« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の2件の記事

2013年10月18日 (金)

10年物のリクルートスーツの運命や如何に

正直なところ、私は何事も準備が頗(すこぶ)る遅い。
毎度間際になって慌てて準備する。
海外旅行ですら前日までほぼ何もしていなかったこともある。
引っ越しの際、家族や業者が到着した時点で、荷造りがまだ半分も出来ていなかったことも2回ほどある。

前回結婚式に招待された時は、ワイシャツをクリーニング屋に持って行ったら、仕上がり予定日が式の前日か当日かという際疾いタイミングになってしまい、辛うじて間に合わせたことがあった。

余裕を持って準備しておくべきなのは頭では分かっていて、慌てて準備すると大概何かしら忘れ物をしがちなのもあって、最近は多少改善する努力はしている。

そんな私は前々からスーツのクリーニングを依頼しようと思いながらも、あまり着る機会がないことを良いことに、依頼を先延ばししては使用直前に思い出し、間に合わないのでヨレヨレのまま着ていくということをもう何回も繰り返してきた。

しかし、来週末にも結婚式に呼んでもらっているのだが、流石に今回こそはクリーニングを掛けておきたいと思った。
と、次の瞬間、すっかり忘れていたことを思い出して私はぎょっとした。クリーニングを掛ける以前の事態を。

先月か先々月か、とにかく帰宅した私がスラックスを脱いだ時異変に気付いた。何と、後ろのポケットの端が破れていたのだ。ぱっと見た感じではちょっと解(ほつ)れた糸が見える程度で、上着を着ていれば隠れてしまうような位置でもあるが、左右に引っ張れば下着が透けるような直径1cm以上の穴になる。履けばヒップ圧によりパンツが見える状態になることは避けられそうにない。

少なくともこの時は夏で暑かったので上着は着ておらず、気付いた人は気付いたと思う。どこかに引っ掛けたのか、あるいは生地が疲労を起こして破けたのかは分からない。修復しようと思えば出来そうだが、直しづらそうな気もする。
とりあえず後で考えようと思ってそのままだったことを、あと1週間余りというタイミングで思い出したのだ。

ところで、このスーツは学生の時に就活を見据えて買ったもので、スリムシルエットスーツなるものだ。
買った当時は母に「男の人は社会人になると体型が変わるんだから、こんなぴったりした造りじゃ、3年とか5年後には着られなくなるよ」と咎められたものだが、幸い10年後の今でも問題なく着られている。
そもそも、社会に出てから基本的にスーツを着ない職についてきたため、せいぜい年に5回かそこらしか着ておらず、礼服を1着買ったこと以外は、全てこのスーツだけで事を済ませてきた。

使い込んだとは言えないが、期間で言えばかなり長持ちさせてきたのは事実だ。紳士服店で下取りセールなども行われていることを考えれば、ここらで新調するのも手ではある。
来週の結婚式に際しては他に、礼服を着ていくか、破れたまま上着で隠して今回はごまかすという選択肢もあり3択である。

しかし、いずれこのスラックスを修繕するか、新調するかしなければ、ずっとこのままという訳にはいかない。こういう機会だからこそ、思い切って新調するという選択もあるし、この破れ以外はまだまだ問題なく使えそうなことを思えば、直して大事に着続けるという選択もあり、慎重にならざるを得ない。

考える時間はまだ1週間あるとも言えるし、1週間しかないとも言える。現時点で思い出せたことは良かったが、やはりもう少し早めに準備を検討していればその分考える時間にも余裕があったはずなので、反省材料にしないといけないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 3日 (木)

未来の自分への投資

レーシック手術後の感想等はまた機会があった時に書くとして、
今日は私の向こう見ずな行動が生んだ、
際疾い残高劇場の幕開けについて書きます。

学生時代、国民年金の学生特例納付免除を申請し、
二十歳から卒業までの期間は納付していませんでした。
ところが昨年でしたか、30歳になろうかという時に通知が届きまして、要約すると「最長10年まで遡って追納出来る(但しその間毎年手数料が上乗せされるため、当時の支払額より高くなる)システムなんで、当時免除した期間についての支払いもまだ今なら間に合うけどどうよ?もうちょっとで期限でっせ。」というような内容でした。

世間の冷めた見方に従い、「どうせ自分たちがもらう頃には…」なんて考えもあって、当時は軽く免除申請してしまったのですが、支給額の減額対象にはならないものの、支払期間が短くなるということで、ちゃんと約束通りもらえるなら免除した期間分も支払っておいた方が幾分支給額は増えるということだったので、「どうすっぺ」と悩んだ挙げ句、追納することにしました。

その都度払っていれば僅かな額だったはずが、手数料が上乗せされている上、まとめて支払うとなるとなかなか思い切った金額だったので、まずは期限切れが近付いている期間分から支払っていきました。
そして、支払いが残り20万円を切ったところまで漕ぎ着けました。
いっそのこと一気に支払って気分的にすっきりしてしまおうか、まだ期限まで余裕があるからもうちょっと貯金が溜まって余裕が出るまで引っ張ろうか、結論を数ヶ月間保留にしていました。

それが今日突如、「いずれ支払うのであれば、熱いものは早めに喉元を過ぎさせた方が良いし、今なら一気に支払っても何とかなるだろう」と支払うことを決めました。
決意した勢いそのままに、あえて残高も確認せずに口座から支払い分を引き出しました。10万円くらいは残っているはずだったので、次の給料日までは何とか凌げると考えたのです。

ところが、表示された残高は14000円台。一瞬桁を見間違えたかと思いましたが、再確認してもやっぱり14000円ちょっとしか残っていませんでした。
給料日までまだ3週間もあるというのに、財布の中にある分とこれを足して僅か数万円だけで、果たして乗り切れるのか、流石の私でも心配になりました。
仮にこれを凌げたとしても再来月には2度目の車検が待ち構えております。更にその2ヶ月後には保険の年払い請求がドーンと来ます。一難去ってまた一難去ってまたまた一難。
ちなみに、今月末にも別の保険の年払いがあり、これもなかなかの額ですが、予めその分は別の口座に移してあるので、これに関しては問題なく支払える予定になっています。

手持ちで使えるお金を極力減らしているせいとは言え、ここまで来ると若干自分を苦しめすぎな気がしないでもないですが、持っていると持っている分だけ使ってしまうタイプなので、多分これで良いんです。
そう、これは未来の自分への投資。
藻掻き苦しみながらもまもなく31歳を迎えますが、きっと未来の私が今の自分に感謝する日が来ると信じて今日も生きています。
まずはこの残高危機の現実と向き合っていかなくちゃいけませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »