマネギ切りの親分のように、痛みすら伴ってヒリヒリしてきたのだ。
目から炎が噴くんじゃないかと思う程、目も開けていられないくらいになり、危ないと思って堪らずコンタクトレンズを取った。この行動がまた最悪だったというか、直接目に触れた訳ではないのに、いよいよ目への刺激が悪化し、痛みが辛すぎてのたうち回った。

タカノツメを指で砕いたりするもんじゃないなと思った。そして、タカノツメを扱ったらその後粘膜への意識は高く持っておかなくてはいけないということも学んだ。恐るべしカプサイシン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

『サラリーマンNEO劇場版(笑)』鑑賞の感想

実は私が今書いている日記帳にはご丁寧に満月の日も記載されている。自称「満月男」の私はこれに頼らず、満月の夜が近付いてくるのを目で見て確かめているのだが、実際満月とその前後1日を合わせた3日間は見た目ではほとんど違いが分からない。そこで、今回も念のため日記帳を見たら、やはり思った通り満月は昨日だったようだ。昨日も書いたように、残念ながら昨夜は雨が降っていて星すら見えなかったが、一昨日も今日も綺麗な「ほぼ満月」が見られたので満足している。

それと、昨日ブログを書いた後、寝る前にあまりにも歯が疼きすぎて悶絶していた。痛すぎて眠れないんじゃないかと思ったが、ネットで調べてみたら、同じような悩みを質問している方がいらっしゃって、回答によれば「治療の際に神経が刺激されて過敏状態になっている可能性があり、銀歯は金属なので熱や冷たさを伝えやすいため、数日から一週間以内は染みたりすることはよくあるが、直に慣れてきて感じなくなってくると思う」というものがあった。それを見て少し安心し、痛みが治まるかどうか数日様子を見ることにして床に就いた。
今朝起きてみたら痛みはなくなっていたが、ご飯を食べ出したらやはり多少痛みが出て来た。昨日のようにまたどんどん酷くなっていくのかと心配したが、その後は思った程痛くならなかった。明日になればもっと楽になれるのだろうか。快方へ向かうことを期待したい。

ところで、話(ついでに口調も)は変わりますが、一昨日、映画『サラリーマンNEO劇場版(笑)』を観ました。NHK総合で4月~9月の深夜に30分番組で放送されている知る人ぞ知るコント番組が遂に映画化されるということで、以前から楽しみにしていました。
テレビではテンポが小気味良いオムニバス形式の構成なのですが、映画では一つのストーリー仕立てになっていたのが大きな違いでした。一見すると普通のストーリー展開ではあるのですが、テレビを観ていた人であれば、「よくあんなに色んなコントやそのキャラクターをうまくストーリーに盛り込んだな」と思うと思います。相変わらずシュールさ全開でした。
なのに不覚にもちょっと泣きそうになった場面もあったりして、色んな要素が組み込まれている映画なので、是非皆さんも来シーズンからのテレビ版視聴への足掛かりとして、一度ご覧になっては如何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

かつてない歯痛

今日は「2011年11月11日」と1並びの日。
ぞろ目好きな私が何年も前から待ちに待っていた日です。
しかし、結局は何も特別なこともなく何の記念日にも出来ずただ過ぎ去ろうとしています。ただ、何事もなく平凡に終わらすのは忍びなかったので何かしたいと思いました。いろいろ考えた末、原点に帰って久し振りにブログを書くことにしました。
ということで、いつも気に掛けて下さっていた皆様、大変お待たせしました。不定期ながら久し振りにブログを更新させて頂きます!

現在70億人が地球上に住んでいますが、100年後の地球はどうなっているのでしょうね。そんな100年後は「2111年11月11日」であり、今回以上に1が並ぶ日となっている筈です。是非この目で見てみたかったですが、間違いなくそこまでは生きていないでしょうねえ。
過去から脈々と受け継がれてきた歴史は未来へと継がれていき、自分はその歴史の一部を生きているだけに過ぎないのだということを考えさせられます。

あと、雨雲がかかっていなければ今頃は綺麗な満月が見られていた筈です。毎回満月をチェックしている自称「満月男」としては、この記念すべき日を満月の夜空で美しく飾って欲しかったですね。

ところで、今日は作ってもらっていた新しい銀歯を着けてもらうため仕事帰りに歯医者に行ってきました。
先週、焼きおにぎりを食べている最中に奥歯の銀歯が外れてしまったので、とりあえずそのまま自分で仮詰めし後日歯医者に行って着けてもらう筈だったのですが、翌日社食で昼食中に再び外れてしまいました。それをトレイに置いて食べ終えた後、うっかり銀歯の事を忘れたままトレイを返却口に戻してしまい、少し経って思い出し慌てて探しに戻ったのですが既にトレイはなくなっており、また作り直す羽目になったのです。外れたものを着けてもらうだけなら大して手間も掛かりませんし、大体2年に一度くらいの頻度で起こる事なので慣れているのですが、作り直すとなると厄介です。
しかも、神経に響くのなんのって、型を取る時にごりごり削られるのも辛かったですが、今日銀歯を取り付ける時もあまりにも痛いので、流石に涙が出そうでした。注射も歯医者も昔から大人しく我慢出来る方ですが、今日はもうちょっとで叫びそうな激痛が何度も走り、無理に我慢していたら気を失うんじゃないかとさえ思いました。それも、すぐに嵌まらず、何度も着けたり外したり洗浄したりを繰り返すので、早く楽にして欲しいと思いました。
最終的に帰ってきた訳ですが、これがどうも違和感があって、しかもご飯を食べた後シクシクと奥歯が疼いています。神経は抜きたくないですが、被せた後にこれだけ痛んだことは今までなかっただけにちょっと今心が折れそうになっています。我慢していれば快方に向かうものなんでしょうか。今はそれだけをひたすら祈っています。歯ぁ痛ぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2012年2月 »