カテゴリー「旅行・地域」の114件の記事

2012年2月 2日 (木)

「イノシシ出没中」

昨年11月に転職して、4ヶ月目に入った。
職場は山の中腹にあるため、敷地内の半分は山の自然をそのまま利用しているような具合である。また、下の駐車場から毎日歩いて階段や坂道を登り下りするのはなかなか良い運動になっている。

そんな立地条件なので驚くことではないのだが、昨年末に「イノシシ出没中」騒動が起き、
実際つい数週間前に子供のイノシシが捕獲されたという話を聞いた。
ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は今週に入り、また新たなイノシシ出没情報が流れた。どうやら、先日捕獲されたイノシシの親らしいという噂だった。

そして、今日の帰り、いつものように正門に向かって坂道を下っていると、守衛さんの一人がライトで辺りを照らしながら、トロトロとバイクに乗って坂を上がってきた。何か探しているのかと思いながらもそのまま擦れ違った後、私の後ろを歩いていた他の社員と会話する守衛さんの声が聞こえてきた。
「ライトの先にイノシシがいるの見えます?」
「ん?イノシシ?」と思わず反応した私はライトの先を見遣った。
最初はよく分からなかったが、じっと見ていると10mほど先を横切る黒い影が見えた。それは間違いなくイノシシのシルエットだった。すっかり薄暗くはなっていたが、初めて「実物」を目で数秒間しっかりと捉えた。
そのまま帰宅してしまったのでその後どうなったのかは知らないが、とうとう野生のイノシシをこの歳で初めて見たことだけは事実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 7日 (木)

『たかとりじゅんのビタミンJ』終了

ローカルラジオの茨城放送(IBS)で今週から新番組が始まるなど春の番組改編が行われ、早朝時間帯でお馴染みだった「タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング」が終了してしまったことを知ったのは数日前。ただ、その後の時間帯はこの数日間ラジオを聴く機会がなく気付かなかったのだが、これに続きお昼前後まで放送していた「たかとりじゅんのビタミンJ」まで終了してしまったことを今日知り大きなショックを受けた。いずれも馴染みはあったが、特に後者には強い愛着があり、いつも平日の午前中に変わらず流れているのが当たり前になっていたので、今回の番組終了で心にぽっかりと大きな穴が開いた。
以前夕方に放送されていた「阿部重典のアットマーク」が何年か前に終了した時も、これまた同様に馴染み深かったのでかなりその時はがっかりしたが、この時はまだ「ビタミンJ」が続いていたので救われたが今回ばかりは放心状態に近い。
以前にもブログでチラッと書いたことがあるが、私が新社会人になって仕事中にラジオを聴くようになった時には既に放送されていた番組(調べてみると入社の1年前から放送していたらしい)で、車に乗ることの多かった時間帯だったこともあり当時はほぼ毎日聴いていた。色々あってもたかとりさんの声やトークを聴くと明るい気持ちになれたものだった。
転職してからは聴く頻度はかなり減ってしまったが、それでも車での移動中などは聴いていて、変わらず続いている番組に安心していたものだった。
番組改編でいつかは終了する日が来ることは避けられないとは言え、ラジオの面白さに嵌まった番組だったので、失った悲しみは大きい。
リスナーによって色々思い出の番組はあるのだろうと思うが、私にとってはまさにこの番組が一番思い入れがあった。せめても、たかとりさんの声が聴ける新番組が始まるのなら納得も出来るが、パーソナリティリストにも名前が載っていないし、番組HPや編集後記のページもなくなってしまい、7年続いた番組の最後がどんな放送だったのか今となっては何も確認する術がない。1、2週間くらい前にチラッと聴いたのが最後となってしまった。
一度でも良いからスタジオ見学にも行ってみたかった。ずっとそう思って居たのにとうとう行けず終いとなってしまった。今となっては、昨年末に水戸駅でたかとりさんとすれ違ったこと(恥ずかしくて話し掛けてない)が良い思い出である。
いつまでも、終わってしまったものを嘆いていても仕方ないと思うが、しばらくはこの心の穴は埋まらないかもしれない。みんなそうやってラジオリスナーは色んな思い出が増えていくのかなと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2010年10月 2日 (土)

第79回土浦全国花火競技大会とプチ冒険(※写真未挿入)

今日、土浦の花火大会を観に行ってきました。
会場へどうやって向かうのか直前まで悩みましたが、
渋滞を極力回避しつつ費用も抑えるということで、
以前と同じく、石岡駅まで車で行き、
そこから電車で土浦駅まで移動することにしました。

今まで4、5回は行っているように記憶していますが、
毎回思うのが「かなり寒い」、「トイレがかなり混む」、
「帰りは土浦駅の混雑が半端じゃない」という3点で、
特に防寒対策を侮ると花火鑑賞が楽しめなくなるので、
今回は過去の教訓や現地で得た知恵を踏まえて、
毛布や厚手の長袖を持って行きました。

本当は余裕を持って向かいたかったのですが、
用事を済ませてからの出発となったので、
土浦駅に着いたのは17時前になってしまいましたが、
多少打ち上げ会場から距離はあったものの、
奇跡的にそれなりに恵まれた場所を確保することが出来、
出店で食料などを買い込んでスタンバイ完了したのが
打ち上げ開始の18時ちょっと前だったので、
運が良かったのもありますが結果的に丁度良かったです。

日中は良い天気でしたがあっと言う間に夜は寒くなり、
最初は膝にだけ毛布を掛けていましたが、
すぐに肩から羽織って体熱を奪われないようにしました。
欲を言えば座布団もあった方が良かったですが、
防寒対策を練ったことによってトイレにも行かずに済み、
一石二鳥以上の効果がありました。
あとは出来れば襟付きの服を着るかマフラー等を巻いて
首もガードすると全然違うと思いますが今回は丸首でした。

テレビでも中継されるのにそんな寒い思いまでして
観に行く意味があるのかという声も聞かれそうですが、
会場まで足を運んで音の迫力を体感しながら、
生で花火を観る価値は大いにあると私は思います。
今大会は土浦市制施行70周年記念大会でもあり、
それを祝う「ワイドスターマイン」は特に圧巻でした。

また、今年は初めてプログラムを買ったので、
今までのようにただ漫然と眺めていたのではなくて、
テーマなどを頭に入れながら観られたのは良かったです。
ただ、強いて言えば会場まで距離があったせいか
アナウンスやテーマ曲等は全く聞こえなかったので、
IBS(茨城放送;ローカルラジオ局)の実況を聞くなり、
もっと近くの席を確保するために早く行くなりして
鑑賞出来れば尚良かったと思います。


最初から最後まで2時間半楽しんだ後、
一応土浦駅に直行しましたが、
想定通りに駅周辺が凄まじく混雑していて
入場制限などが行われ居て待ち時間が長そうだったので、
以前一度一人で行った時にやったように、
隣の神立(かんだつ)駅まで歩いて向かうことにしました。

が、そのまま寄り道せずに行けば良かったのですが、
ちょっと甘い見通しで時間を潰したりしてしまったが故に、
その後ちょっとした冒険をする羽目になってしまいました。
電車で一駅と言えど結構距離があるのは
分かっていたつもりだったのですが、
所要時間を感覚だけで考えてしまったのと、
終電に間に合うように考えたのがそもそも失敗で、
途中走ったりして何とか辿り着こうとしたのですが、
リアルに終電を逃してしまいました。

大学時代に一度同じく終電を逃し、
稲城市から世田谷区まで25kmを夜通し歩いて
5時間で帰宅した経験があるので、
今回もそのまま石岡駅まで歩こうかとも思いましたが、
色々考えた末、取り敢えず神立駅まで行ってみて、
タクシーが捕まらなかったらまた考えることにしました。

実際はタクシーが一台だけ待機してくれていたので、
深夜料金を払って石岡まで楽して戻りましたが、
何はともあれ、街灯も歩道も所々しかないような夜道を
一駅分歩いていたことを考えれば、
無事に帰り着けて何よりでした。
家に帰れたのは日付が変わった2時少し前でした。
判断をミスした箇所は幾つか挙げられますが、
この教訓を次に生かしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年10月 1日 (金)

10月の行事予告

私の好きな10月になりました。
誕生日ももうすぐそこまで迫ってきました。
昨年27歳になった時は、
「まだぎりぎり『アラサー』じゃないよね?」
なんて言ってましたが、
28歳ともなればもう言い逃れは出来ませんね。
どこからどう見ても立派な「アラサー」って訳です。
もう少しだけ「まだ非アラサーだ」と悪足掻きしてみます。

さて、10月と言えばいよいよ待ちに待った
映画『桜田門外ノ変』が16日から全国上映されます。
水戸市制施行120周年・水戸藩開藩400周年を記念した
市民発起型の映画ですので皆さん是非ご覧下さい。
私もエキストラとして出演している筈なので、
多分一瞬でも映っていれば良い方だと思いますが、
もし良かったらスクリーンで探してみて下さい。

それと、31日には水戸ホーリーホック初となる
観客1万人を動員しようというプロジェクトが行われます。
相手は今J1再昇格へ驀地(まっしぐら)の柏レイソルです。
よりにもよって何でこんな試合を選んだのかと思いますが、
恐らくどっちがホームなのか分からなくなる程の
柏サポーターがケーズデンキスタジアム水戸に
大挙して来るのは想像に難くないので、
内訳は別にしても1万人動員を達成出来る可能性は
十分に考えられます。

苦戦は必至、下手するとJ1昇格をお見送りすることにも
なりかねず初心者にお勧めするのは気が引ける、
というのもまた偽らざる本音なのですが、
きっとかつて体験したことのない大勢の観客の中で、
ホームチームとしての意地と緊張感を持って
白熱した試合を選手達も見せてくれると思うので、
是非10月31日はケーズデンキスタジアム水戸に
足をお運び下さいませ(13時キックオフです!)。

ということで、10月に入って早々
いきなり番宣みたいになってしまいましたが、
今月は充実した毎日を過ごしたいと思います。
それと余談ですが、昨日測りそびれた体組成を
今日も測りそびれてしまったので、明日こそ測りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 6日 (水)

2010年走り初め

連日厳しい寒さが続いており、
夜になると更にグッと気温が下がるので、
とても家から出たい気分にはならないのですが、
マラソン大会まで1ヶ月を切っていることもあり、
眠さと寒さを我慢して数週間ぶりに千波湖畔を走りました。
先月買った新しい靴を初めて試しました。

千波湖畔南側の広場に建設中で、
今月クランクイン予定の、
水戸藩開藩400周年記念映画「桜田門外ノ変」の
撮影オープンセットが完成間近ということで、
かなり迫力のある景色に変わっていましたが、
夜でよく見えなかったので写真撮影は断念しました。

県民100万人の参加を目指しているとのことで、
私も取り敢えずエキストラ登録はしております。
実際に出られるのかどうかはまだ何とも言えませんが。

それと、このオープンセット以外にも、
たった数週間千波湖に行かないでいた間に、
いろいろと様相が変わっていました。
一つは、千波湖西端にある徳川光圀像側(そば)に、
市制120周年記念施設の一つである
「(仮称)新好文茶屋」を建設中なのですが、
数週間前までは足場が組まれるなどして
内部の様子があまり見えなかったのですが、
今日はすっかりそれが姿を現していました。
まだ多少周囲の整備が残っているようですが、
建物自体はほぼ完成していたように見えました。

もう一つは、従来の湖畔のジョギングコースは
1周が正確には3km弱(2,986m)だったのですが、
今年25回目を迎えた水戸市元旦マラソンに
間に合わせたのだろうと思いますが、
丁度3kmになるように改修されていました。

ずっと何の工事をしているのか知らずにいたのですが、
新聞などには以前に記事が出ていたようですね。
ただ、まだ細かい整備等が終わっていないのか、
今日は改修区間は立ち入り禁止になっていました。
スタート地点と3km地点が同一地点になったことにより、
消え掛かっていたスタートラインが引き直されたり、
100m毎にある足元の距離表示と、
2km、5km、10km地点にある指標がずらされていました。

因みに、何故1周が中途半端な2986mなのか、
今まで多少なりとも気になったことはあったのですが、
実は陸連と違う計測方法で設計してしまったことで、
ジャスト3kmのコースとして整備する予定が、
実際には短くなってしまったというのが真相だったと知り、
理由がそんな人為的ミスによるものだったとは意外でした。

写真などは後日、時間がある時に撮りに行きたいです。

☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・ジョギング:約6km、約42分。久し振りだったので体が重く、最後は左足の裏が痺れていた。2周とも約21分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月16日 (水)

「元気みと市民債」購入出来ず

今日で今月も半分が過ぎてしまいましたね。
このまま息を吐く間もなく大晦日を迎えそうな気がします。

昨日も寒いなと思っていたのですが、
今日はもっと寒かったですね。
こういう日に外での仕事だと余計に体が疲れてしまいます。
こういう時は体の免疫力が落ちているので、
風邪を引かないように栄養や睡眠を
十分にとるように心掛けないといけませんね。

先月は仕事が少なすぎて内心焦っていましたが、
今月、特に今週は仕事漬けの毎日なので、
こういう厳しい時代にあって有り難い限りです。
でも、年間を通して仕事量に斑(むら)があるのは、
仕事柄やむなしと言えど本音ではちょっときついです。

ところで、水戸市が一昨日から募集していた
今年度の「元気みと市民債」(目標額3億円)が
すぐに完売になってしまったようですね。
内勤だったら合間を見て購入したかったのですが、
今週は外勤ばかりで銀行に赴くことが出来ず、
今日、市のHPで確認したら既に完売になっていました。
初めてこういうのに興味を示したんですけどねぇ…。
金利0.50%でも有り難いこの時代なので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 4日 (土)

思い出の詰まったファミレス

もうだいぶ夜遅くなっていたが、
迎えを頼まれたので車で近所を走っていた時、
ふと中華料理のチェーン店が暗いことに気付いた。
いつも深夜まで営業している店なので、
まだ閉店するに時間が早いのに変だなと思った。

「あれ?おかしいな、臨時休店日かな?」
と思いながらよく見てみると、
店の外壁から看板が取り外されていることに気付いた。
それで全てを察した。
ちょっと前までは普通に営業していたし、
お客さんもそこそこ入っていたように見えたので、
まさか閉店するだなんて思いもしていなかった。

ここは私にとって思い出深い店だった。
いつオープンしたのかははっきりは分からないが、
自転車で気軽に行ける距離にあったので、
地元の友人とどこで食事をするか迷った時や
ちょっと立ち寄る時には持ってこいの場所だった。
高校時代までよりはむしろ大学生になってから
時々地元に帰省して友達と会ったりする時に
何かあると手頃なここに行くようになったという感じで、
近況やら相談事やら色んな話を語り合ったものだった。

チェーン店ということもあるが、
うちの近所では一番近いファミレスだったからなのか、
行き付けの店と言っても良いくらい
事ある毎にここに入っていたせいで、
ほとんどのメニューを食べ尽くしてしまったと
言っても過言ではなかった程だった。

そういう意味では私が地元にUターンした今でも
地元の友達と再会する場所というイメージが強く、
地元に居ることを感じられ、寛げる場所だった。
そんな思い出の詰まった店だった。
それが突然閉まっていたのだからショックを受けた。
どこにでもある全国チェーンのファミレスだから
大して物珍しい訳でも何でもないのだが、
失って初めて掛け替えのない存在だったことに気付いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年3月31日 (火)

LIVIN水戸店撤退

水戸駅北口正面のLIVIN水戸店が今日で閉店となり、
水戸駅周辺のランドマーク的な存在が
また一つ姿を消すのは寂しい限りです。
駅前の一等地なだけに今後どうなるのか気になります。


さて、3月最後なので体組成を記しておきます。
体重はあまり変わっていなかったものの、
全体的に体脂肪が増えているのが気になります。
やはりあまり水泳に行かなくなった影響は大きそうです。

●内臓脂肪レベル:5(標準)
●基礎代謝:1469kcal/日(燃えやすい)
●体内年齢:19歳
●筋肉量:49.4kg(標準)
●推定骨量:2.7kg
●体重:61.4kg
●体脂肪率:15.2%(-標準)
(夕食後、入浴前測定。)

◆水泳合計距離:2,900m(3回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月21日 (土)

圏央道「阿見東IC―稲敷IC」間開通

今日の15時に首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の
「阿見東IC―稲敷IC」間が開通しましたね。
予定では今日見に行こうかなと思っていたのですが、
都合が悪くなってしまったので、
また近いうちに行って見ようかなと思います。

ところで、少し話は逸れますが、
「稲敷IC」は数ヶ月前まで「仮称・江戸崎IC」と呼ばれており、
現在は稲敷市の中心部に位置するということで、
この名称変更はまぁ良いとしましょう。
問題はその先の「仮称・東(あずま)IC」ですね。
旧東町も稲敷市の一部である今となっては、
このまま正式名称として採用されるとは考え辛いですね。

となると、考えられる名称としては、
「稲敷東(ひがし)IC」か「稲敷南IC」などが浮上しそうです。
東町(あずままち)と稲敷市の東側という意味を引っ掛けて、
この「稲敷東IC」とするのが良いかもしれませんが、
個人的には他の高速道路に関してもそうですが、
旧市町村名でも良いような気がするんですよね。
将来的に地元の方以外には分かり辛くなるかもしれませんが、
こういうので名前を残してあげても良い気はしますし、
合併後の市町村は兎角広域になりがちなので、
旧市町村で言った方がピンポイントで
場所をイメージし易い気はするんですよね。
まぁ私にはどうすることも出来ませんが。


あと、また話は変わりますが、
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の放送が
軒並み高視聴率を記録しているようですね。
スポンサーは良い宣伝効果が
表れているのではないでしょうか。
まぁ、スポンサー自身が開幕する前から
盛んに大会を盛り上げていた功績も大きいと思いますが。

その一つ、マクドナルドでは、
クリアファイルが貰えるメニューというのがありますが、
当初私はこのおまけにあまり興味を示していませんでした。
本当はハンバーガーは好きなのですが、
育った環境的に年に1,2回行けば良い方なので、
行こうと意識しないとなかなか行かないというのもありますが、
開幕前はそんなに欲しいという気が起きなかったのです。
けれども、連日の賑やかな報道に少しずつ刺激を受け、
何だか急に欲しくなってきたのです。

そして昨日、クリアファイルをゲットするために
マックに行ってしまいました。
まさに狙い通り、術中に嵌まってみました。
デザインは松坂投手(ボストン・レッドソックス)と
岩村選手(タンパベイ・レイズ)の現役メジャーコンビでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月18日 (水)

チバラギじゃなくてチバラキ

「茨城王」サイト主宰の青木さんの著書の題名を
勝手に捩(もじ)ってタイトルを付けてみたのですが、
今日、日本コカ・コーラ(株)さんから
定期配信のメールマガジン(メルマガ)が届きまして、
その中に今日からマックスコーヒーのCMが
流れることになったということも書かれていました。

まだ実際のCMは見ていないのですが、
先程公式サイトで確認してみた所、
まるでマックスコーヒーの味のように
濃い内容に仕上がっているようでした。

ところで、そのCM放送開始についての見出しに、
「チバラギから全国展開へ」というようなことが
書かれていました。
「ははぁ、千葉や茨城を中心に流行ってきた
地域限定的な商品であるということを、
地元に馴染みのある言葉を使うことで強調しよう、
という姿勢は見えるなぁ」と思いました。

しかし、千葉と茨城が接している地域周辺を指す言葉、
あるいは千葉と茨城をまとめて指す言葉として、
地元ではしばし「ちばらき」という俗称が
用いられることはありますが、
私が小さい頃にその意味や使用例を聞いた時の記憶では、
どちらかと言うと揶揄的に使われる言葉だった気もします。

ですから、私の考え過ぎと言われればそれまでですし、
今はどうなのか分かりませんが、
関東周辺の他県の方も「ちばらぎ」という言葉を
使うのかもしれませんが、
元々使われていた時の意味は
恐らく揶揄的な要素が強かったのではないかと思います。
第一、千葉と茨城の名前を合成して呼ぶなどというのは、
それぞれの個性を無視して名前で遊んでいるとも取れます。
勝手に一括りで扱われる側としては
快く思っていないかもしれません。

ということで、実際の所はそこまで深い意味が
あるのかないのか分かりませんが、
少なくとも私はあまり使わない言葉です。
私の周りでもどちらかと言うと年輩の方が
たまに使うのを聞くくらいでほとんど聞きません。
まぁ抑、あまり頻繁に使う人は居ないと思いますが。

…だいぶ話が当初書こうと思っていたことから
ずれていってしまいました(しかもすぐに書き終えるつもりが
結局2時間も掛かってしまった)が、
全国発売開始と同時に新パッケージとなって
発売されたようなので、
近々手に入れてコレクションに加えたいです。


☆★ヘルシオーレ!メモ★☆
・ジョギング:約1時間24分、12km。今日は3周目までで1時間8分とかなりゆっくりなペースだったので体力的に余裕があり、この前に続いて4周目も走った。しかし、いきなりペースを上げて走ることになり、気分的にはロングスパートを掛けているようなものだったので、最後まで同じペースで走れるか心配だった。丹田や腕振り、足の運び方などの姿勢に気を付けた。途中で何度もペースを落としたくなるなど苦しかったが、最後の1周は16分という1km5分半を切るペースで何とか走り切った。でも、これで10km走っても50分を切れないペースというのだから、相当ハードルが高いと感じた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧