カテゴリー「携帯・デジカメ」の12件の記事

2016年5月16日 (月)

格安スマホへのMNPへ~大いなる決意~

今、携帯電話を替えたい気持ちが激しく高まっている。
過去に機種変更してきた時も、大概こんな風に今使っている機種への愛情や魅力が急激に失せていき、新しい機種へ替えたい欲求が強くなっていたものだった。
だが、過去と違うのは今回の欲求は機種変そのものにある訳ではなく、キャリアごと変えようという大掛かりなものだ。

今のスマホは某人気漫画のコラボ商品で、全国限定5万台で発売されたものだ。
うち先行抽選予約販売の1万台に応募し見事当選し購入することが出来た。
それまでいわゆるガラケーを使っていた私は保守的な性格のため、スマホが主流になりつつあっても流行に乗ることには当初静観の立場だったが、意固地になって時代の流れに置いて行かれてしまうことへの懸念は抱いていた。
そんな悩める私の背中を押してくれたのがこのコラボスマホであった。
私がスマホへ転換するならこのタイミングしかないと思ったのだ。

当初からレスポンスの悪さや、カメラ画質の粗さなど、気になる点は多々あった。加えてバッテリー持ちの悪さも度々気になっていた。
しかし、数量限定機種を持っているという満足感や、実際他の機種には代えがたい仕様であることなどもあり、また新機種への興味が以前と違って全くと言って良いほど湧かなくなったこともあり、「バッテリー交換さえすれば使えるのなら壊れるまでは何年でもずっと使い続けよう」とつい最近まで思っていた。堅牢だしサイズも手頃で、もっさり感という不便ささえご愛嬌のように思える程だった。

きっかけはほんの些細なことだった。
携帯料金の話になった時「え、そんなに高いの?!」と言われたことだった。
スマホにしてからガラケー時代に比べ数千円だが支払額が安くなったこともあり、思いも寄らない言葉だった。

確かに近年は「格安スマホ」「格安SIM」「MVNO」などと言った言葉を目にする機会も多くなったが、「『長いものには巻かれ』ておいた方が何かと安心」という安定志向から、多少のことでは動じることもなく、MNPが始まって「某大手キャリアからの顧客流出が止まらない」というニュースを目にしても、某キャリア一筋15年という優良ユーザーであり続けた。
「浮気」を繰り返す人も多い中で、年々古株ユーザーになっていくことにある種のプライドのようなものも持っていて、「滅多なことがない限りキャリアはずっと変えずに居たい」とも思っていた。「世間が愛想を尽かそうとも私は信じている」とも。

だが、このつまらぬプライドは一瞬にして脆くも揺らいだ。柔軟で冷静な目を持つ多くの先人たちが勇気を持って、あるいはごく自然に踏み出した一歩について、私も考えさせられそして少し悩んだ。
しかし、一度(ひとたび)勇気を出して冷静な目を持った時、誰に頼まれるでもなく一人で勝手に背負い込んでいた重荷がなくなり、ふっと身軽になるのを感じた。小さな拘りを捨てた瞬間だった。

安定志向の私にとって、今まで大手キャリアのように高い料金を払っていれば何かと手厚い保証やサービスが受けられる安心感に勝るものはなかった。
それがどうだろう。リスクが多くなるという不安から、目を背けてきた格安スマホと冷静に向き合った時、大手キャリアが持つ安心感を手放すことと引き換えに得られるものも大きいと気が付いた。
そうした中でも、12年以上変えていないキャリアメールアドレスを失うことや、コラボスマホを手放すのかどうかについては随分と悩んだ。けれども、柔軟な考えを持つことが如何に選択の自由度を広げられるのか素直に判断出来る心にもう変化していた。

「2年縛り」というのを今まであまり実感したことはなかったが、今の私はそれが他人事ではなくなった。まだ半年近くは行動に移すことは出来ない。でも心はもう完全にその先を見据えている。この決断が正しかったと思えるかどうかは未来になってみないと分からない。
挑戦と言う程大袈裟なものではないかもしれないが、私にとってはそれくらい大きな決意を固めたと言っても過言ではない。今はその2年縛りから解放される日を指折り数えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月16日 (火)

6/10 愛用の携帯電話3周年

今日で今使っている携帯電話が3周年を迎えた。
この間、絵文字表現が多彩になったことに始まり、
ワンセグ携帯や、高性能カメラ搭載カメラ、
プロバイダと共同開発しネット閲覧が容易な
ビジネスシーンに特化した携帯など、
最早「携帯電話」と呼んで良いものなのかどうかも
分からないような多様化が一層進んでおり、
これらに合わせて液晶画面も巨大化の一途を辿っている。

それに引き替えると私の携帯は可愛いもんである。
当時としてはかなり最先端の方ではあったが、
以前のように新機能を試したり駆使する余裕も
強い関心もあまりないせいもあって、
機能があっても使いこなせていないとも言えるが、
今見れば見た目も機能もだいぶすっきりしていると思う。

しかし、新機種が出る度に欲しくなる気持ちは当然ある。
でも、今の携帯電話はなるべく長く使おうと思っていたので、
簡単にその初志を曲げたくなかった。
むしろ、どこまで機種変更せずに我慢出来るものなのか、
その限界へ挑戦していると言う方が近いかもしれない。

そのため、新機種が出ても初めから興味を示さないように、
見て見ぬ振りをしてこれまで過ごしてきた。
その甲斐あって、歴代4機種の中での使用期間は
最長となり今尚記録を更新し続けている。

意識しなければいつの間にか月日は流れるのだが、
一度気になり出してしまうとむずむずしてきて、
どうにも気持ちが落ち着かなくなってくる。
そういう状態が頻繁に見られるようになってくると、
気持ちが切れ易く我慢の限界も近いということになるが、
本当に精神的に忍耐出来る限界まで
追い込まれた自分と対峙してみたいという
よく分からない気持ちが働いているのかもしれない。

つい最近も、3周年が近付いてきたことで
フッと気持ちが緩んで夏モデルを見てしまったところ、
「そろそろ替えても良いかな」という気が湧いてきた。
でも来秋には更に次世代携帯が登場予定ということだし、
まだまだ我慢出来るだけの余裕がある。
それに携帯自体はどこも調子は悪くないし、
新しい機種を追い掛けていたら切りがない。
我慢出来る限り、「見て見ぬ振り」を続けたいと思う。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・ジョギング:約1時間4分、9km。直前にしっかり夕食を食べてしまったので走るのはきついだろうと思っていたが、意外と体が軽かった。丹田などを意識してフォームに気を付けた。3km毎の通過タイムは約22分→20分→22分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 9日 (木)

3代目デジカメ購入

数日前の話になりますが、
遂に3代目となるデジタルカメラを購入しました。
発売して間もない2月下旬に最初に店に行ったものの、
色んな事情があって買うまで1ヶ月半も掛かりました。
結果論から言えば最初に見に行った時に買えば
良かったような気がしないでもないですが、
2代目デジカメもまだ使えるということで、
いざ買い替えると言う段階になって
気持ちの中に幾分躊躇いが生じたのも事実です。
使い勝手も良かったですし気に入ってましたからね。

なるべく目で見た印象に近い写真が撮りたいので、
その辺に一番重点を置いてカメラを選びました。
それと同じくらい大事な要素だったのが
水中撮影が出来るカメラであるという点で、
欲を言えば水中で細かい作業(マクロモードやフラッシュ、
ホワイトバランスなどの設定)に気を遣わなくても
そこそこ良い写真が撮れるかどうかにも注目しました。
ただ、水中撮影に関してはカタログやHPの情報だけなので、
実際に使ってみないと何とも言えない所はあります。

さて、昨日千波湖の夜桜の写真を撮るために使ったのが
3代目デジカメとして最初の使用機会となりました。
まだ、そんなに使い込んで居ないので、
2代目と比べた感想という程のものは
まだよく分かっていませんがこれから追々感じるでしょう。
デザインはカタログで見ていた時より
実物の方が格好良いなと思いました。

最後に、ここまで3年間フルに活躍してきた
2代目デジカメ「FinePix V10」(富士フイルム)の
労を労(ねぎら)ってその素顔を初公開したいと思います。
090413v10005




ありがとう、お疲れ様!

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2007年9月26日 (水)

4代目携帯電話の運命や如何に!?

めっきり携帯電話に対する不満を
口にしなくなった儂(わし)。
今の携帯に替えて15ヶ月以上経ち、
新機種が発売される度に
それらの存在や新機能も多少気にはなるのだが、
如何せん今の携帯で落ち着いてしまって、
特に大きな不満もないため、
取り替えたいという気持ちが起きないのだ。
起きるとすれば余程魅力的な機能が付いたり、
サービスが始まったりした時や、
携帯の調子が悪くなった時くらいのものだろう。
この4代目携帯の時代は長く続くものだと思われる。

ところが最近になって、
電池の持ちが急激に悪くなってきた。
ちょっと前までは2時間くらい喋っても電池が持ち、
しかも充電せずに次の日も普通に持ったりしていて、
電話をしなければ3、4日は充電せずに居られた。
しかし、最近は電池残量マークが残り2つになった後、
5、6時間経つともう電池がなくなっていたりする。
電池マークが残り2つでも普通に通話が出来たりして
結構電池は持っていたので、
残り1つの赤ランプくらいになっているなら分かるが、
最近は残り2つになるといつなくなるか
心配しなくてはならないのだ。

2年待てば新しい電池パックを無償で貰えるが、
まだあと9ヶ月くらいある。
使い心地は気に入っているので、
それでもすぐに替えたいとは思わないが、
あまりにも不便になってきたら気が変わる可能性はある。
取り敢えずまだ大丈夫である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年4月24日 (火)

1台で2台分

今の携帯電話に替えてから、
本当に不満らしい不満はなくなったので、
新たな時代の流れが来たり、
携帯が壊れたりでもしない限り、
何年でも使って居られそうな気がするので、
今の所機種変更する気は全くないのですが、
ちょっと今日衝撃的な情報を入手しました。

以前から「1台の携帯電話で複数の番号を
持てたら便利なのになぁ」という思いはありました。
かと言って何台も持つのはお金が掛かるのと、
そこまでの必要性はないので考えませんでした。
その後、デュアルネットサービスなどを経て、
少し前になりますが、「マルチナンバー」という
1台の電話機に複数の番号を付与できる
(1台で複数の携帯番号を使い分けられる)
サービスが登場し、それが現実的な話になりました。

けれど、実際は「別の番号」を持てたとしても、
使う頻度は通常の番号から比べると圧倒的に少なく、
月額料を払ってまで必要なものなのかと考えると、
ちょっと贅沢な気がして利用するのを断念しました。

その後、「もう一つの携帯メールアドレスがあったら、
これはよく使いたい場面があるから便利だな」と思い、
有料でも良いからそういうサービスの予定はないものか、
携帯会社に実際に問い合わせてみました。
しかし、そういう要望は多く寄せられているものの、
今の所予定はないというお返事でした。

仕方なく諦めて、冷静になって考えてみると、
使用頻度を考えるとやはりこれも大して高くはないので、
「まぁしょうがないか」という結論に至り、
珍しく、特に未練などもなくそのまま忘れました。

果報は寝て待てと言いますが、
忘れた頃に突然吉報が届きました。
何と、次回の新機種には
あたかも2台の携帯電話を持っているように、
電話番号とメールアドレスをもう1つずつ扱える機能を
標準搭載するとのことではないですか。
この画期的なサービスにはびっくりしました。

「写メール」や「着うた」がそうだったように、
そのうち他社も追随して、
いつの間にかスタンダードになってしまう
という気が今からしています。

月額約1,000円は決して安くはないですが、
携帯アドレスが2つ持てるのは大きいですし、
まぁそんな破格でもないかなという気はします。
実際、社会人になった時も
「仕事用の番号が持てれば良いのに」と思いましたが、
社会人3年目になった今の方が、
その頃より必要性が増してきたような気がします。
ましてアドレスも使い分けられれば鬼に金棒です。


―とまぁ、こんな思いが頭を駆け巡ったのですが、
冒頭でも述べたように今の機種は気に入っているので、
無理して機種変更する気持ちはあまりないということと、
まだこのサービスが駆け出しであることから
もう少し様子を見てみようかなという気持ちがあり、
暫くはこのままで行こうかなと思います。
でも時代の流れは必ず来ると思うので、
遠くない未来に利用するようになる可能性は大です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年7月 1日 (土)

4代目携帯電話お披露目

今朝の土砂降りは凄かったですね。
あまりの激しさに思わず目が覚めてしまいました。

突然ですが、ここで、3週間前に機種変更した
私の新相棒である携帯電話の愛らしい姿を
ご披露したいと思います。
S0015




もう可愛いんですよ、この携帯電話。
使い勝手が良いし、スタイリッシュ。
思わず愛称もつけてあげようかなと思い、
購入日の6月10日であることと雪のような白さから、
『ムトースノーホワイト』にしようと思ったんですが、
多分忘れてしまうので愛称はとりあえずなしにしました。

長生きして貰うため、かなり丁重に扱っています。
傷1つしか付いてません(付いてるのかい!)。
いやー、ちょっとした弾みで長机の角にゴンとぶつけてしまい、
慌ててさすったのですが、ちょこっと傷になってしまっていました。
かなりショックでしたよ、買ってまもなくでしたから。
しかし、その後は本当に気を付けています。
100%の満足とは言えませんが、十分満足に値しています。
前の機種には悪いんですが、雲泥の差です。
不具合などが起こらないことを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年6月10日 (土)

長い我慢のトンネルを抜けて

とうとうその瞬間が訪れました。

携帯電話の新機種発売日翌日である一昨日(6/8)、
一度店に見に行ったのですが、
値段があまりにストレートな高さだったため躊躇し、
本当は喉から手が出ていたのを必死でグッと押し戻し、
とりあえず土日まで待ってみることにしました。

そして今日再び偵察に行ってみたのですが、
値段は相変わらずでした。
私の今までの下見経験から言えば、
当分値段を下げてくる気配は感じられませんでした。
父の日セールなどもあまり期待出来ませんでした。
それに、ただでさえ我慢の限界をとうに越していた私に、
これ以上我慢しろと言うのはあまりに酷なことでした。
恐らく暫くは値段を下げてくることはない―、
そう判断した私は今日機種変更することを決意しました。

それともう一つ、今日機種変更を済ませたかったのは、
明日いろいろ予定を立てていたからです。
明日は別の用事があるため、
ホーリーホックの観戦に行けるかは微妙なのですが、
可能ならばGODAIさんの笠松デビューに同伴することを約束し、
当日行けるにせよ行けないにせよ連絡を取ることにしたので、
1分しか話せない携帯では肝心な時に意味を成しません。
その前に何とかしたかったという気持ちも強く背中を押しました。

決意を固めた私に、もう周りの雑音など耳に入りません。
ただひたすら真っ直ぐ機種変更に向かって突っ走りました。
どのカラーにするか、だいぶ悩みましたが、
こればかりは「先送り」する訳にはいきません。
散々悩んだ末、初めてとなるホワイトを選びました。
不満をいろんな人に事ある毎に熱弁し続けて1年余り。
4代目となる携帯電話をとうとう手にしました。
恐らく、不満を言うのも今日が最後でしょう。

初めてその携帯に触れた時、
まるで携帯の純白さそのままに、
全てが真っさらで何もかもが新鮮でした。
我慢を強い続けてきただけに喜びも一入(ひとしお)です。
今度は大事に使ってあげられそうです。
長かったなぁ、本当に。
1年と2ヶ月近くもの間ずっと我慢し続けた自分と
今がっちりと握手を交わしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年6月 5日 (月)

『こち亀』第150巻

「来た~~~~~~~~!!!!」
その瞬間私は心の中で叫んでいました。

遂に私が求める携帯電話の発売日が発表になったのです。
毎日、発表を待ち焦がれて、
日に何度もHPを確認する日々。
その度に「今日も変化なしか」とがっかりしていました。
今日も朝9時、11時、14時、15時とチェックし、
「今日もまた新たな情報はなしか」と半ば諦め気味でしたが、
再度18時前にチェックしてみた時のことでした。
画面上部を流れるテロップの内容がそれまでと変わったのです。
紛れもなく、それは私が買おうとしていた携帯電話の
発売日決定を示すものでした。

そろそろ出るというのは分かっていました。
というのも、一昨日Y電機に寄った際、
まだ発売していないのは分かっていながら
偶々(たまたま)携帯電話コーナーに寄ってみたところ、
発売日前にも拘わらずその機種のモデル機が置かれており、
「近日発売」と張り紙があったのです。
しかも、発売日前なのにそのリーフレットまで置かれていました。
極めて稀なことで、「これは期待出来る」と思いました。
前回の記事を書いた時(5/25参照)の予想では、
何となく6月8日発売になるような予感がしていましたが、
実際は6月7日の発売予定ということで、かなりニアピンでした。
今日の15時の時点でも発表されていなかったので、
これは予想が大きく外れたかと思いましたが、
いきなり明後日発売とは。
まぁいずれにしても、「いよいよか」という感じです。
とっくに痺れを切らしすぎて感覚がなくなっています。


話は変わりますが、
基本的に私はあまりコミックスを買う方ではないのですが、
そろそろコミックスの発売時期(毎月上旬)なので、
念のため○onder Gooに寄ってみました。
まだ早いかなと思いましたが今月の新刊が発売されていました。
その中で、『こち亀』(秋本治著)が目に入りました。
既に149巻まで出ていたのは知っていましたが、
つまり記念すべき150巻が発売されていたのです。
これには衝動買いの念に駆られ、つい買ってしまいました。
初「こち亀」買い。しかも勢いで。しかも第150巻。
ふるふるふる…(軽い震え)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年5月25日 (木)

携帯出来ない携帯電話

携帯電話の新シリーズの概要が発表になって2週間が経った。
発表時の私の興奮ぶりは凄まじかった(5/11ブログ参照)
我慢の限界をとっくに超え、
気持ちの糸が切れる寸前での朗報に、
まるで水を得た魚のようになった。

そこで一旦は落ち着きを取り戻したものの、
なかなか発売日が発表されないことに、
再び緊張の糸が途切れそうになってきた。

海外旅行者向けの機能を搭載した端末も
ラインナップしている所を見ると、
私の予想では、サッカーW杯を見越していると思われるので、
遅くともその前までには発売されると思う。
まぁここまで来ると9割方、6月の第1週になるだろうと思う。

しびれを切らしているのにはもっと深刻な事情がある。
それはこの携帯電話が携帯出来ない事態に陥っているからだ。
1週間程前の時点で、満充電しても通話は2分半、
ボタン操作しながらのサイト閲覧ではたった2分しか
電池が持たない程電池そのものが駄目になってきていた。
ここ数日ではとうとう、通話もサイト閲覧も
僅か1分くらいで電池が切れる事態にまで悪化している。
今や、ほとんど充電器に繋ぎっ放しの状態である。
充電器の守備範囲から一歩でも出ようものなら、
たちまち野垂れ死にしてしまう程脆弱になってしまった。
携帯電話なのに遠出が許されないのだ。

乾電池で充電出来るタイプの充電器と併用で
今は何とか凌いでいるが、不便で仕方ない。
かと言って、もうここまで来て
今更新しい電池パックを買う気にはならないし、勿体ない。
しかしこのままでは
いざという時に役に立たないということにもなりかねない。

兎に角発売を急いでくれー。

(心からの叫び)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年5月11日 (木)

来たー!

拙者、俄然興奮気味。

とまぁいきなり漢字だけの一文ですが、
遂に発表ですよ、携帯電話の夏モデルが!!
何か違うことを書こうと思っていた筈なのに、
すっかり忘れてしまいまして、
急遽、緊急特別報道番組に差し替え状態です。

(※以下、
5/2のブログを踏まえた上で話を進めさせて頂きます。)

待ってたよ、待ち遠しかったよ、新シリーズ発表が。
でも内心は6月初めくらいかなと思っていたので、
意外に早かったというのも正直思いました。
携帯を替えたいと言い始めてから、
もう1年以上が経っています。

早速わくわくしながら記事を見てみたのですが、感想は…

う~ん(興味が湧くような湧かないような…)」。

ま、どこかで踏ん切り付けないと、
理想に近い携帯を待っていたらキリがないですからね。
待っていればいつかは出てくるんでしょうが、
とりあえず当面の間はこの新シリーズの機種のどれかで
何とかなると思いますので。
(はい、買い替える気92.2%以上です)。

とりあえず、発売日がまだ未発表なので、
続報(詳細情報)と共に要チェックです。

ええ、取り乱してすみません。
何しろ我慢の限界を幾重も超えているのを、
無理矢理抑え込んで日々過ごしておりますゆえ、
解放の兆しが見えてきたことに
この上ない興奮を覚えずにはいられないのです。
悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧