« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の3件の記事

2012年4月20日 (金)

シートカバー取付完了

夜中の3時を過ぎているというのに今からブログ書き…。
しかも、今日の内容は昨日の話についてですが、
日付が変わっているので正確には一昨日の話で…。
…何言っているのか分からなくなりますね。
まぁ日付はあまり大したことはないので放っておきましょう。

その日は愛車のメンテナンス三昧な一日でした。
ずっと気になっていたことをようやく一気に片付けました。
この日も午前中はゴロゴロ布団と戯れていたせいで、
動き出しのスタートが遅れてしまったのですが、
日差しがあるうちにと思ってまず洗車しました。
「洗車が億劫なオーナーで本当にすまん」と思いながら
ずっと後回しにしていたのでだいぶすっきりしました。

次は先週購入したシートカバーの取り付けを仕上げました。
粗方のパーツは何日も前に取り付け終えていたのですが、
3列目の座面部分だけがかなり面倒で残っていました。
というのも、座っているうちにずれたりしないように
座席の下に金具を引っ掛けたりバンドを通したりして、
ぎっちり固定するという作業があるのですが、
3列目は座席の下も狭いですし、
そもそも座席のすぐ後ろが物入れでスペースがないので、
座席を外したりでもしない限り、
綺麗に取り付けるのは難しそうだったのです。

なので、「3列目は使用頻度も低いしやりようがないので、
適当に上から被せて終わりで良いかな」と思いました。
そりゃ性格的にもきっちりやりたいのは山々でしたけどね。
そしていざシートカバーを被せてみようとしたのですが、
2列目までのと違ってマジックテープが施されすぎていて、
綺麗に引っ張ろうとしても途中で引っ掛かってしまい、
いろいろ工夫してもうまく取り付けられませんでした。

観念した私は最終手段の「座席外し」を敢行しました。
運転席に付いているアームレストの外し方を調べた際に、
「座席はボルトで留まっているだけ」という記述もあり、
その時は「外さずに出来る範囲でやろう」と思って
あまり深く考えなかったのですが、
その記述を思い出し座席下の前部2ヶ所にあるボルトを
ラチェットレンチを使って外してみることにしました。
スペースが狭く、思い切って振れないため、
外すのに時間は掛かったものの、
無事座面を起こすことに成功しました。
イメージは山手線などの折り畳み座席ですね。

私が買ったベレッツァ『WILD STITCH』のシートカバーは
きちんと車の寸法に合わせてキチキチに作られていて、
しっかり引っ張って取り付けたりしないといけないので、
思ったより力が必要だったりして指が痛くなったり、
狭いスペースで作業を余儀なくされたりして疲れましたが、
3列目までビシッとカバーを付けることが出来ました。
手間が掛かった分感動も一入(ひとしお)でした。

何年か前に友人の軽自動車に乗せてもらった時、
外観はそれ程でもないのにシートカバーが革張り風で、
やたら高級そうに見えたのが良いなと思っていて、
更に最近別の友人が取り付けたシートカバーも
同じようにカバーの良い香りがして格好良かったので、
思い切って自分も取り付けようと思ったのでした。
見た目が格好良くなったのも勿論ですが、
もう汗を掻いてもさほど気にしなくて良いので安心です。

最後に、ガソリンスタンドで給油した後、
タイヤの空気圧チェック&充填をしました。
今月に入ってスタッドレスタイヤからノーマルに戻した際、
空気が甘い感じがあってずっと気になっていたので、
ようやくこれで安心して思い切りドライブが楽しめます。
愛車関連でいろいろ気になっていたことが片付いたので、
他のやるべきことは別にしてちょっとすっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月18日 (水)

「スタートの春」か…

日付が変わってしまいましたが、
敢えて更新日時もリアルタイムで残すのもありかと思い、
試しに弄(いじ)らずにそのまま更新してみようと思います。

今日、千波湖や偕楽園周辺の桜を見に行ってきました。
今日もゴロゴロしていたら夕方になってしまったのですが、
流石に今日行かなかったらそろそろ散ってしまうなと思い、
やっとの思いで重い腰を上げて出掛けたのでした。

しかし、私がここ数日ウダウダしていたのが
桜としても待ち切れなかったらしく、
結構散り始めてしまっていました。
この前咲き始めて満開になったと思ったら、
本当にあっと言う間に散ってしまうんですもんね。
咲き誇る姿が見事で人々の心を惹き付けてやまないだけに、
刹那に散ってしまう桜の花って本当に儚いですよね。

話は変わりますが、
夜は友人2人と某ファミレスで外食しました。
デミタスコーヒーのおまけの「MINI」のミニカー集めに協力し、
それを渡すのが一番の目的でした。

で、いろいろ話しながら食事をしていたのですが、
見るからに新人のウェイターとウェイトレスが2人居て、
食事を運んできてテーブルに置く時であるとか、
食べ終わった食器を持って行く時とかの動きが
あまりにぎこちなく、ちょこちょこやらかしていました。
食器をガタッと置いてしまったり、
食べ終えた皿を持ち上げた時に
フォークを落っことされて手に当たったり、
靴を踏んだり、謝り方も焦っていて言葉足らずだったり…。

私はこういうアルバイトはしたことがないですし、
もっと不器用な気がして挑戦してみる勇気すらないので、
「不慣れな彼らが早く仕事に慣れると良いな」
と心の中で応援していましたが、
多分本人達は相当焦っていたでしょうね。
「こういう時は無言で流して平静を装うより、
一言安心させてあげる言葉でも掛けた方が良かったのかな」
と後から思ったのですがどうなんでしょうね。

よく考えてみれば4月中旬という季節柄、
この春からアルバイトを始める学生も多いんでしょうね。
世間はスタートの春なんですねぇ。
ここにこの春から無職の男が居ますけどね。

「大丈夫、きっと良い転職先に巡り会うための、
今は準備期間なのさ。」と思うことにしようっと。


P.S.
ドリンクバーのカプチーノをお代わりしすぎて
若干胃の調子が悪うございます(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月16日 (月)

オールフリー

再開は突然に…。
(ほとんど更新していないにも拘わらず、気に掛けて見に来て下さっている方、本当にありがとうございます!)

水戸の桜が満開宣言されて早4日。
県南ではもうだいぶ散ってしまっているだけに、
早い所水戸の桜も見に行かねばと思っているのですが、
毎日家でゴロゴロしてPCなどをいじっていたり
炬燵で昼寝をしているうちに夕方になり、
「今から行っても何だから明日行こう」などと
外出する気持ちが失せて先延ばししております。

えぇ、これはもう必要最低限しか外出しない
引き籠もりの初期症状と言っても過言ではございません。
友達とは電話もするし外食もするし、
全く外に出ない訳じゃないんですが何か腰が重いんです。

何を隠そう、実は今無職でして。
30代突入まで半年を切った一端の男が、
この歳にしてフリーターどころかフリーだー!ですよ。

昨年秋に自分に今出来ることを見つめ直し、
今ならまだいくらでも方向修正が利く年齢だと思い、
熱い思いを胸に初めて飛び込んだ派遣業の世界。
すっかり家業のぬるま湯でふやけていた体に鞭打って
サラリーマン生活に再び戻るのは大変でしたが、
お金をもらって働くことの意味を再確認させられ、
他にもいろいろ学ばせてもらった良い職場でした。

しかし、先方の諸事情により僅か5ヶ月で契約終了。
(所謂「派遣切り」もこの歳になって初体験出来ました。)
一度は再び家業に戻ることで気持ちが固まりかけたものの、
7月採用の、とある職員募集記事を見付けて思い留まり、
3ヶ月の短期の仕事も軽く探したものの見付からず、
この4月から無職となってしまいました。
先日、最後となる3月の給料も支給され、
無収入になる怖さがいよいよ現実のものになってきました。

先述の採用試験に応募するため、
履歴欄に自分の学歴・職歴を書いていたら、
今まで経歴に穴を空けずに来ていたことに気付きました。
「不利になる」と親に口うるさく言われていたので、
常に意識していたからに他なりませんが、
ここに来て初めて作ってしまった空白の期間。
それも、たった1人しか採用されないという、
不確か極まりない状況のために他を犠牲にした結果として。
あな恐ろしや。

でも、まだこんなことを書いているうちは、
気持ちや状況に余裕があるんでしょうね。
確かに、心の中では「いざとなれば実家に…」という
逃げ道というか甘さがあるのは自覚しています。

最終目標としていた20代での結婚も厳しくなった今、
早く一人前になれるよう私自身しっかりせねばと思います。
どのみち、派遣業で何年も働くつもりはなかったので、
次への新しい一歩を踏み出せるきっかけになったと思って、
前向きに捉えていることだけはお伝えしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »