カテゴリー「心と体」の77件の記事

2017年2月16日 (木)

左右盲

久し振りの投稿は「稀勢の里関の横綱昇進」について書こうかなと考えていたのにも拘わらず、「左右盲について」が先になってしまいました。

ひょんなことでこの言葉を知った訳なんですが、気になって調べてみたら自分もまさにこれでした。
ちなみに「左利きを矯正された人に多いと言われている」そうですが、何を隠そう私は右利きです。ご参考までに。

咄嗟に左右の区別が付かない、というもので、左右そのものが分からない訳ではなく、一呼吸置いたり落ち着いて考える分には勿論判断出来ますが、一瞬で口に出したり、判断するのは苦手で、まさに各所で例に挙がっているような経験は私も幼い頃から身に覚えがあります。

その一つが視力検査。まず「右目から行きます」と指示されたとして、一瞬どっちの目を隠すべきか迷います。更に検査が始まり、上下についてはすぐ口で言えますが、左右についてはランドルト環が開いている方向はすぐに判断出来るものの、それを「左」か「右」のどちらの言葉と結び付けるべきか一瞬迷います。なので、「開いている方を指で差して下さい」と言ってもらえた小学生の頃は良かったのですが、大人になるにつれ、「子供じゃないんだから口で言え」というようなことを言われ、指で差すのは恥ずかしいとされ出してからは、急いで答えようとして慌てて言い間違えたり、咄嗟に指を出しそうになったり、とにかく毎回苦手でした。今はモニターを覗き込んで、手元のレバーを倒すだけの装置も出てきたりして便利になりましたけどね。

もう一つが車の運転ですね。これ、今も本当に気を遣うんです。自分が運転で同乗者に道案内をしてもらったりすると、咄嗟に「この信号を右に曲がって」なんて言われると、一瞬どっちか分からなかったりするので、「ぎりぎりに言わないでよ~」と慌てる訳です。カーナビの音声案内も聞いているだけだと間違いかねないので、目視で確認してしまいます。 

初めて仕事に就いた時よく運転もしたのですが、社会人としてそれこそ右も左も分からない上に、ペーパードライバーで運転もおぼつかなく、しかも地元じゃないので地理もよく分からない勤務エリアというような状況からの始まりでした。最初の頃、教育係の先輩が助手席に乗っていろいろ仕事の話や世間話などもしながら道案内もしてくれたのですが、話をしながらなので余計に判断力が鈍り、「次左」「そこ右に入って」などという指示は聞こえていても、左右の判断が瞬時に出来ず、よりにもよって反射的にハンドルを切るのが大概指示と逆という有様で、頻繁に何度も間違うので仕舞いには「お前には左右逆に言わないといけないのか!?」と気を悪くさせてしまうこともありました。
自分でもどうすることも出来ず、あまりに情けなくて「すみません、本当にわざとじゃないんです」と半分涙目で謝りまくっていた時代が懐かしいです。

教習所での経験は忘れましたが、少なくともこの新人時代の経験から、それ以後も車で道案内してもらう時もする時も、自分がよく左右を捉え違いしやすいと分かった上で、事前に時間的余裕がある時は、一旦左か右かの言葉を飲み込んで確実に理解してから判断する、指示を出すというように、一呼吸置く習慣を付けるようにしています。

運転に慣れたこともあり、当時よりは気にならなくなりましたが、初めての道を走る時や旅行先でレンタカーを借りて運転したりすると今でもこの問題には直面します。
例えば飲み会の後、運転代行を頼んで家まで送ってもらう時には、指示を間違えないように、曲がる所が近付いてくる前に頭の中で何度か確認して、間違いないことを確認してから「次の交差点を右に」などと口に出すようにしています。なので、代行を頼む予定がある飲み会の後はどんなにほろ酔いでも、頭はわりかし冷静に働かせています。


事前にこんな風に強く意識でもしないとすぐに左右を間違えてしまう自分は「バカなのか?」と思って嫌気が差したり、「どうにかして完璧に瞬時に判断出来るようにならないものか」とわりと真剣に考えながら今日に至っていました。
人知れず悩んでいたという程大袈裟ではないですが、時折意識せざるを得ない問題で、心のどこかにずっと引っ掛かっていたのは事実です。

「左右盲」は病気ではなく、原因も治療法なども詳しいことは分かっていないそうなので、根本的な解決には至りませんが、それでも「自分が特異な訳じゃなかった」と知れたことと、自分がこうだと分かってこれから生活を送れることは、気持ちの面でかなり楽になりました。これからはこれらを踏まえて、そんな自分とうまく付き合いながら生活していこうという気持ちになれてすっきりしました。
もし周りで同じような方が居た時は、理解は出来ないかもしれませんが、そんな人も居ると分かってもらえたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月11日 (金)

かつてない歯痛

今日は「2011年11月11日」と1並びの日。
ぞろ目好きな私が何年も前から待ちに待っていた日です。
しかし、結局は何も特別なこともなく何の記念日にも出来ずただ過ぎ去ろうとしています。ただ、何事もなく平凡に終わらすのは忍びなかったので何かしたいと思いました。いろいろ考えた末、原点に帰って久し振りにブログを書くことにしました。
ということで、いつも気に掛けて下さっていた皆様、大変お待たせしました。不定期ながら久し振りにブログを更新させて頂きます!

現在70億人が地球上に住んでいますが、100年後の地球はどうなっているのでしょうね。そんな100年後は「2111年11月11日」であり、今回以上に1が並ぶ日となっている筈です。是非この目で見てみたかったですが、間違いなくそこまでは生きていないでしょうねえ。
過去から脈々と受け継がれてきた歴史は未来へと継がれていき、自分はその歴史の一部を生きているだけに過ぎないのだということを考えさせられます。

あと、雨雲がかかっていなければ今頃は綺麗な満月が見られていた筈です。毎回満月をチェックしている自称「満月男」としては、この記念すべき日を満月の夜空で美しく飾って欲しかったですね。

ところで、今日は作ってもらっていた新しい銀歯を着けてもらうため仕事帰りに歯医者に行ってきました。
先週、焼きおにぎりを食べている最中に奥歯の銀歯が外れてしまったので、とりあえずそのまま自分で仮詰めし後日歯医者に行って着けてもらう筈だったのですが、翌日社食で昼食中に再び外れてしまいました。それをトレイに置いて食べ終えた後、うっかり銀歯の事を忘れたままトレイを返却口に戻してしまい、少し経って思い出し慌てて探しに戻ったのですが既にトレイはなくなっており、また作り直す羽目になったのです。外れたものを着けてもらうだけなら大して手間も掛かりませんし、大体2年に一度くらいの頻度で起こる事なので慣れているのですが、作り直すとなると厄介です。
しかも、神経に響くのなんのって、型を取る時にごりごり削られるのも辛かったですが、今日銀歯を取り付ける時もあまりにも痛いので、流石に涙が出そうでした。注射も歯医者も昔から大人しく我慢出来る方ですが、今日はもうちょっとで叫びそうな激痛が何度も走り、無理に我慢していたら気を失うんじゃないかとさえ思いました。それも、すぐに嵌まらず、何度も着けたり外したり洗浄したりを繰り返すので、早く楽にして欲しいと思いました。
最終的に帰ってきた訳ですが、これがどうも違和感があって、しかもご飯を食べた後シクシクと奥歯が疼いています。神経は抜きたくないですが、被せた後にこれだけ痛んだことは今までなかっただけにちょっと今心が折れそうになっています。我慢していれば快方に向かうものなんでしょうか。今はそれだけをひたすら祈っています。歯ぁ痛ぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月29日 (月)

まさかの生活習慣病予備軍に

今季JFLで優勝したガイナーレ鳥取の来季J2加入が
今日正式に承認されたようですね。
来季のJ2は遂に20チームになるということで、
多すぎて気が遠くなりそうですが、
早い所水戸ホーリーホックもJ2から卒業したいもんです。

ところで話は変わりますが、1ヶ月近く前に受診した
リフレッシュ健診の結果通知が届いておりました。
身長が3mm縮んだことや体重が増えたこともショックですが、
心当たりがあるとは言えそれ以上にショックだったのが
「高血圧」「LDLコレステロール高値」の2項目で
軽度の異常が認められたということでした。

確かに今年は追突事故に遭った影響によって、
運動不足気味であることに加えて、
カロリー摂取過多(食べ過ぎ)も自覚していましたが、
はっきり診断が出てしまうと流石に応えます。
真剣に食生活や生活習慣を見直さないと
このままではまずいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月25日 (水)

HOME めんご 家族

今日になって喉の痛みも軽い頭痛もなくなり、
あとはインフルエンザが発症しないことを祈るばかりですが、
夕飯の時むせてしまい、思わず咳をしてしまいました。
食事中のことだけにマスクも着けようがなく…。
もしインフルエンザウィルスの潜伏期間中だったら、
飛沫してしまったかもしれません。
ごめん、家族。

それと、さっき気付いたのですが、
今日でこのブログを始めて丸4年になったんですねぇ。
下書き状態でのストックがかなり増えてしまい、
どこから手を付けて良いのか分からなくなっていますが、
何とか少しずつでも公開に漕ぎ着けたいと思いますので、
今後とも温かい目で見守って下されば幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年11月24日 (火)

原因は「観戦」?「感染」?

基本的に私がホーリーホックの試合観戦をする時は、
選手達と一体となって闘うために、
立って声の限り歌って応援しているので、
試合後数日間喉が枯れてしまうこともしばしばです。

一昨日の試合の時も我慢を強いられる展開の中、
勝利を信じて最後まで声援を送り続けた結果、
終盤に得点を挙げ辛くも勝利を収めてくれた訳ですが、
顔が霜焼けになるんじゃないかというような寒さで、
鼻水を垂らしながらの応援だったので、
喉が痛くなったことに加えて、体も冷えてしまいました。

でも一晩寝れば大したこともないだろうと思い、
現に昨日の日中は喉に痛みがあること以外に
気になることは特に何もなかったのですが、
喉がすぐに治らないのはしょうがないとしても、
昨夜もまた体を冷やしてしまった影響もあってか、
今朝起きてから何となく軽い頭痛があります。

「ちょっと風邪っぽいのかな。気を付けないとな。」
と思っていたら今日の夕方に笑さんからメールを頂き、
一昨日の試合観戦で2つ隣に居た方が、
今朝インフルエンザA型を発症したと教えて貰いました。

てっきり先述の症状は
「観戦」に原因があると信じて疑わなかったのですが、
「感染」が原因である可能性が突如浮上し、
慌てて体温を測ってみたところ、35.7℃で平熱でした。
喉の痛みと軽い頭痛、軽い倦怠感があるということで、
ただの風邪の初期症状であれば良いのですが、
ウィルスの潜伏期間を考えると油断は出来ません。
今の所咳は出ていませんが可能性がある以上、
念のためマスクを着けようと思います。

ただの風邪気味であることを祈りつつ、
こじらせないように気を付けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年8月 3日 (月)

ボキボキパキパキ

「首筋や指の関節などをボキボキ鳴らすのはあまり良くない」
という話は今までもちらちら聞いたことはありましたが、
昨日目にしたとある記事によれば、
特に首筋の方は「音が鳴っても気持ち良いのは一時だけで、
却(かえ)って変に力が加わって筋を痛めてしまったり、
結果的に凝りが悪化したりすることもある」とのことで、
これは早急にやめなければいけないと思いました。
でも、音がしっかり鳴った時の気持ち良さと言ったら、
病み付きになってなかなかやめられないんですよね~。
一種の依存症かもしれませんね。
何とかそこを堪えて鳴らしたい欲求を断ち切りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月30日 (火)

夏も近付くぷよぷよの腹

今日で6月も終わりですね。
ということはあと3週間くらいで梅雨明けすると、
もうその後はいよいよ夏本番な訳ですねー!

あぁ、全然腹筋が割れてないのに
こんな時期になってしまった~(T-T)

ところで、筋肉を鍛えれば基礎代謝が
上がるって思ってたのですが、
ほとんどが筋肉よりも内臓を動かす時に
エネルギーを使っているらしいので、
勿論筋肉があるに越したことはないと思いますが、
むしろ内臓の働きを良くする方が効果的だとか。
夜更かしとか睡眠不足は良くないってことですね。

あと、私はちゃんと汗を掻ける体質なのですが、
夏は代謝が良いから痩せ易いというイメージは
私も持っていましたが、
気温が高く、体温調節をあまりしなくて良い夏は、
むしろ一年で最も代謝が良くない季節なんだとか。

聞き囓りの情報ですが
ちょっとそんなことを思い出したので書いてみました。


最後に月末恒例の体組成測定結果を記しておきます。

●内臓脂肪レベル:3(標準)
●基礎代謝:1512kcal/日(燃えやすい)
●体内年齢:17歳
●筋肉量:50.9kg(標準)
●推定骨量:2.8kg
●体重:61.5kg
●体脂肪率:12.7%(-標準)
(※夕食後、入浴後測定。)

◆水泳合計距離:550m(1回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月27日 (土)

スリーサイズ

今日で今の愛車を買って丁度半年が経ち、
一時期の、貯金が底を突き掛けた状態から
ようやく少しずつ溜め始めた所なのですが、
今度ダイビングでちょっと良い所に行く予定なので、
思い切ってウェットスーツも買うことにしました。

昨年10月にスクーバダイビングを始めた頃は、
「取り敢えず一年のほとんどはドライスーツじゃないと寒くて
潜れないから買うならドライスーツが良いよ」と言われ、
「ウェットスーツも本当はあった方が良いけど、
シーズンが短いからその都度レンタルしても良いしね」
とダイビングショップで言われていたので、
ほんの数週間前までは全く買う気はありませんでした。

前にも説明したかもしれませんが、
もう一度お浚いしておきますと、
ウェットスーツは水着の上から着て、
体とスーツの間に入り込んだ水を体温で暖め、
その暖めた水の層で寒さを凌ぐのですが、
スーツ自体は防水構造ではないため、
水温が暖かい時に着用するのに適しています。

一方のドライスーツは首や手首から中へは
ほとんど浸水しない構造になっているため
普通に服を着た状態で着られ、
空気タンクからスーツ内へも空気(エア)を送り込むことで、
体温で暖められたスーツ内の空気で
保温する構造となっています。
そうは言っても、グローブ(手袋)やフード(頭巾)の
隙間からは水が入り込んで来るので、
手や顔、首などはどうしても水に触れてしまうのですが、
それでも体の大部分は直接水に触れずに済むので、
これなら水温の低い時でも安心して潜ることが出来ます。

水温が高い時にドライスーツで潜っても良いらしいのですが、
如何せん結構暑いらしいのでお勧めではないようです。
それに、折角水温が暖かいのなら、
直接水を感じながらダイビング出来た方が楽しい
というのが専(もっぱ)らの意見のようです。

ということで、「今回は折角暖かい海に行くのだから、
ウェットスーツの方が良いよ」という話だったので、
「じゃあレンタルしようかな」と最初は思ったのですが、
「作るべき」だと何度か言われて気持ちが揺れ動いたのと、
レンタルで何回も借りてレンタル料を払っていると、
一番安いスーツが買えるくらいの値段になってしまうので、
ならば後々を考えれば自分の体に合ったスーツを
作った方が良いのかもしれないということになり、
最終的にウェットスーツも買う決断をしたのでした。

ウェットスーツの場合、先の説明でも書いた通り、
スーツと体の間に入り込む水を温める構造のため、
緩めに作ってしまうと常に新しい水が入れ替わることになり、
保温効果が得られないという問題が発生します。
そのため、正確な採寸をして、自分の体にフィットする物を
作るに越したことはないということになります。

学校の身体測定よりも遙かに多くの採寸項目があり、
それも実際のダイビングを想定して、
水着一枚のみを着用した状態で測るのです。
こんなにしっかりとサイズを測ったことはなかったので、
リアルに数字を弾き出されるのは何とも恥ずかったですが、
なかなかこういう機会もないので、
流石にその項目全部の数値までは無理でしたが、
最低限自分のスリーサイズだけは覚えて来ました。

あ、でも発表しなくて良いですよね?
え、だって恥ずかしいじゃないですか。
「良いから勿体振らずに早く書きなよ」と?
え、でもほら、そんなの知ったってね、
何の得にもならないでしょうし…。
「そこまで言ったら書かない訳にはいかないだろ」と?

分かりました!じゃぁ内緒ですからね。
他の人には絶対秘密にしといて下さいよ。
個人情報ですから秘密厳守でお願いしますよ!

えっと、上から B88・W74・H90 でした。
…結論から言うと、男性の場合、
この数字を見てもどう解釈して良いか分からんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年3月13日 (金)

世の中、酒というかアルコール類が好きな方が多いですよね。
僕もそのうち飲んでいればいつの間にか
好きになるものなのかなと思っていたのですが、
未だに自ら進んで飲む気にはならないですね。
下戸ではないですがあまり強くないですし、
その割には飲んでも記憶がなくなったことが一度もなく、
飲み会や友達の家に泊まった時などに嗜(たしな)む程度で、
家では全く飲みたいという気持ちにならないんですよね。

抑(そもそも)、ビールやサワー以前に、
炭酸飲料自体があまり得意じゃないのです。
小さい頃にコーラやサイダーを
あまり飲ませて貰えなかった影響もあるかもしれませんが、
喉にシュワーっと来るとあまりごくごく飲めないのです。
あの喉越しが堪らないとはよく聞くのですが、
そう思ったのは今まで数える程しかありません。
学生の頃、銭湯の帰りに「今ならごくごく飲めそう!」
と思って思い切ってコーラを買ってみたことがあるのですが、
勢いよく飲めたのは最初の100mlくらいで、
あとはもう仕方なく飲んでいた感じでした。

ですから、「取り敢えずビールが飲みたい」
という感覚が羨ましいようなよく分からないような感じです。
何度かは仕事の後に打ち上げのようなものをやった時に
最初のジョッキ一杯くらいは美味しく飲めたこともありますが、
基本的にあまり得意じゃないですね。
甘いカクテルか甘めの熱燗に関しては
酒の中では比較的抵抗が少ない方ですが、
それでもそんなに進むということはないですね。

飲み会などでもちょっとアルコールが入ってくると、
段々ソフトドリンクが欲しくなってきてしまいますし、
意識してグラスを空けようとしないと、
2、3杯飲んだだけということもよくあります。
喉が渇いたからと言っても、
普通に水とかお茶とか清涼飲料水を飲もうと思うだけで、
「うまい酒が飲みたい」とは思わないんですよね。

「酒がないと生きていけない」とか、
「仕事の後はやっぱりビールでしょ」などと言うような
飲むのが好きな方は凄いなと思ってしまいます。
演歌では「酒」は定番のテーマとも言える存在なので、
酒がなくても問題なく生きていけると思っている僕は
ちょっと変わっているのかとふと思わなくもないです。

根っからあまり酒好きじゃないのか、
はたまた今後また味覚や嗜好が変わっていって
いつの間にか好きになったりするものなのか分かりませんが、
コーヒーをブラックで飲めるようになってきた今でも、
酒に関してはまだ気軽に飲める域には達してないですね。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・水泳:約30分、1100m。右肩の痛みはほとんど感じなくなっていたが、今日泳いだら痛くて掻くのに少し影響した。最初の25mは潜水で、途中500mノンストップで泳いだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年3月 5日 (木)

細い腕

今日は天気が良く、「薄手の長袖でも過ごせるかな」
というくらい暖かくなりましたね。
まさに「啓蟄」というだけのことはありましたね。
最近、雪が降ったりして気温の変動が激しいですね。

最初は上着を脱いで調節したのですが
それでも暑くなってきたので、
あわよくば長袖を腕まくりして
季節外れなことをしてしまおうかとも思ったのですが、
ふと自分の細い腕のことを想像してしまいました。
そして、これが夏になって半袖の季節になった時も、
このままこの細い腕を曝け出すことになったら、
何だか格好悪いなと思いました。
出来れば俳優の山本太郎さんのように、
Tシャツがきつそうに見えるような腕でありたいなと。

去年の夏も、プールで泳ぐ時も、
どうもこの筋肉の落ちた腕が恥ずかしくて、
早く鍛えなければと思うのですが、
なかなか実行に移せないでいるのですが、
偶々ちょっと暑い日になったことで危機感が沸いてきました。
今ならまだ夏まで期間もありますし。


◇Repeat After Me◆
A:「どれ。んでぇそろそろ続きやっけ?」
(よし。じゃあそろそろ続きやろうか?)
B:「そうだな、一雨来そうだからはえぇとこ始めっぺ」
(そうだな、一雨来そうだから急いで始めようぜ。)
A:「はぁ今日はきもーち早めにおわすべ。」
(まぁ今日は気持ち早めに終わらそう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧