カテゴリー「ゲーム」の4件の記事

2008年4月23日 (水)

地道に働くのが一番

ギャンブルは恐ろしいと思う。
娯楽として気軽に構えているなら良いのだが、
儲けようという欲が出てしまうと、
負けた分を取り返そうとして
どんどん貯蓄・財産を減らしてしまいかねない。
身を滅ばさない程度に付き合っていけば良いのだろうが、
私のように意志の弱い人間にとっては、
なかなか歯止めが利かなくなってしまいがちなので、
私は最初から手は出さないようにしている。

そんな私も以前に一回だけのつもりで
今話題のBIGに手を出してみた。
当時、キャリーオーバーが史上初の15億円を突破し、
つい手を出してしまったのだ。
6億円当選者が複数出る可能性が高いということで
当時もかなり話題を呼んでいたが、
今や現在発生中のキャリーオーバーは、
過去最高額を更新し続けており、
56億円を突破しているというから恐ろしい額である。
(恐らく今週末の締め切りまでには60億円を突破し、
その前後にまたちょっとした話題になるのだろう)。

労せず大金が入るものなら手に入れたいものである。
現実的にそうやって大金を手に入れる
運の良い人も結構存在している。
だが、大概はそんな運の良い人たちのために、
汗水垂らして稼いだお金を献上しているのが現実だ。

あの後、一回きりのつもりだったが、
やはり意志の弱い私は密かにtotoなども
何回か手を出してみた。
色んな種類はあるのだが、
どれもそれに見合った難易度が設定されているため、
当たりそうでなかなか当たらない。
思い切って少し注ぎ込んで何パターンも
奇抜な予想を織り交ぜて挑戦したこともあったが、
totoは13試合のうち9試合当てたのが最高で、
2試合外しで得られる3等にすら手が届かなかった。
いくら事前のデータなどを考慮して予想しても、
現実にはアクシデントや偶然(怪我や退場、悪天候、
PKやオウンゴール)などが起こることも相俟って、
予想外の試合展開・結果となることが少なくなく、
ほとんどの試合結果を
ぴたりと当てることなどまず難しい。

BIGはtotoと違い、
コンピュータがランダムに予想してくれるので、
自分で考えなくて良いし、
自分では予想し得ないような大胆な大穴予想もするので、
何となく期待が持てそうな気はするのだが、
やたらと引き分けばかり予想していたり、
あまりに大胆すぎて現実的でない予想ばかりして、
自分で微調整したいくらいだったりして、
こちらこそ数打てば当たるのを待つしかない状態である。

それでもつい欲に目が眩んでしまうのが恐ろしい所だ。
惜しい結果が続くと「次こそは」なんて思ってしまう。
泥沼に嵌まる悪いパターンだ。
流石にこれはいかんと思って一旦静観することにした。

そんな時、J's GOALというHPである企画を見付けた。
勝敗予想ゲームというもので、
totoやBIGとやっていることは同じようなものだが、
これならお金が掛からないので安心して臨める。
折角予想しても自分で思っているだけでは、
万一予想が的中していた時に、
「何か賭けておけば良かったかな」と
ちょっぴり勿体ない気がしてしまいそうだが、
これなら予想する楽しみは変わらず得られるし、
一応賞品も用意してくれているようだし、
実際に賭けていたらどれだけ散々な結果になっていたかを
仮想として見ることも出来る。

お金が掛かっていないので、
波乱含みの試合が多いことも考慮し、
今は大胆に予想させて貰っているが、
そんな奇抜な予想が嵌まった時は面白い。
ただ、惨憺たる結果になることもしょっちゅうで、
「実際に賭けていなくて良かったな」とよく思う。
来季以降も企画が続くのかどうか分からないが、
私としてはこれがあれば十分満足である。
というか、やっぱり私にギャンブルは向かないので、
キャリーオーバーが幾らになろうと釣られず、
私はもう手を出さないでおこうと思う。

以前は他チームの結果などあまり気にならず、
ただ水戸が勝つかどうかだけが気になっていたので、
こういう予想ゲームなど全く興味はなかったが、
順位の動向に注目するだけでなく、
勝敗の予想も合わせてやってみると意外と面白い。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約40分、1000m。今日は体調が優れず、時間も遅くなってしまったので行くのをやめようかと思ったが、少しだけでも泳ぐことにした。最初の25mこそ息継ぎなしで泳いだものの、4本(200m)泳いだくらいでかなりしんどかった。特に肩周りの疲労が残っていた。すぐに切り上げようかと思ったくらいだった。激しい動きをすると気持ち悪くなるので、平泳ぎ中心でふにゃふにゃした泳ぎで何とか1000m泳いだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年10月 7日 (土)

オセロ発祥の地・水戸

昨日の嵐の猛威は県外も勿論そうなのでしょうが、
県内各地に被害をもたらしたようで、
今県内で行われている第18回全国生涯学習フェスティバル
「まなびピアいばらき2006」のメイン会場の一つ、
笠松運動公園での催しが昨日、今日と全て中止となったり、
今日の第75回土浦全国花火競技大会が、
河川の増水や打ち上げ現場水没のため順延になったり、
各公共交通機関が麻痺するなどしたようで、
その爪痕の大きさはかなりのものだったようです。

因みに、我が家が吹き飛ばされるのではないかという
心配こそ徒労に終わり、何の被害もなく済みましたが、
庭にあるキウイフルーツの重くてごっつい枝たちが
相当凄まじい風に煽られたようで、
今朝起きたら、棚からごっそり落っこちていました。
(残念ながら写真は撮りそびれました)。
肝心の幹が折れていなかったのが救いでした。

その昨日の大荒れぶりが、
真ん丸な今夜の月の美しさをより一層引き立てていました。
(あ、これも写真撮るのを忘れた。しまった~。)
十五夜の時季ですからね。

今、第30回オセロ世界選手権大会が
ここ水戸市内で開かれています。
オセロは日本オセロ連盟会長である長谷川五郎氏が、
旧制水戸中(現水戸一高)時代に原型を考案したもので、
つまり水戸が発祥の地という訳です。
かく言う私もそのことを知ったのはつい5年程前のことです。

余談ですが、第30回という区切りの今大会を
発祥の地・水戸で開催することになった背景には、
「水戸」の語呂として使われる「310」から「30」と掛けて、
誘致することを決めたという話もあるようです。
いずれにしても、そんな世界大会が今まさに
水戸で行われているなんて非常に名誉なことです。
早速皆さんもオセロ盤を取り出してやってみましょ~う!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月 2日 (土)

携帯内臓ゲーム

私は親にゲーム機を買って貰えなかった影響で、
昔からテレビゲームは目茶苦茶下手糞なんです。
ファミコンですら苦労していたくらいですから、
スーファミなんかボタンが増えちゃってどうしようもなかった訳で、
当然、今のプレイステーションなんか更に多いので、
あんなもん、操れる訳がありません。

しかし、私の視力が落ちたのは、
中学時代にゲームボーイに嵌まったことが間違いなく原因です。
あるソフトにあまりにも熱中しすぎてしまって、
夕方になったのに気付かずに部屋の電気も点けず、
暗くなっているのにやり続けたのをしょっちゅう繰り返していたら、
あっという間にがたがた落ちてしまいました。
下手な癖に、そのゲームで視力を下げてしまったのですから、
もうこれはどうしようもないくらい惨めです。

そんな私ですが、やっぱり面白いとは思うんですよ。
抑(そもそも)、面白くなければゲームとして成り立ちませんが。
そこで、6月に携帯電話を機種変更した際に、
予め内蔵のゲームアプリがどういうのが入っているのかも
あまり重要ではないとは言え、一応チェックしたりしたのです。
そして、今の機種に内蔵されているゲームも興味はあったので、
買ってから早速弄(いじ)ってみました。

なかなか難しいながらも、最初は何とかクリア出来ましたが、
面が進むにつれ、なかなかクリア出来ない状態が多くなり、
遂にはある面で、完全に先に進めなくなってしまいました。
何度やっても突破出来ないので、諦めて放置しました。
ゲーム下手な僕にとって、駄目なものは駄目なのです。
そうしてしばらく放置していたのですが、
先週辺りに何の気なしに久し振りにやってみたら、
意外に調子が良くて、
何回か挑戦したらクリア出来てしまったのです。

ようやくこの面をクリア出来た私は、
行く手を遮っていた大きな障害物が取り払われたので、
俄然やる気が漲(みなぎ)ってきました。
あれからほぼ1週間。
合間にしか出来ないとは言え、軽い中毒です。
目が悪くなりそうな勢いです。
ちょっと息抜き程度に抑えられる人なら良いんですが、
どうも僕の場合は本腰入ってしまうのが駄目なんですよね。
だから視力が悪くなるまでやってしまった過去がある訳ですが。

因みに、ゲーム下手な私ですが、
意外にも、Windowsのパソコンに内臓されている、
ソリティアやフリーセルの類は得意です。
バカが付く程極めましたから。
高度なゲームに慣れている方には
あまり面白くないみたいですが、
僕にとっては、こういうのでも十分楽しめてしまうのです。

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

2006年3月 8日 (水)

脳を鍛える大人急増?!

『脳を鍛える大人の○○』シリーズがブームですね。
特に、ニンテンドーDS(任天堂)のソフトである
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を使うために
DS本体の購入者が急増し、
各販売店で在庫不足に陥る程の社会現象にもなっているようです。
実際、私もこれに惹かれてDSを買おうかなと思ったりもしました。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング

さて、話は少し変わりますが、
約1年前は「初任給が出たら何を買うの?」なんて話が、
時折会話に出てきたものですが、
いざ初任給を貰った時、何を買おうか迷いました。
考えていたようであんまり考えておらず、
欲しい物がすぐに思い浮かびませんでした。
慌てて買うより、欲しい物を思い出した時にしようかなと思い、
先送りすることも考えたのですが、
次の月の給料が出てしまってからでは、
「初任給で買った」という印象が薄くなるかなと思って、
考えがまとまらないながらも思い付いた電子手帳を買いました。

しかし、それを欲しかったのはむしろ学生時代で、
その頃にはもう、
欲しくて堪(たま)らないという物でもありませんでした。
「買わなきゃ良かったかな」と何度も思いそうになりましたが、
買ったことを後悔したくなかったので
「必要な物だったんだ!」と必死に正当化しようとしていました。
でも実際の所、あまり日常生活で使う機会がなく、
宝の持ち腐れとなりつつありました。

そんな電子手帳を今日、たまたま引っ張り出してみたのですが、
ピラッと紙切れが入っていました。
こんな紙切れが入っていることすら気付きませんでしたが、
「脳を鍛える大人の計算ドリル」がどうちゃらこうちゃらと
書いてあるのが目に留まりました。
むむむむ!
紙切れをよく読んでみて分かったのですが、
電子手帳にこのコンテンツが含まれていることが判明したのです。
今まで全く気付きませんでした…(唖然)。

このコンテンツは計算ドリルなので、
「DSトレーニング」のようなバリエーションはありませんが、
話題のシリーズの一端だとしても
自分もそういうのを共有出来ているようで、何か嬉しいですね。

まだ使いこなせば味が出てきそうな電子手帳なので、
今日から見直して活用していきたいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|