« 熾烈なJ1昇格争いの渦中 | トップページ | 僅差 »

2019年11月16日 (土)

J1参入プレーオフ初進出の可能性を残して最終節へ

この1ヶ月半の間もJ1昇格争いはもつれたまま最終盤に突入したが、1節を残して柏がまずJ1復帰とJ2優勝を決めた。更に、残り1枠の自動昇格枠争いも横浜FCと大宮の2チームに絞られた。3位もこのどちらかとなる。
J1参入プレーオフ出場権が与えられる3~6位のうち、残り3枠については、4位の山形から8位の水戸までの実質5チームの争いとなった。
_191116

前節終了(残り2節)時点で4位タイに浮上し、数字上は自動昇格の可能性さえも残っていた水戸。自動昇格は実質厳しいとしても、今節勝ってプレーオフ進出に王手を掛けておきたかったが、敗れた上に他のライバルチームは全て勝利という最悪の結果となり、一転してプレーオフ圏外の8位まで転落し、最終節も他力に委ねるしかない厳しい状況に追い込まれた。
負けた時点で9位が確定し、引き分けても6位に食い込める可能性はほぼゼロに近い。つまり勝つしかない。勝っても複数の条件をクリアしならなければならない。しかし、ここに来て手堅く勝ち点を積み重ねているライバル達が取りこぼすとも思えない・・・。
最新の順位表を何度も見返しては、今日勝ち点3を獲れなかったことで陥った窮地に、ネガティブな言葉が次々浮かんで来た。
だが、不利な状況に違いはないが敢えてポジティブに考えてみようと思い直した。それこそ、皆が言う通り、「諦めるにはまだ早い」と―。

ライバルの3チーム以上が勝利すれば勿論アウトだが、引き分けや負けが絡んでくればまだ分からない。それこそ、今節の水戸のように4位から8位への転落も有り得るのだし、何なら8位から4位への浮上だって可能性としては有り得る。それに、3試合制さないとJ1昇格出来ないプレーオフを有利に進めるためにも、一つでも上の順位でフィニッシュしたい思惑はどのチームも持っていて、プレッシャーも少なからず掛かっているはずだし、まずはどのチームも「他のチームがどうこうではなく勝つことに専念する」という気持ちで最終戦に臨むはずだ。
そこに付け入る隙が出る可能性は十分ある。そういう意味では、「展開次第では引き分けでもプレーオフ進出が決定する」というような中途半端な立ち位置よりも、「もう勝つしかない」という潔い立場の水戸の方が迷いなく臨めるかも知れない。

今シーズン序盤の水戸は堅守が持ち味だったが最近は失点が止まらず、10月以降の7試合で2度の逆転負けを含め、勝ち点10しか伸ばせなかった。やはりJ2は一筋縄ではいかないと痛感した。それでも初の昇格へ向けて産みの苦しみを味わいながらも未踏の地を進み続けた。そうして、初めて最終節までプレーオフ出場の可能性を残すという、クラブ史に大きな経験と足跡を残した。

でもまだここで終わって欲しくない。プレーオフに出場すること、トーナメントを勝ち抜いてJ1昇格すること、そしてJ1でシーズンを通して戦うことまで含めた経験がどんなものなのか味わいたい。経験して初めて見える景色があるはず。
水戸というクラブが過去25年で成し得なかった歴史を新たに塗り替えていくためにも、最終節での逆転劇をサポーターが信じ、選手達を全力で後押しするのだ。
多分これは計算や理屈じゃない。毎年最終戦での逆転劇や、勝ち点1や得失点差1の僅差でドラマが生まれているJリーグの昇格・降格争い。今年のJ2の昇格争いもそういう展開になるだろう。「絶対に諦めない」という強い気持ちを持ったチームが勝ち残る。

―こんな風に冷静に考えていたら、当初の悲壮感など全く必要ないことに気付いた。
いよいよ来週、運命を分けるレギュラーシーズン最後の1試合が行われる。

|

« 熾烈なJ1昇格争いの渦中 | トップページ | 僅差 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熾烈なJ1昇格争いの渦中 | トップページ | 僅差 »